ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4941)
国際情勢 (154)
政治 (1653)
防衛 (2455)
外交 (10)
芸能 (160)
スポーツ (51)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (31)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 967380
今日のアクセス: 665
昨日のアクセス: 646
RSS
カレンダー
<<2018年10月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2018年10月19日 0時0分
中国の脅威に対抗出来る日本の国防体制の確立と人口増加が見込める出生率の向上は喫緊の重要課題だ!!
イランの核問題やサウジアラビア領事館でのジャーナリスト殺害など「国内問題」がすぐに国際関係化するという、激動する今こそ、中国の脅威に対抗出来る日本の国防体制の確立と人口増加が見込める出生率の向上は喫緊の重要課題なのです。
正に、国難を突破しなければなりません!!

そのような中、最精鋭のジャーナリストの一人である、小川榮太郎氏が「国難突破」のシリーズを連載し、厳しくなる一方の日本の現状とその解決策を次のように論じています。

10月16日にzakzak by 夕刊フジが「【国難突破】最大の危機は中国の「日本侵略の野望」 中国がナンバー2に甘んじつつ、日本への野心を持ち続けたら…」の題で次のように伝えました。

『国難突破−今回の集中連載では、この大テーマを正面から見据えて論じてみたい。
 「国難突破」という題は編集部から頂いたものだが、実は、安倍晋三首相が昨年の衆院選で訴えた争点だったのである。首相はその際、こう訴えていた。

「この解散は、国難突破解散であります。急速に進む少子高齢化を克服し、わが国の未来を開く。北朝鮮の脅威に対して、国民の命と平和な暮らしを守り抜く。この国難とも呼ぶべき問題を、私は全身全霊を傾け、国民の皆様とともに突破していく決意であります」
 一国の首相が選挙の争点に「国難」を据える。これは極めて異例なことだ。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年10月18日 0時0分
習近平率いる中国は旧ソ連の如く暴走して崩壊する!!日米同盟関係の更なる相互関係強化が必須!!
いまだに中国に対する「世界の工場」のイメージを持つ方が少なからずおられるようですが、世界経済はとっくの昔に中国を切り捨て始めています。

それは何故か??
敢えて申し上げるならば、中国は旧ソ連と同じく、国家の中枢を以て「経済」すら理解出来ない社会主義、共産主義の独裁国家だからなのです!!

10月16日14時42分に産経ニュースが「中国は、ソ連と同じ冷戦敗北の軌道に入っているのか」の題で次のように伝えました。

『【湯浅博の世界読解】
 米ソ冷戦の到来は、時間をかけてジワジワと始まった。そして、時代に鋭敏なチャーチル元英首相が1946年、欧州を分断する「鉄のカーテン」がソ連により降ろされたと、その到来を告げた。あのソ連崩壊から四半世紀が過ぎて、今度は対中「新冷戦」の到来が語られている。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年10月17日 0時0分
日本政府がソマリア沖の海賊対策のために拠点として使用しているジブチを恒久的使用へと方針転換!!
日本を含む東アジアと欧州とを結ぶ航路で、一年を通しての現時点では最短ルートであるスエズ運河を使用するには、必ず通らなければならないのが紅海です。
そして、その一番脆弱な地点がアラビア海側のアデン湾と紅海とを結ぶマンダブ海峡であり、ソマリア沖の海賊が跋扈する海域でもあります。

平成21年度から日本も参加して継続して続けているソマリア沖での海賊対処支援は、現在でもその活動価値は高いものがあります。
日本政府がソマリア沖の海賊対策のために拠点として使用しているジブチの恒久的使用化を進めていることが明らかになりました。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年10月16日 0時0分
米国トランプ大統領の対中国包囲網が貿易、軍事、そして人権問題で強化されている事実に着目!!
米国トランプ大統領の一連の貿易政策、外交軍事、そして「人権問題」への介入やオバマ前政権時代からの大きな政策変更は、大きな山場を迎えています。
そして、その政策が孤立化を深めていた台湾ですら政策の大幅な変更、つまり中国への警戒感や脅威を表明するまでに「進展」しているのです。

10月11日にzakzak by 夕刊フジが「台湾、「対中対抗姿勢」強調 ペンス氏の対中批判に呼応」の題で次のように伝えました。

『台湾の蔡英文総統が、中国への「対抗姿勢」を強調した。10日の演説で、外交、安全保障両面で台湾を威嚇する習近平政権を公然と非難したのだ。先週にはマイク・ペンス米副大統領が中国を批判する演説を行った。米国と台湾は連携し、覇権主義を強める中国への警戒を強めている。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年10月15日 0時0分
自衛隊観閲式開催と同時期に開始された日米両国の島嶼奪還実動訓練には大戦略が秘められている!!
10月14日に東京郊外の朝霞駐屯地で開催された自衛隊観閲式。
それと同時期に九州や種子島周辺などで開始された日米両国の島嶼奪還実動訓練には大戦略が秘められているのです!!

それはどういう事か??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
01/20 00:00 世の中トンガ沖噴火・津波の如く、各地域でも雷鳴のような動きが活発化しています!!
01/19 00:00 内外情勢は今年も激動かつ混沌、今の私達や我が国の最優先事項は戦略を造り実行する事!!
01/18 00:00 露中朝韓等が開発や配備を進める極超音速兵器やSLBM等に日本が対抗出来る策とは??
01/18 00:00 トンガ沖噴火・津波などの大災害対策も安全保障体制も一朝一夕では確立しない!!
01/17 00:00 私達の生活や安全に関わる、日米同盟の堅持や強化が岸田文雄首相に出来るのか!?
01/17 00:00 正しい世論や忠告に耳を傾けない中国も立憲共産党たる立憲民主党も二度死ぬ!!
01/16 00:00 日本は独自の外交防衛体制の整備で露中朝韓の極超音速ミサイル等からの脅威に対処せよ!!
01/15 00:00 北朝鮮が発射した極超音速ミサイルはオミクロン株以上の脅威、敵基地攻撃能力の整備を!!
01/14 00:00 激動の今の世の中、パワフルな安倍晋三元首相や高市早苗政調会長のように生きましょう!!
01/13 00:00 日豪間の日豪円滑化協定署名の背景には露中朝韓への脅威やF35での連携あり!!
最近のコメント
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(田中_jack)
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(素浪人)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved