このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
この記事は、有料記事です。
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第27期無線工学第章通信方式その他 (2)GPS
2020年11月24日 9時30分の記事
 
                       第章6通信方式その他
             (2)全世界測地システム(GPS)


今回は  皆様が携帯電話や車に使用されている事でご存
じのGPSについてのお話です。
GPS は 位置を知る為の装置である事は、皆さまご存じの
事と思いますが、文系の方の思考からすれば、 ”何故、位
置が分かるのか?” 等と言う事は、考える必要もなく、使
えれば良い。又は、”GPSだから位置がわかる”と存在自体
を肯定するところからお考えの事と思いますが  今期の講
座の最初にもお話をしました様に工学の試験を受ける以上
、理系の人間の様に”原理は、どうなっているのか?”と考
える習慣を身に着ける事が必要です。

GPSは、衛星側にある送信機地上にある受信機で構成さ
れる測地の為の装置(システム)です。
通常、皆さまがGPSと呼ばれる装置やGPS機能を備えたス
マフォ等地上にある装置は、みなGPSの受信機です。

それでは、なぜ、GPS受信機を持っているとそのGPS受信
機の位置が分かるのでしょうか?

私事ですが、商社勤めをしておりまた頃、日本には、GPS
がまだ、有りませんでした。
そんな頃、その商社で、地震研究用にGPSを扱う事となり
ました。
その商社は、GPSに限らず日本に無い科学用電子機器の輸
入をしていましたので、GPS以外にも沢山面白い電子機器
を扱っておりました。
当時、私は、直接GPSの担当でなかった事と多忙であった
事もあり第1級陸上無線技術士の資格を取る迄その仕組み
を知る事もありませんでした。
最近では、GPSがあまりにも身近すぎて、衛星を利用して
いる事さえ意識されていない様な気がします。
GPSは、アメリカの軍事衛星を使用した測地システムなの
ですが、ロシアや中国、欧州連合、インドには、衛星を用
いた別の測地システムがあります。
GPS とは、アメリカが提供する測地システムの1つなので
す。
それでは、GPSの仕組みをお話します。

[GPS(Grobal Positioning System )とは]
GPS は、先にお話しをしました通り、アメリカ軍が打ち上
げた衛星を使用する高精度の位置測定システムです。
皆様が携帯や車で使用しているGPSは、アメリカ軍が 打ち
上げた衛星を利用しています。

[GPSの概要]

上の図の真ん中の球体は、地球だと思って下さい。
その周りに6つの楕円が有りますが、これは、人工衛星の
軌道です。



続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。



[受験クラブより]

貴方の受験される航空無線通信士は、自己投資に値しない
資格なのでしょうか?
新コロナ・ウィルスで中々外へもだ掛けられい
今だからこそ、受験勉強をしてみるのも良いの
では、ないでしょうか?


合格を手にするかどうかは、貴方次第なのです。


「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えていますか

本文には、見本部分の数倍の重要な記事が書いて
あります。
特に2月期の試験は、航空大学校の入学や就職にと大変
重要
な試験になります。
独学が難しい事は、特集記事でお話した通りです。
試験迄は、思った程、時間がありません。
時間を無駄にして後悔されない様、是非、本文をお読み下
さい。
都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[50ptでこの記事を購入する(確認画面へ)]
[カテゴリ:無線工学]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]





Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved