このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
CentOS 7.9 にPHP 5.5 をyumでインストールする
[php]
2022年5月27日 18時1分の記事

$ yum -y install epel-release
$ yum -y install http://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-7.rpm
$ yum install --enablerepo=epel libmcrypt
$ yum install --enablerepo=epel libraqm
$ yum install --enablerepo=remi,remi-php55 php php-mbstring php-xml php-xmlrpc php-gd php-pdo php-pecl-mcrypt php-mysqlnd php-pecl-mysql php-devel php-mysql php-bcmath php-sockets php-xml which
$ php -v
$ yum -y install httpd
$ yum --enablerepo=remi-php55 update
$ systemctl enable httpd.service
$ systemctl start httpd(.service) //括弧内は付けなくても、裏側で自動的に補完される。

【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム


CentOS7にPHP5.5をインストールしていく手順です。デフォルトのyumではPHP5.4までしかインストールできないため、EPELとRemiを追加しています。

【 解説 】


$ yum -y install epel-release



Remi で提供されているソフトウェアをインストールするためには EPEL のリポジトリも必須要件となっていますので、先に EPEL のリポジトリの追加を行った後に Remi のリポジトリを追加します。
EPEL のリポジトリ情報をインストールすることで、RHEL向けのパッケージを使うことができるようになります。(RHELは、RedHat Enterprise Linux の略、エンタープライズ(企業)向けの高品質なLinuxディストーションのことです。 )
参照:EPEL公式ページ


$ yum -y install http://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-7.rpm



Remi リポジトリの追加。epel-releaseで見つからないパッケージをRemiで入手します。
(epel-releaseは信頼性が高いですが、パッケージ数は少なく、欲しいものが見つからないことが多いため。)


$ yum install --enablerepo=epel libmcrypt



yumの--enablerepo=epelオプションでEPELを許可して「 libmcrypt 」をインストールします。
(libmcryptはMCryptが使用する暗号化ライブラリ。暗号化関数自体とこれらへのアクセス機構を提供するものです。これらは安全でないコードを書ける構造上の欠陥があり、10年近く更新されていない拡張モジュールのため、PHP7.2以降で非推奨とされています。仕様やアプリケーションの稼働期間、コストなどを考え、自己責任で扱ってください。)


$ yum install --enablerepo=epel libraqm



yumの--enablerepo=epelオプションでEPELを許可して「 libraqm 」をインストールします。


$ yum install --enablerepo=remi,remi-php55 php php-mbstring php-xml php-xmlrpc php-gd php-pdo php-pecl-mcrypt php-mysqlnd php-pecl-mysql php-devel php-mysql php-bcmath php-sockets php-xml which



php5.5をインストールします。利用するアプリケーションに合わせて、追加で mbstring などの PHP の拡張をインストールするようにしてください。


$ php -v



phpのバージョンを確認します。


$ yum -y install httpd



Apache httpdをインストールします。


$ yum --enablerepo=remi-php55 update



更新をかけて最新の状態にします。


$ systemctl enable httpd.service



OS再起動時に、自動的に Apache httpd が起動するように設定します。 この設定をしないと、OSを再起動するたびに手動で Apache httpd を起動しなければいけません。


$ systemctl start httpd.service



Apache httpd を起動します。


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。


◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shosebi/473626
くる天
プロフィール
ZeroOne さん
初心者SEの備忘録
地域:北海道
性別:男性
ジャンル:仕事 IT
ブログの説明:
サーバ構築のあれこれを忘れないようメモ
カテゴリ
全て (7)
CentOS (1)
clamAV (0)
chkrootkit (0)
zabbix (0)
php (1)
POSTFIX (0)
MySQL (0)
コマンド (5)
アクセス数
総アクセス数: 297
今日のアクセス: 3
昨日のアクセス: 0
RSS
株式会社イーステム
https://eastem.co.jp
高画質ライブ配信システム
ライブ配信システムの導入を
ご検討の方はこちら
Licom(ライコム ) https://live.eastem.co.jp
最近の記事
05/31 12:41 yumコマンド【主なオプション】
05/31 12:40 yumコマンド【メンテ系】
05/31 12:39 yumコマンド【情報系】
05/31 12:37 yumコマンド【パッケージ操作系】
05/27 18:01 CentOS 7.9 にPHP 5.5 をyumでインストールする
05/27 12:46 viコマンド
05/25 16:56 CentOSインストール【CentOS7.9】

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved