ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (5067)
国際情勢 (154)
政治 (1673)
防衛 (2549)
外交 (10)
芸能 (167)
スポーツ (56)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (31)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 1041982
今日のアクセス: 479
昨日のアクセス: 645
RSS
カレンダー
<<2018年01月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2018年1月23日 8時46分
太平洋側でも積雪で交通などが大混乱、大雪や寒波に最大限の備えと警戒を!!
1月22日午後からの南岸低気圧(いわゆる、台湾坊主)による風向きと、先週からシベリアから張り出している猛烈な寒気により、関東地方を含む太平洋側でも積雪で交通などが大混乱しています。
気象庁は東京各地に大雪警報を発表、23区に大雪警報が出たのは4年ぶりだそうです。

筆者の住む地域でも、昨夜から今朝にかけてかなりの新雪が降り積もり、居住する周辺の除雪作業で1時間を費やしました。

日テレNEWS24が1月23日05時30分に「東京都心で積雪23センチ 4年ぶりの大雪」の題で次のように伝えました。

『関東では22日、大雪になり、東京都心で23センチの積雪を記録した。気象庁は、23日朝も路面が凍結し、交通障害が起きる恐れがあるとして注意を呼びかけている。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年1月23日 0時0分
北朝鮮制裁で頑張る日本を尻目に米韓同盟を反古にする文在寅大統領にトランプ大統領は復讐開始!!
今年の正月早々、日本の海上自衛隊が北朝鮮制裁のために黄海や日本海でも徹底した哨戒監視活動を繰り広げているとの報道があり、筆者ですらも素晴らしい事であると防衛省・自衛隊の活動を、文字通りもろ手を挙げて称賛させて頂きました!!

そして、その成果が早速現れ、北朝鮮の船舶が中国・上海沖の東シナ海の公海上で石油禁輸措置逃れをしていたことが海上自衛隊の哨戒活動で発覚し、報道されました。

それにも関わらず、北朝鮮の脅威を最も受け続けているはずの韓国が平昌五輪をダシにして北朝鮮に擦り寄り、どのように客観的に見ても亡国売国奴行為である、南北交渉や北朝鮮の選手団などの受入交渉を「エラそうにしながら、卑屈なニタニタ笑い」をして得意気な文在寅大統領が、まさに米韓同盟すら破綻させようとしています。
トランプ大統領の復讐開始!!
どうなる??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年1月23日 0時0分
安倍首相が施政方針演説で北朝鮮に対して高度な警戒態勢を維持すると表明、擦り寄る韓国も同罪!!
1月22日に通常国会が開会し、安倍首相が施政方針演説を行いました。
その内容は、厳しい内外情勢を踏まえた画期的な内容です!!

同日14時27分にロイターが「対北朝鮮、高度な警戒態勢維持 安倍首相が施政方針演説」の題で次のように伝えました。

『[東京 22日 ロイター] - 安倍晋三首相は22日の施政方針演説で、北朝鮮情勢に関して「戦後、最も厳しい」との認識を重ねて示し、米国と連携して高度な警戒態勢を維持すると語った。新たな防衛大綱策定で「従来の延長線上ではなく、真に必要な防衛力のあるべき姿を見定める」との選択肢も示した。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年1月22日 0時0分
米国トランプ政権初の戦略「2018年国家防衛戦略」は日米関係や世界への影響は極めて大きい!!
1月19日、米国国防総省は米国トランプ政権初の戦略「2018年国家防衛戦略」の概要を発表しました。

「2018年国家防衛戦略」は日米関係や世界への影響は極めて大きいのです!!
外交防衛の裏で変わる方針やその訳とは??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年1月22日 0時0分
日本が今年策定する新たなる防衛大綱で戦闘機の大幅増強の方針は今後の自主防衛への一里塚!!
防衛省・自衛隊が政府方針で防衛大綱の改定を急いでいますが、今年策定する新たなる防衛大綱で戦闘機の大幅増強の方針を打ち出した模様です。

1月21日05時00分に産経ニュースが「戦闘機部隊を大幅増強 宮崎にF35B有力 中国脅威に即応態勢 防衛省検討」の題で次のように伝えました。

『防衛省が航空自衛隊の戦闘機部隊を大幅に増強する検討に入ったことが20日、分かった。現行では12個飛行隊(1個飛行隊の定数約20機)の戦闘機部隊を14個まで引き上げる方針で、現在1個飛行隊を置いている新田原(にゅうたばる)基地(宮崎県)に1つ増設することなどで14個とする。東シナ海から太平洋などへ活動範囲を拡大させる中国の脅威をにらみ、米海兵隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Bを新たに導入すれば新田原基地への配備が有力視される。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
05/19 00:00 あなたも激怒!!山口県阿武町の4630万円誤送付・返還拒否事件は弛んだ甘ったれ共の凶行!!
05/18 00:00 あなたも覚醒!!ロシア軍から学ぶ我が日本の自主外交・防衛強化の方向性4 ロジスティクス
05/17 00:00 あなたも認識、ロシアのウクライナ侵攻はロシア側の損耗が激しい中で半導体等の生産確保を!!
05/16 00:00 あなたも無視する事が出来なくなったロシアのウクライナ侵攻による悪影響、どうすれば良いか!?
05/16 00:00 ロシアのウクライナ侵攻で再び歴史に出たチェルノブイリ原発事故を描く映画公開にあなたも感じる!!
05/15 00:00 あなたも覚醒!!ロシア軍から学ぶ我が日本の自主外交・防衛強化の方向性3 整備・生産・製造力
05/14 00:00 あなたも賛成、麻生太郎元首相のロシア侵略発言や安倍晋三元首相の日銀子会社発言は正しい!!
05/13 00:00 あなたも応援する!!岸田文雄首相が極左反日反米の愚かな国家等に対して厳しい動き!!
05/12 00:00 あなたも納得、昔の経験を忘れられない極左反日反米の輩達は正に文在寅やプーチン大統領と同じ!!
05/11 00:00 あなたも覚醒!!ロシア軍から学ぶ我が日本の自主外交・防衛強化の方向性2 日英同盟
最近のコメント
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(田中_jack)
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(素浪人)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved