このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
この記事は、有料記事です。
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第27期無線工学第5章FM送受信機 (4)FM受信機の構成
2020年11月18日 9時30分の記事
 
              第6章FM送受信機
              (4)FM受信機の構成

今回お話をしますFM受信機の構成は  お話を簡単にす
る為に現在主流となっていますダブル・スーパー・ヘテ
ロダインでは、なくシングル・スーパー・ヘテロダインでお
話をします。
お話の内容は、 AM(DSB) 受信機と基本的な部分は、
同じですが  FM受信機特有の回路が有ある事と特性が
一部違います。その違いを理解して下さい。


  

この後の説明で太字の部分は、FM特有の物又は  DSB
の物とは、特性が違う物です。その他は  DSB 受信機の
復習にご活用下さい。

1.高周波増幅器
  空中線で捉えた微弱な電波 (空中線の長さにより受信
  出来るおおよその周波数が決まります。)の内 目的の
    周波数を増幅する回路です。
    
2.局部発振器
  高周波増幅器で増幅した目的の周波数の電波を中間
    周波数に変換する為に使われます。
  目的の周波数より中間周波数だけ高い周波数又は、
    中間周波数だけ低い周波数を発振します。

3.周波数混合器
  受信を希望する周波数を fo とします。  局部発振器
    で発振する周波数を f1とします。そして中間周波数
    を IF1 とします。

    IF1 = f1 − f0 

  小学校の理科で周波数の近い2 つ音さを同時に鳴ら
    しますと 音が大きくなったり小さくなったりを繰り
    返していた事を経験されたと思います。
  これをビートと呼びます。
  このときの音の大きさの変化を ビート周波数と言い
    ます。ビート周波数は、二つの音叉の周波数の 
    す。

  中波周波数をビートとして作り出すのが 周波数混合
    器です。

送信機と受信機では  搬送波の周波数を変える方法の違
いが重要ですので、ここで整理しておきましょう。
 
搬送波の周波数を変える方法



続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。



[受験クラブより]

貴方の受験される航空無線通信士は、自己投資に値しない
資格なのでしょうか?
新コロナ・ウィルスで中々外へもだ掛けられい
今だからこそ、受験勉強をしてみるのも良いの
では、ないでしょうか?


合格を手にするかどうかは、貴方次第なのです。


「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えていますか

本文には、見本部分の数倍の重要な記事が書いて
あります。
特に2月期の試験は、航空大学校の入学や就職にと大変
重要
な試験になります。
独学が難しい事は、特集記事でお話した通りです。
試験迄は、思った程、時間がありません。
時間を無駄にして後悔されない様、是非、本文をお読み下
さい。
都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[50ptでこの記事を購入する(確認画面へ)]
[カテゴリ:無線工学]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]





Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved