このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
ブログ人気投票ボタン
投票お願いします。
プロフィール
シドニー通信員の『豪リークス』-ブロくる
飯島浩樹 さん
シドニー通信員の『豪リークス』
地域:海外
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
オーストラリア在住 某民放局シドニー通信員からの情報。
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村
CATCH THE WORLD
TBS海外支局記者レポート
最近のコメント
「ウィキリークス」天才アサンジの野望(ドーナツ)
「ウィキリークス」天才アサンジの野望(飯島)
「ウィキリークス」天才アサンジの野望(ドーナツ)
難民問題と豪多文化主義の行方(ふぅみん。)
原発は危ねえ、癌で死にたくねえRCサクセション(新庄やよい)
豪多文化主義の危機?(MAC)
続豪州今年の10大ニュース(飯島浩樹)
続豪州今年の10大ニュース(マック)
外相という“ショーバイ”(hananorikko)
豪鉱山王が社員にビッグなXマスギフト(mcms)
RSS
続「クリスマス島の悲劇」
 
2010年12月19日 0時29分の記事

(昨日の記事の続きです...)
「ヘルプ!ヘルプ!」と海に投げ出された人々の声が、はっきり聞き取れる。目撃者は、「幼い子供やその母親とみられる女性が木切れに必死につかまり助けを求めていたが、大波が襲いかかった直後、もう姿が見えなくなった」と話した。まさに地獄絵図だ….。

一報を受け、オーストラリア海軍船などが救助に向かい、41人が救助されたというが、助けを求める声が岸から聞こえるほどの距離だったのにもかかわらず、自力で岸に上がってこれたのはたった1人だったという。それほど険しい岸壁だった...。



【PR】電話相談システム開発ならイーステム


今年2010年にオーストラリアに入国を試みたこのような“ボート”は129隻、“難民”は6232人に及ぶという。この中には、最も近いオーストラリア大陸本土まで1500キロ以上もあるクリスマス島付近にさえたどり着けず、海の藻屑と消えていった“ボート”も多くあると見られ、いったいどのくらいの人々が難民認定を求めて豪州を目指していたのか想像もつかない。

なぜこんなに多くの人が、オーストラリアに向かうのか?

背景にはインドネシアの“人身密輸組織”の存在とオーストラリア政府の政策がある。

ブッシュ前米大統領の“盟友“として知られた保守連合のハワード元豪首相の在任中、タリバンに迫害されたアフガニスタン難民が急増し、太平洋の島国「ナウル」資金提供し、”ボート・ピープル“を強制収容する、いわゆる「パシフィック・ソリューション」政策が実施され、2001年に43隻、5516人の”難民“が確認されたのが、翌年の2002年にはわずか1隻、1人の難民に激減した。

しかし、この「パシフィック・ソリューション」を廃止した労働党のラッド政権に交代した2007年以降、”ボート・ピープル“は再び増加し、今回のように航海の途中で船が沈没したり、人々が海に投げ出されるケースも目立ってきている。

オーストラリア国内で、この“難民”問題は非常に“センシティブ”な問題として扱われている。

大多数の国民が内心では“ボート・ピープル”のほとんどが、正真正銘の”難民“だと思っていない。
特に911同時多発テロ勃発後、これらの人たちの中に”テロリスト“が含まれている可能性に脅威を感じているが、もちろんこんなことを大っぴらに言えば”レイシスト“人種差別主義者とのレッテルを貼られてしまう。

良しにつけ悪しきにつけ、ハワード元首相が行った「パシフィック・ソリューション」は、”レイシスト“のハワードがやったことと責任転嫁できたので、国民や野党は内心”ホッと“していたのだ。

しかし、中道左派のラッド前首相が“きれいごと”の人権擁護主義を掲げ、この悪名高き「パシフィック・ソリューション」を廃止してしまったので、再びインドネシアの“人身密輸業者”が息を吹き返し、今回の「クリスマス島の悲劇」につながってしまった。

ラッド氏を追いやる形で首相となったジュリア・ギラード現首相は、ラッド政権の政策を若干修正したが、“難民”の流入をもはや止めることはできなくなっている。

それでは、どうしたらこの事態を打開できるのか?

“ボート・ピープル”のほとんどが、正真正銘の”難民“ではなく、職や新天地を求める”不法移民“だとしても、中にはイラクやイランで迫害されているクリスチャンや少数派イスラム教徒などの”正真正銘“の難民もいる。不法移民にしても、自国でまともに職が得られなかったり、希望が持てなかったりするからわざわざ大金を払い、命の危険を冒してまで新天地を求めて粗末な木船で荒海に漕ぎ出すのだ。

オーストラリアの新聞の社説に、「結局問題の根っこは、オーストラリア政府や“人身密輸業者”ではなく、虐げられる人々をつくりだすイランやイラク、アフガニスタンなどの国にある」と書かれていた。

それでは、その国々をこのような悲惨な状況にしたのは、いったい“誰”なのか?

まあそのうち「ウィキリークス」が暴いてくれると思うので、こちらは“危険”を冒す必要もないが….(あ〜良かった!)。

その“臭いもの”を元から絶たない限り、この「クリスマス島の悲劇」はまた繰り返される…..。


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/sydneyreport/146109
ツイッター
カレンダー
<<2010年12月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
最近の記事
12/01 05:30 坂本龍一さんに「国際映画製作者連盟賞」
11/01 08:55 茶畑に羊とアルパカ現る!
10/23 13:28 豪の空港に珍客出没!
10/19 14:21 豪国際モーターショー。お色気韓国vs大人演出の日本
10/17 11:21 豪で原爆展、地元女子高生らが千羽鶴
10/15 18:07 オバマは豪首相のスピーチに学べ!
10/13 14:07 オーストラリアの新聞に日韓2人の有名人」が..
10/11 03:40 日中韓が仲良く豪でアジア文化祭
10/10 03:58 豪首相、南三陸町長との再会喜ぶ
08/06 16:24 広島で被爆の女性、豪州で追悼の墨絵
08/06 16:12 ニューカレドニア日本人移民120周年
07/20 05:18 天国に一番近い島と日本人移民
06/18 13:46 決戦ブリスベンの乱
06/06 08:59 中国の元外交官が語る情報活動の実態
05/29 05:25 美しすぎるタイ首相が来豪
05/16 11:38 “世界一の朝食”作る日本人料理長
04/06 12:47 3・11が世界に遺したモノ
04/01 19:34 世界各国で「アースアワー」
03/22 07:19 中国の未来はアフリカにあり!
03/17 08:50 あの「ヒーロー」たちが被災地を救う!
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved