ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4807)
国際情勢 (154)
政治 (1604)
防衛 (2381)
外交 (10)
芸能 (153)
スポーツ (48)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (30)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 887509
今日のアクセス: 187
昨日のアクセス: 627
RSS
カレンダー
<<2018年12月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2018年12月18日 0時0分
中国と南北朝鮮の特亜三国は日本や世界にとっても敵性国家!!徹底的な糾弾と制裁をせよ!!
中国の無節操さは南北朝鮮同様、今に始まった事ではありませんが、米中貿易戦争やファーウェイ事件での対応はとても褒められたものではありません。

12月16日にzakzak by 夕刊フジが「ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」」の題で、「長谷川幸洋「ニュースの核心」」の特集記事として次のように批判しています。

『米中新冷戦は休戦どころか、一挙に抜き差しならない展開になってきた。中国の通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」の副会長兼最高財務責任者(CFO)、孟晩舟容疑者が逮捕された。
 中国側は当初、外務省報道官が「拘束理由を示さない逮捕は重大な人権侵害」と反発しただけだった。それ自体、新疆ウイグルやチベットでの人権弾圧を見れば「お前が言うな!」という話である。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年12月17日 0時0分
日本が新しい防衛大綱で自主防衛力強化を打ち出したそもそもの理由は日米安保の欠陥にある!!
今回は、戦後これまでタブー視されてきた日本の自主防衛力整備について、日本政府が本格的に乗り出し、新しい防衛大綱で自主防衛力強化を打ち出した事について論じます。

日本が新しい防衛大綱で自主防衛力強化を打ち出したそもそもの理由は日米安保の欠陥にあるのです!!

その理由とは??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年12月17日 0時0分
朝日新聞以上の極左反日反米の偏向マスコミ神奈川新聞の男性局長がパワハラやセクハラで解雇!!
突然ですが、筆者としては掲題のニュースに接しても同情ところか、当たり前の結末としか捉えられません!!

何しろ、クズ以下である朝日新聞以上の極左反日反米の偏向マスコミ神奈川新聞の男性局長がパワハラやセクハラで解雇されるなど、当然の事なのですから(怒り×100倍)!!

12月15日にzakzak by 夕刊フジが「神奈川新聞局長、セクハラ行為で懲戒解雇」の題で次のように伝えました。

『神奈川新聞社は、社内外の女性に対し体を触るセクハラなど重大なハラスメント行為があったとして、50代の男性局長を懲戒解雇処分とした。このほか、勤務時間外に指導名目で社員に頻繁に電話するなどのパワハラ行為をしていたという。
[続きを読む]
[カテゴリ:社会問題] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年12月16日 0時0分
英国のEU離脱でEUは弱体化、英国のTPP加盟で日英同盟が復活する!!その裏には軍事同盟あり!!
師走の12月で、年末でお忙しい方も多いかと存じます。
筆者も12月は毎日、大忙しです。

しかし、分野や業種は違えども、何処でも皆同じ様相を呈しています。
日本では新たなる防衛大綱決定とTPP発効が12月です。
英国はEU離脱の議会承認を急いでいますが、メイ首相が辛うじて与党では信任を得たものの、議会でEU離脱案を承認が得られるかどうか厳しい情勢です。

しかし、来年の2019年に「決定された筋書き」は既に存在しています。
英国のEU離脱でEUは弱体化、英国のTPP加盟で日英同盟が復活するのです!!
その裏には軍事同盟あり!!
何故か??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年12月16日 0時0分
米中貿易戦争はファーウェイ事件にて諜報戦や技術戦で中国が敗北!!中国を南北朝鮮と共に排撃!!
いわゆるファーウェイ事件にて、カナダで逮捕され保釈されたCFOについて米国へ移送するための司法手続きが開始された模様です。

12月15日にzakzak by 夕刊フジが「米、対中包囲網強化で中国報復撤回 米車関税一時停止の弱腰」の題で次のように伝えました。

『米国とカナダは14日、ワシントンで外務・国防閣僚協議(2プラス2)を開いた。中国の通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」の副会長兼最高財務責任者(CFO)、孟晩舟容疑者の逮捕についても意見交換したとみられる。こうしたなか、中国は、米国からの輸入車に対する報復関税の一時停止を発表した。米国と同盟国が、共産党独裁の中国による「軍事・ハイテク覇権」阻止を本格化させたことに怖じ気づいたのか。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
09/17 00:00 北朝鮮が長距離巡航ミサイルに続き弾道ミサイル発射、韓国SLBM発射実験、彼らには鉄壁の防衛体制を!!
09/16 00:00 自民党総裁選挙に絡み中露朝や極左反日反米勢力が暗躍、日本の政治家は安全保障を理解出来る人を!!
09/15 00:00 北朝鮮が長距離巡航ミサイル発射実験、日本は高市早苗前総務相の言われる敵基地攻撃能力が不可欠!!
09/14 00:00 9.11テロ後でも毎年欠かせない山形の風物詩「芋煮会」も新型コロナ禍で影響!!悔しい!!
09/13 00:00 20年前の9.11米国同時多発テロで米国バイデン大統領が機密公開、今更、何故だ!?
09/13 00:00 モデルナワクチンの異物混入も自民党総裁選挙のお話も、問題の本質を見抜けば見えてくる!!
09/12 00:00 9.11テロから20年、日本は全く新たなる役割を世界に対して担わなければならない!!
09/11 00:00 新型コロナウイルスワクチンや治療薬等で改めて議論の大麻草を原料にした医薬品の検討等を急げ!!
09/10 00:00 高市早苗前総務相が自民党総裁選挙出馬表明でその素晴らしい政策と会見でヤジを飛ばしたバカ記者!!
09/09 00:00 新型コロナウイルスはワクチン接種だけでは油断出来ませんが、接種自体は良い事です!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved