このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (5748)
国際情勢 (154)
政治 (1792)
防衛 (3035)
外交 (10)
芸能 (220)
スポーツ (77)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (32)
その他 (32)
アクセス数
総アクセス数: 1419277
今日のアクセス: 7
昨日のアクセス: 671
RSS
カレンダー
<<2022年11月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
あなたも知ろう!!ウクライナから学ぶ我が日本の外交防衛の方向性 2 反撃能力強化
[防衛]
2022年11月26日 0時0分の記事

【PR】電話相談システム開発ならイーステム


本ブログで前回から開始した、「あなたも知ろう!!ウクライナから学ぶ我が日本の外交防衛の方向性」シリーズ。

何故、筆者は開始したのか、その理由をあなたはお分かりでしょうか??

ピーンと来た貴方や貴女、凄いですよ!!

その理由は、ウクライナと我が日本は、同じ立場であると同時に、同じような防衛の問題を抱えているからです。

その一つに、敵対する相手、例えばウクライナが戦闘しているロシアに対する反撃能力の弱さがあります。


11月23日05時00分に産経新聞 THE SANKEI NEWSが「主張
防衛力強化の提言 脅威対処型へ転換妥当だ」の題で次のように厳しく指摘しました。

『政府の有識者会議が、岸田文雄首相へ防衛力強化に関する報告書を提出した。厳しい安全保障環境や戦い方の変容を踏まえ、「5年以内に防衛力を抜本的に強化しなければならない」と結論づけたのは妥当だ。

特筆すべきは、周辺国を念頭に「具体的な脅威となる能力に着目」し、「他国による侵攻の抑止や阻止、排除を行い得る防衛力を構築」するよう求めた点だ。これは脅威対処型の防衛力整備への転換の呼びかけであり、国民を守る観点から評価できる。

日本の防衛費は三木武夫内閣以降、国民総生産(GNP)比または国内総生産(GDP)比1%程度に事実上抑制され、自衛隊は周辺国の軍事的脅威に対処できない規模にとどめられてきた。過度の対米依存の表れである。

日米同盟は核抑止を含め安全保障の基軸で、協力深化は極めて重要だ。だが、米国の国力は相対的に低下しており、ウクライナ支援にも忙しい。日本は自ら守る努力をしなければ、米国や同志国から信頼されず有事に十分な支援を得られまい。

報告書は、反撃能力の保有や弾薬など「リアルな継戦能力」の向上、常設統合司令官の設置、防衛産業の育成強化を求めた。総合的な防衛体制という概念を打ち出し、各府省の縦割りを打破して、防衛にも資する港湾、空港整備や研究開発の促進、国民保護も提言した。いずれも実現が急務だ。


岸田政権は年末に国家安全保障戦略など安保3文書を改定し、令和5年度予算案や今後5年間の防衛費の規模を決定する。

防衛力の強化策は報告書を踏まえるべきだが、問題はそれを裏打ちする防衛費を確保できるかだ。法執行機関としてグレーゾーン事態にも対処する海上保安庁の予算増額は当然だが、それを「水増し」に用いて、自衛隊に充てる防衛費という「真水」の予算が削られては、抑止力強化の目的に逆行する。財源は政府が考えるべき事柄だが、台湾有事が日本有事という戦後初の戦争に直結しかねない深刻さを踏まえ、防衛費を十分に計上してもらいたい。


報告書が「中国」「台湾」「北朝鮮」という言葉を一言も記さなかったのはおかしい。国民に安保環境の深刻さが伝わらない。岸田首相は防衛力抜本強化の必要性を国民に正面から語るべきだ。』


正に、その主張や指摘の通りです!!
引用記事の末文の表現の通り、『岸田首相は防衛力抜本強化の必要性を国民に正面から語るべき』なのです!!

特に、敵基地攻撃能力、反撃能力や報復能力の点では、ウクライナ同様に、我が日本もロシアと比較して弱いのが実情です。
現状では、ウクライナも我が日本も、ロシアの中枢部や首都モスクワをはじめとする重要都市を攻撃や攻略をする事ができません!!

幸いに、我が日本では中長距離の12式近い艦誘導弾の改善型や島嶼防衛用高速滑空弾、和製トマホークの開発、米国のトマホーク導入等の施策が進んでいますが、露中朝韓の脅威の高まりや台湾海峡有事の可能性が高まる中、現状以上の推進が求められています。


あなたも知ろう!!
ウクライナから学ぶ我が日本の外交防衛の方向性 2 反撃能力強化
反撃能力の抜本的強化を急げ!!




11月22日、官邸で国力としての防衛力を総合的に考える有識者会議の佐々江賢一郎座長(左)から報告書を受け取る岸田文雄首相(右)
出典:首相官邸HP


下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。



あなたも知ろう!!
ウクライナから学ぶ我が日本の外交防衛の方向性 2 反撃能力強化
反撃能力の抜本的強化を急げ!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

ご意見、ご要望等はコメント欄やツイッター等でお願いします。
いいね、等の高評価や読者登録等も頂けると幸いです!!

1日1回クリックして頂けると励みになります!!↓
人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/479573
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
02/27 00:00 日米が連携でウクライナ支援強化や対露等への制裁強化!!
02/26 00:00 【時局直言】ロシアのウクライナ侵略2年、自己改革が重要
02/25 00:00 【時局直言】H3ロケット試験機2号機成功で宇宙大国へ!!
02/24 00:00 プラスチックごみの解決策の一つを東大などの研究で立証!!
02/23 00:00 大雪など気象の激変に十二分に警戒を!!
02/22 00:00 国際情勢も激変、気象も激変、大変だ!!
02/21 00:00 一連の松本人志氏の提訴で渡邊センス氏が報道の嘘を暴露!!
02/20 00:00 女優の広末涼子さんが個人事務所設立して活動再開、成る程
02/19 00:00 ロシアの反体制派ナワリヌイ氏死亡、独裁政治に終止符を!!
02/18 00:00 日本がフルスピードで米国製トマホークの運用訓練を開始!!
最近のコメント
AIを悪用したらSNS等であっという間に、悪事千里を走る(田中_jack)
斉藤由貴さんの奔放さと格の違いに学ぶ点はある!!(京都鍼灸院)
毎日睡眠や寝起きがしっかり出来る事は極めて重要です!!(山椒)
AIを悪用したらSNS等であっという間に、悪事千里を走る(ペット火葬京都)
硫黄島などの火山活動活発化は激変の兆候か!?(和歌山グランピング)
100年に一度の災害や出来事は毎年起きると自覚を!!(田中_jack)
100年に一度の災害や出来事は毎年起きると自覚を!!(初めてお金借りる)
ウクライナとベラルーシのやり方は日本も教訓にすべき!!()
あなたも就寝中に起きる「こむら返り」対策は必須!!(借金返済できない)
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved