このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第28期受験直前講座 (6)自由空間の特性
[無線工学]
2021年7月19日 9時30分の記事

             第28期受験直前講座
              (6)自由空間の特性

今回は、自由空間における平面波についての演習問
題を出題致します。
今回の問題は、難しいので第1章 "自由空間" につい
ての復習をしてから臨んで下さい。
この問題は、比較的、新しい問題ですが長い間隔をお
いて定期的に出題されています。
内容は 上級試験にも通ずるもので 暗記では、対応出
来ないものになっています。
解答と解説は、次回、行いますので、 理解する事で、
確実な知識として下さい。
それでは、問題です。


[演習問題8]
次の記述は、自由空間における平面波の伝搬につい
て述べたものです。 (   ) 内に入れるべき字句を下の
番号から選んで下さい。 ただし、平面波の位相速度を
 c [m/s] 、周波数を f [Hz] 及び 波長をλ [m] とし、
自由空間の誘電率を ε[F/m] 及び透磁率をμ[H/m] 
します。


続きは、続きを読むをクリックしてお読みください。
全文無償で公開しています。

[受験クラブより]

貴方の受験される航空無線通信士は、自己投資に
値しない資格なのでしょうか?
新コロナ・ウィルスで中々外へもだ掛けられい今だ
からこそ、受験勉強をしてみるのも良いのでは、な
いでしょうか?


合格を手にするかどうかは、貴方次第なのです。


「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えて
いますか?

本文には、見本部分の数倍の重要な記事が書いて
あります。
特に2月期の試験は、航空大学校の入学や就職に
と大変重要
な試験になります。
独学が難しい事は、特集記事でお話した通りです。
試験迄は、思った程、時間がありません。
時間を無駄にして後悔されない様、是非、本文をお
読み下さい。



【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


             第28期受験直前講座
              (6)自由空間の特性

今回は、自由空間における平面波についての演習問
題を出題致します。
今回の問題は、難しいので第1章 "自由空間" につい
ての復習をしてから臨んで下さい。
この問題は、比較的、新しい問題ですが長い間隔をお
いて定期的に出題されています。
内容は 上級試験にも通ずるもので 暗記では、対応出
来ないものになっています。
解答と解説は、次回、行いますので、 理解する事で、
確実な知識として下さい。
それでは、問題です。


[演習問題8]
次の記述は、自由空間における平面波の伝搬につい
て述べたものです。 (   ) 内に入れるべき字句を下の
番号から選んで下さい。 ただし、平面波の位相速度を
 c [m/s] 、周波数を f [Hz] 及び 波長をλ [m] とし、
自由空間の誘電率を ε[F/m] 及び透磁率をμ[H/m] 
します。

 (1)  c は、c = fλ [m/s] で表される。 その値は、約(
       ア ) [m/s] である。
(2) c を ε と μ で表すと、 c = ( イ )となる。
         
(3) 位相定数βは、( ウ ) [rad/m]で表され、1[m] 当
      りに変化する位相量を表す。
(4) 任意の点における 電界強度 E [V/m]と磁界強度
   H [A/m] の比  ( エ )は、自由空間固有
   インピーダンスといい、その値は、ほぼ ( オ ) [ 
   Ω] 。
(5) 電界E と磁界H が画面上に 図に示す関係にある
   とき、電波は、画面の ( カ ) の方向に進む。
   


座標は、右手系で上、左、奥方向を”+”とします。


 1 3x10^10  2  75π      3 εμ [m/s]
 4  π/λ   5    E/H        6   表から裏
 7 3x10^8  8  1/sqrt(εμ) [m/s]
 9  H/E        10   2π/λ   11 120π
12 裏から表  

※ sqrt() は、( ) の中の平方根を表します。
※ 電界と磁界の関係は、試験では  左手系で描かれて
  いますので、Hが右になっています。
    当ブログでは、右手系が 一般的ですので 右手系の
  図としました。

解答及び解説は、次回、行います。 

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/toita_1day/461303

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved