このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
ツインソウルの真実-ブロくる
ao222 さん
ツインソウルの真実
地域:秘密
性別:女性
ジャンル:暮らし 恋愛・結婚
ブログの説明:
ツインソウルの真実について書いています。
二人が歩むプロセスのこと
女性にとって必要こと
二人が一緒になる上で必要な宇宙の法則について
ツインとの過程で起きたリアルな体験談も。
他では書けないリアルな情報を書いています。

※すべての記事は転記不可です。
カテゴリ
全て (591)
ツインソウル (191)
ツイン・体験談 (111)
スターチルドレンより (3)
用語の説明 (7)
メッセージ (20)
ご質問・ご相談 (47)
リアルな話 (169)
スターチルドレンと母親とツイン (6)
アクセス数
総アクセス数: 34760
今日のアクセス: 9
昨日のアクセス: 23
RSS
魂をかけてやりたいこと。
[ツインソウル]
2018年5月22日 10時39分の記事

ツインソウルという相手は、自らの魂をかけてやりたいこと。
今まで慣れ親しんできたエゴすら越えていく覚悟を持つということ
何があっても、どんなことをしても、やりたいことが彼の向こうにある、そんな感覚。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


カウンセリングなどで色んな女性の、色んなツインとの関係性についてお聞きします。
本当にその人にとってのツインソウルはその人そのもの。
多種多様なツインソウルの概念をお聞きしました。

でも、その中で本当のツインと言われる、自分の魂の片割れに出会っている人には共通点があり
それあ、何があってもやり遂げたい何かを彼を通じて見つけている、ということ。

別に大金を手にする、とか有名になるとか、すごいことを成し遂げるとかそんな事じゃなくて
「好きと伝えたい」とか
「素直になりたい」とか
「女性として生きたい」とか
「分かり合いたい」その程度です。
その程度だけど、その程度なのに、魂としては諦めてきたこと。
また、間違えた解釈で、それらを叶えようとした結果、何度も失敗してきたこと。

だからこそ、今までの好きとか素直とか女性らしさとは全く違う
「本質的な願い」が彼を通じて露呈します。
自分の真実に向き合う事になる。

だから、そこに気付くと女性は動揺するのです。
今まで、散々、取り組んできたけど大失敗してきた過去がある
何度も悲しい思いをしてきた
また、それをやらなきゃならないの?と。
だから、本心を知りたくない、と感情に向きあうことに抵抗する人も多いのです。

ツインソウルとの関係性は、ほかの人間関係とは全く異なる関係性です。
いままでの常識、当たり前、普通が彼の目の前だと一切通じない
過去、魂の願いを実現させようとして失敗したのは
「今までの方法が間違っていたから」だけです。
ツインは古いやり方、当たり前、常識が一切通用しない関係性
だからこそ、新しい方法を知るために仲間が居るのです。

仲間は連携を取って、助け合い、学び合い、知識を共有し合いながら前に進んでいます。
先に経験している人から、コツや真理や法則を学ぶ
自分自身が、自分の真理に向きあっているから、宇宙の真理という自分の根源の情報(真理)を学ぶ必要があるのです。

同じ目的、同じ目標を持っている仲間はどんな立場でも、必ず助け合っている。
知っているから助けられる部分もあるけれど
知識が増えるからこそ、忘れてしまう基本がある
それを教えてくれるのは、ここから頑張ろうとする、基礎作りに入った人たち。

そうやって、助け合っています。
だから一人では限界がある。
一人では成しえないのが、ツインとの歩みです。
私がこのブログで書いている内容は、その同じ目的を持った仲間に対して私が出来ること、そんな感覚で書いています。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント(投稿順)
1. みゃお 2019年10月22日 13時1分 [返信する]
はじめまして。
今、ほんとうに苦しいです。
どうかメンターになって頂けませんか。

 ■このコメントへの返信■
1. ao222 2019年10月22日 16時30分
みゃおさま

個人的なご相談などについては、カウンセリングという形でお受けしています。
良かったらこちらのブログをご覧ください。
https://ameblo.jp/ao51213


 


◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved