このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第29期受験直前講座 (10)半導体の性質
[無線工学]
2022年1月24日 9時30分の記事

              第29期受験直前講座
               (10)半導体の性質

今回から  ”半導体・電子管・電子回路” に関する演習
問題を出題いたします。
出題範囲の種別名として  ”半導体・電子管・電子回路
”となっていますが、 ”電子管”については、 航空無線
通信士の試験には、出題されません。
大切なのは、”半導体”の原理と”電子回路” の動作原
理と増幅率等の計算です。
まず、半導体を理解するには、半導体の原理と半導体
から作られる一番基本的な素子である ダイオードを理
解する事が大切ですので当ブログで復習しておいて下
さい。


続きは、続きを読むをクリックしてお読みください。
全文無償で公開しています。

[受験クラブより]

貴方の受験される航空無線通信士は、自己投資に
値しない資格なのでしょうか?
新コロナ・ウィルスで中々外へもだ掛けられい今だ
からこそ、受験勉強をしてみるのも良いのでは、な
いでしょうか?


合格を手にするかどうかは、貴方次第なのです。


「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えて
いますか?

本文には、見本部分の数倍の重要な記事が書いて
あります。
特に2月期の試験は、航空大学校の入学や就職に
と大変重要
な試験になります。
独学が難しい事は、特集記事でお話した通りです。
試験迄は、思った程、時間がありません。
時間を無駄にして後悔されない様、是非、本文をお
読み下さい。




【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


              第29期受験直前講座
               (10)半導体の性質

今回から  ”半導体・電子管・電子回路” に関する演習
問題を出題いたします。
出題範囲の種別名として  ”半導体・電子管・電子回路
”となっていますが、 ”電子管”については、 航空無線
通信士の試験には、出題されません。
大切なのは、”半導体”の原理と”電子回路” の動作原
理と増幅率等の計算です。
まず、半導体を理解するには、半導体の原理と半導体
から作られる一番基本的な素子である ダイオードを理
解する事が大切ですので当ブログで復習しておいて下
さい。
半導体を 理解する為の 演習問題を出題したいのです
が過去問には、 残念ながらそれに 応える様な問題が
ありませんので 今回出題します 創作の演習問題に挑
戦してみて下さい。 次回の解答と解説の中で要点等を
お話いたします。

それでは、演習問題を出題いたします。
必要に応じて、当ブログで復習をしておいて下さい。

[演習問題15]
次の記述は、半導体について述べたものです。この内
、正しいものを”1”。誤っているものを”2”と答えて下さ
い。

1 シリコン (Si) やゲルマニウム (Ge) などの 単体結晶
   は、真性半導体である。
2 真性半導体に不純物として5価のヒ素(As)を加えると
   P形半導体になる。
3  P 形半導体の多数キャリアは、電子である。
4  N 形半導体を作るために真性半導体に 加える不純
  物をアクセプターと言う。
5  一般に、温度が上がると抵抗率が小さくなる。

解答と解説は、次回行います。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/toita_1day/468770

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved