このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
ツインソウルの真実-ブロくる
ao222 さん
ツインソウルの真実
地域:秘密
性別:女性
ジャンル:暮らし 恋愛・結婚
ブログの説明:
ツインソウルの真実について書いています。
二人が歩むプロセスのこと
女性にとって必要こと
二人が一緒になる上で必要な宇宙の法則について
ツインとの過程で起きたリアルな体験談も。
他では書けないリアルな情報を書いています。

※すべての記事は転記不可です。
カテゴリ
全て (591)
ツインソウル (191)
ツイン・体験談 (111)
スターチルドレンより (3)
用語の説明 (7)
メッセージ (20)
ご質問・ご相談 (47)
リアルな話 (169)
スターチルドレンと母親とツイン (6)
アクセス数
総アクセス数: 34760
今日のアクセス: 9
昨日のアクセス: 23
RSS
無価値観が邪魔する幸せ
[ツイン・体験談]
2020年4月7日 14時13分の記事

自分の無価値観が実は自分が幸せになる事を邪魔している、ということがあるです。
幸せになれないのは実は自分の無価値観が原因で
あの人のせいでも、ありません。

体験談と自己価値を高める方法です。

※依存傾向がある方、変わる気が無い方は読まれる際は自己責任でお願いしまます。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


以前、どこかのタイミングで自分の幸せが近づくと
幸せになる事に成れていない私たち
幸せになる準備ができていない私たちは
あえて自分でそれを否定したり、遠ざけたりする、という記事を書いたように思います。

私自身、あれだけ幸せになる事を望みながら、まさか自分が幸せになることから離れようとしていた、ということを知った時、驚きました。

誰の中にも存在する無価値観や無意味感。
自分なんて価値はない
自分にできることなんてない
私みたいな存在が幸せになんてなれない。

が、
そんな事は無いはずだ!!と思ってみたり
「私は価値ある人間だ」と必死でアファメーションしてみても
こうなれば、ああすれば、あの人の真似をすれば・・・価値が高まるんじゃないかとモガイタ結果が他人軸だったりします。
そして残るのはまた無価値観を強めた自分だけ。

自分という存在を知れば知るほど実感することは
自分がどれだけ幸せになりたかったけど、その方法を間違えていたか、ということ
他人軸だがダメだ、という言い方をする方もいますが
別に他人軸がダメなわけでもなく、ただ幸せになる方法が他人のようになること、だと言う勘違いの結果、なだけなんですよね。

私自身、自分に向き合うほどに実感したのは、強烈なまでに持っている無価値観、無意味感でした。

誰かを愛したいけど、私の愛情なんて欲しい人はどこにも居ない
人の役に立ちたけど、私なんて必要とされることはない
私なんて何の意味も価値もない・・・
などなど
仕事の面でもこうしたい、こうなりたい、こんなことをしたいと思う反面
「誰もそんなもの必要としない」とガッカリしている自分が居たのでした。

自分の中にある愛情を思いっきり誰かに渡したいけれど
そんなものを必要とする人は居ないんだ・・・
という自分の中にある矛盾というかに愕然としたのです。

でも、そこで掘り下げていくと、私自身の愛情の形は「与えたい」でも、それを必要とする人が居ないなら
なら、愛さない、好きにならない、それが相手にとって一番良い愛情表現なんだろう、と思ってしまっていたのです。

なんとも切ない話です・・・愛したいけど、私の愛情なんて必要とされないなら
相手の想い通りに愛さないことが、愛情表現だ、と思っているなんて。

なので、ツインの彼との関係が本格的に始まる寸前は、ここで苦しみました。
自分が相手を愛することを許可しないと始まらない
けど、愛さないことが愛情表現じゃないの??という混乱。
愛さないことが愛情表現だと思っていただけで
本当は愛したいんだ、と思っても
「でも、誰も必要とされなかったじゃないの」とまた元に戻る。
ここで1か月以上、ああでもない、こうでもない、とやっていたように思います。
色んなことをすっかり忘れて彼に「好きになるのが怖い」と言ってみて「は?」と言われたこともありました。
あの時は彼に対して「好きになって大丈夫、俺は裏切らない」と言ってくれると思っていったので(エゴの声)
相手には一切通じませんでした。

最終的に彼が何をどう言おうと、どれだけ好きだと言ってくれようと
自分が自分の想いに忠実に生きること
誰かを愛すること、を決意しない限り
彼のどんな言葉も受け取れませんでした(疑ってしまう)

愛してくれないわけでも
愛させてくれないわけでもなく
自分が愛することを許可していないだけ、なんですよね。
でも、過去のどこかで自分の愛情を受け取ってもらえなかった経験があるから、恐いだけ。

私も結局、その怖さに向き合い
その裏にあるプラスを見つける努力を始めてから
愛してもいいんだ、好きになってもいいだ、と思えるようになりました。

どこまでも、どこまでもマイナスのままでは前に進みませんね。
その裏にあるプラスに気づくまで、しっかり向き合わないと
足踏み状態になってしまうんですね。

では実際に自己価値を高めるには・・・
まず、自分の内側にある感情を徹底的に吐き出すこと。
自分の内側にある感情をありのまま、正確で厳密に表現して吐き出すのです。
すると、自分の中で何等かの変化を感じる時が来ます
スッキリしたり
本当にしたいことが見つかったり
納得したり
気づいたり・・・
そうすることによって「自分の内側にあるもの」に価値を見出していくのです。

自己価値を高めるためあにだれかの言いなりになろうとしたり
相手の都合に合わせて、相手のエゴが喜ぶことが自己価値だと思うときもありますが
そんなことをしていても、自己価値は下がる一方なのでご注意ください。

そして、自分にしかできないこと、自分だからできることを見つけること、
自分の存在そのものの価値
自分の魂の輪廻転生の中で得たことに価値を見出していく。

自己価値を高める方法は外側には一切ありません。
どう頑張っても外側に価値はない。
自分の内側にあり、そしてその存在しているものは残念ながら「自分で言語化する」しか方法がないのです。

自己価値が低い、無価値観が終わらない・・・
という方のほとんどは「努力する方法」を間違えています。
過去の方法である、他人の言いなりになる、誰かのように生きる、誰かにとって都合がよい自分になる
答えは外側にあるから、だれかに自分にしかできないことを読み取ってもらおう・・・と
「外側にこたえを求める」ことを繰り返しているだけ。
なので何も変わらない、何も見つからない。

自己価値を本当に見出すには、新しい考え方である「答えは自分の中にある」を受け入れる必要があるのです。

本当の意味で自己価値を見出したいのであれば
新しい手法で全く新しい努力を続けるしかありません

本当に幸せになりたいのであれば、自分の価値を自分で見出して、その価値を自分の手で生かして生きていくしかないのです。





最終編集日時:2020年4月7日 14時13分

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved