このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
この記事は、有料記事です。
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第29期無線工学第6章通信方式その他 (3)デジタル変調
2021年11月23日 9時30分の記事
 
                       第6章通信方式その他
                   (3)デジタル変調の
                          ASK、PSK、FSK

今回は、搬送波をデジタル信号で変調する方式の一種で
ある ASK 、 PSKそしてFSK についてのお話を致します。
"デジタル変調の ASK、PSK と FSK"は、 平成25年2月に
初めて出題された新設問題です。
よって、航空無線通信士向け無線工学の参考書には、 記
載されていないかもしれません。
航空無線通信士より上級の資格試験では、以前から出題
されていましたが、いよいよ、航空無線も デジタル化が近
づいているのか?と言う気がしてきます。
無線従事者試験において、重要な新設問題は、次の試験
や1回おいて、次の次に出題されるなど、出題の頻度が上
がります。
それでは、本題に入ります。

1.デジタル信号を電波で伝えるには?
パルスと聴きますとデジタルと思われる方もいらっしゃると
思いますが、アナログ信号の大きさにより、 パルス列のそ
れぞれの パルスの大きさや幅等を変化させたものは、 そ
の変化量が アナログ信号の大きさと 比例していますので
パルス変調はアナログです。

   パルス変調 ⇒ アナログ信号の変調
  (但し、搬送波を変調するのでなく、パルス列を変調す
   るもの。 パルス変調を電波で送るには、 パルス列の
   変調波で搬送波を変調する必要があります。)
     

   勿論、パルス変調を復調しますとアナログ信号が得ら
     れます。

   
それでは、デジタル信号で搬送波を変調するには、どの様
にすれば良いのでしょうか?
高周波電流をアンテナに加えますと電波として飛んで行き
ます。
その電波を受信しても受信側では、何の情報も得られませ
ん。
航空無線でも電波を出して何も喋らなければ、受信側では
、何の情報も得られません。
狼煙(のろし)を考えてみても ただ、煙が出続けるだけでは
、何の情報も伝わりません。
搬送波とは、狼煙の煙の様なものなのです。
狼煙を使って情報を伝えるには 煙の断続の仕方に 意味を
持たせなければなりません。
その他、実現性は、ありませんが、煙の量を変化させるとか
、煙の色を変える事も考えられます。
それでは、搬送波に意味を持たせる(情報を載せる)には、
どの様にすれば良いでしょうか?
それには、搬送波の どの様な要素を変化させられるかを考
えれば良さそうです。
ご存じの通り、 搬送波の元は、 高周波と言う高い周波数の
SIN波状に変化する交流の電流です。

 (1)搬送波の断続の仕方に意味を持たせる。
 (2)信号の大きさに比例して 搬送波の大きさを変え
    る。
 (3)信号の大きさに比例して 搬送波の周波数を変え
    る。
 (4)信号の大きさに比例して搬送波の位相を変える。
 (5)(2)と(4)の組合せ。

(1)は、今は、 無線の世界でも極一部でしか使用されなくな
りましたモールス信号がこれに当たります。


続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。



[受験クラブより]

貴方の受験される航空無線通信士は、自己投資に値し
ない資格なのでしょうか?
新コロナ・ウィルスで中々外へも出掛けられい今だから
こそ、受験勉強をしてみるのも良いのでは、ないでしょ
うか?


合格を手にするかどうかは、貴方次第なのです。


「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えていま
すか?

本文には、見本部分の数倍の重要な記事が書いてあり
ます。
特に2月期の試験は、航空大学校の入学や就職にと大
変重要
な試験になります。
独学が難しい事は、特集記事でお話した通りです。
試験迄は、思った程、時間がありません。
時間を無駄にして後悔されない様、是非、本文をお読み
下さい。


都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[50ptでこの記事を購入する(確認画面へ)]
[カテゴリ:無線工学]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]





Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved