このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
SOOサンの航空通受験体験記(よもやま話)その5
[SOOサンの航空通受験体験記]
2012年3月30日 14時27分の記事

今回は、無線工学もほぼ終わり、「法規」へと取りかかられます。SOOサンには、申し訳ないのですが、後日談として試験で「法規」に苦労されたそうです。法規の勉強に仕方を合わせてお読み下さい。

【PR】電話相談システム開発ならイーステム


         SOOサンの航空通受験体験記
             (よもやま話)その5

呟き9:最後のヤマだ

いつものように全体を大まかに眺め一言…「最後のヤマだ」…特
に「コイル」と「コンデンサ」を使った発振回路云々は、「交流回路
」の「キモ」…

15日までじっくり時間をかけて履修する事に決める。

今日まで「法規」は全く無頓着…「無線工学が終わってからひた
すら読み込んで覚えよう」と決心。

発振回路は例によって、説明文の図化や計算式の日本語表現
等にて3度繰り返し履修…

いつも通り「説明文の平易で細やかな表現」に助けられる。
共振回路は必ず出題される重要トピック…「確実な理解」が必須


なんとか「最後のヤマ」を超えられたか…試験まで約40日…試
験までの予定を決める。

 ・合格塾の講習内容をリアルタイムで履修
 ・1月の残った半月は「法規」の履修
 ・2月の平日を「無線工学」の「おさらい」…まとめたノートを中心
  に
 ・2月の週末を「無線工学、法規過去問題の取り組み」その結果
  による「おさらい」

1月の残り時間が少ないが「法規」にいよいよ取り掛かる…



呟き10:事象をイメージしながら覚えよう

法規の場合、「法令文」をすべて暗記してしまえばきっと良いのだ
ろうが、それは限りなく不可能…
また単なる「暗記」では「覚えにくい」だろうと思案…

明らかに覚えることが必要な事は「暗記」するのはもちろんだが、「
法律」というのは突き詰めれば、対象となる事項についての「義務
」、「禁止」、「許可」を定義しているものであろう…と考え、具体的な
「事象をイメージしながら覚えよう」と試みる。

「読み込み」、「講習内容のマーキング」と「メモ」で進める。
また「メモ」は「付箋紙」を使い法規のプリントアウトに張り付ける。
「無線工学」の時のような「達成感」は感じられないが、「法令の存
在意義」を感じる部分もあり、「なるほど」と思わされる部分も…

−−−次回に続く−−−

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/toita_1day/201482

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved