このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
24Hのロジックを大きく見直します
[システムについて]
2021年5月16日 22時10分の記事

こんばんは。
もう何度お詫びしているか分からないほどですが、著しいドローダウン大変申し訳ありません・・・

24HSSは、日中寄付から翌取引日の日中寄付までという、他に例がないような区分のシステムトレードとして、私自身もその希少性を考え、これまでサインと結果をアップしてまいりました。

・・・が、ドローダウンは5000円を超えてしまい、システムとしては使い物にならないレベルのドローダウンに陥っています。大変申し訳ありません。

ここに至り、日中のロジックと同様に、24HSSもロジックを大幅に見直してみました。
・・・が、24HSSは昨年もロジックを小改造しながら、大きく改善されないままこの度の大ドローダウンに陥ってしまいました。
ですので、これで大丈夫とはとても言えませんが、現状のロジックよりも少なくとも様々な条件で有利なロジックを発見しました。

新ロジックは、見送りの日が発生します。確率的には3回に1回は見送りとなります。取引回数は以前より減るのにも関わらず、バックテストでは従前のロジックの1.5倍の成績を上げています。

バックテストは下記のとおりです。


2016年(7月19日以降) 3150円

2017年 6245円

2018年 7105円

2019年 1490円

2020年 5910円

2021年(5月14日まで) △1235円

合計 22665円
841戦 457勝<br/>
勝率55.7%<br/><br/>

このような感じです。
2016年7月以降としているのは、日中や夜間と同じく、夜間取引の延長と日中の開始時間前倒しによる取引時間延長後のデーターを元にしているためです。

新システムでも、今年の不調は改めることができませんでした。

明日より新ロジックにて売買サインをアップいたしますので、どうかよろしくお願いいたします。
これに伴い、見送りサインが登場しますのでどうかよろしくお願いいたします。

日中システムは新ロジックに切り替えたとき、ドローダウンが小さめだったため、その後の反動がひどかったように感じますが、24HSSシステムに関しては、新ロジックの現在のドローダウンは3095円に達していますので、仮に現在も新ロジックで対応していても、大きなドローダウンに達しています。したがって、日中のように反動ドローダウンが発生する可能性はやや低いのではと感じています。
結果については神のみぞ知るですが、私は期待してます。今後とも宜しくお願いいたします。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shisutore24h/458969
くる天
プロフィール
日経225miniシステムトレード24Hショートスイング-ブロくる
鯉雪堂[24H] さん
日経225miniシステムトレード24Hショートスイング
地域:兵庫県
性別:男性
ジャンル:仕事 金融・資産
ブログの説明:
日経225ミニ先物の日中寄付から翌日日中寄付きまでの寄り寄りシステムトレードです。取引時間が度々変わる先物市場のリスク回避のために作成しました。最大ドローダウンは5000円を超えているためシステムの安定性に欠けています。実際に運用される場合はドローダウンのリスクを十分にご留意ください。
ブログについて
当ブログのシステムトレードは、日中の寄引システムトレードの保険的な意味合いで作成しました。日経平均先物は、ここ10年ほどの間に頻繁に取引時間を変更し、その都度私達システムトレーダーはシステムを組む条件を変えねばならず、特に頻繁に取引時間が変わった夜間取引に振り回されてきました。

日中の取引時間は今後は当面は変更はないと考えていますが、また取引時間が変更になる恐れがあります。その時に備えて、日中の寄付から翌取引日の寄付までの間であれば、今後も変わることはないであろうという思いから、日中寄付から翌日寄付までという区分のシステムトレードを組んでみました。


売買戦略について
日中寄付で売買、翌取引日の日中寄付で決済するシステムトレードです。
売買の戦略は朝に「○月○日の24HSS売買サイン」として記事をアップします。
ロジックの見直しにより、「見送り」が発生するようになりました。3回に1回の割合で発生します。
ザラ場でない時間も建玉を保有するため、大きな災害などによる大きな値動きの変動により予期せぬ損失を被るリスクがあります。ゴール、デンウィークや年末年始休みなど、長期休暇の間は1週間くらい長期に立て玉を保有することになります。その間に大きく上下することがあり、思わぬ勝ち幅を得ることもありますが、逆に非常に大きい負けになることもあります。
また、最大ドローダウンが3000円を越えており、安定度は日中や夜間のシステムよりも低いので、実際の運用にはこれらのことに十分留意してください

有料ブログのご購読については、バックテスト、フォワードテスト、取引結果を見て自己責任で活用いただきますようお願いします。また、質問等についてはコメント欄にご記入くださいますようお願いします。
有料ブログご購読のご注意
有料ブログご購読の手続きについて
最新の売買サイン記事を読むための有料ブログのご購読は、最新の売買サイン記事で「定期購読」と書かれている記事について「続きを読む」をクリックし、ブロくるの有料ブログをご購読いただく手続きを進めていただきますようお願いします。

売買サイン記事購読料
(ブロくるの有料ブログの規約に則ります)
現在の月間購読料
適用区分 苔
1ヶ月 200円

6/2AM7時〜7/2AM7時

なお、ブログの月間購読料はシストレの成績により変動します。こちらをクリックして説明をご覧ください。


なお、売買サイン記事は有料ブログとしての読み物であり、あらゆる投資を誘引するものではありません。売買サイン記事のとおりに売買して損失が発生しても、責任は一切負いませんので、実取引はくれぐれも自己責任でお願いいたします。

ブログをご購読頂く場合は、システムトレードによる取引の特性について十分ご理解くださいますようお願いします。シストレは常に勝ち続けることはできず、連敗、停滞が必ずあります。特に24HSSはその傾向が著しいです。
連敗、停滞の状態に陥った場合、申し訳ないこととは思いますが、システムトレードの特性上避けられないこと、特に24Hは日中寄引のシストレよりもドローダウンの数値は大きいものになります。ついては、連敗、停滞の状況についてコメント等で苦情を頂いても、「システムトレードの特性上、やむを得ないこと」としか申し上げられませんので、十分にご留意ください。

ブログ主がシステムが機能不全に陥ったと判断する目安は、「年間の利益合計が+600円に届かない状況が2年連続で続いた場合」として考えていますので、それ以上の成績を上げられた場合はシステムトレードとして機能していると考えております。

なお、1日経過した戦略記事は有料を解除しますのでクリックをすると見ることができます。
有料ブログを停止する場合は、1ヶ月前にその旨をお知らせするか、代替措置をブログにアップさせていただきます。
システムについて
運用区分
午前8時45分〜翌朝(翌営業日)午前8時45分

日中の寄付きから次の営業日(通常は翌日)の日中の寄付きまでの間建玉を所有します。
翌日が休場の場合は、休場明けまで保持します。金曜日の朝に売買した建玉は、週明けの月曜日の寄付きに決済されます。
値動きの変動リスクは日中や夜間より大きく、さらに大型連休を挟むとさらに値動きの変動リスクは大きくなります。当ブログの売買サインを参考に取引される場合は十分な資金をご準備いただくなど、システムの特性を御理解のうえ、取引いただきますようお願いします。
3日以上の休場日の前日についても売買サインが発生しますので、リスクは十分にご了承ください。

ロスカットと利確について
ロスカットは200円、300円、400円の3段階で変動、利確は400円と500円の2段階で変動です。

ブログランキング
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ
にほんブログ村

システムトレードランキング
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved