このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
この記事は、有料記事です。
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第30期電波法規第3章無線局の運用 (7)無線設備の機能試験
2022年5月23日 9時30分の記事
 
                 第3章無線局の運用
               (7)義務航空機局の無線
                    設備の機能試験
          赤紫色の文字は、法規の用語の
            解説ページを参照して下さい。

今回は、義務航空機局 の無線設備の機能の維持と試験電
波の発射についてのお話です。
航空機局と書かずに、なぜ、義務航空機局 と書いてあるの
でしょうか?
是非、 当ブログの 「法規の用語解説」のページで調べてお
いて下さい。

それでは、 本日のテーマである 無線設備の機能維持のお
話です。
1.義務航空機局の無線設備の機能維持
1−1.飛行前の確認
 言われなくても当たり前ですが、飛行の前には、無線設備
  が完全に動作する事を確認しておかなければなりません。 
 もし、 無線が使えないとしたらどんなに怖いフライトになる
  でしょか?
 いや、その前に機体を滑走路へ移動する事も出来ません
 ネ。

1−2.定期的な機能試験
 1,000 時間の使用毎に 1回以上次の項目の試験をしなけ
  ればなりません。

 ・送信装置の出力
 ・送信装置の変調度
 ・受信装置の選択度
 ・受信装置の感度
 以上の項目が 無線設備規則で規定される性能である必
  要があります。

 ※感度とは  受信機がどの程度の弱い電波迄 受信出来
             るかを表す性能です。
 ※選択度    航空無線の電波の幅は、6 [kHz]です。 例え
            ば送信周波数が100 [MHz]としますと100 [M 
                   Hz] の周波数の上下に各 3 [kHz] の幅があ
            ります。受信機で受信できる幅が 100 [MHz]
            の上下3[kHz]なら問題がないのですが 受信
            機が受信する幅が、上下 各10[kHz]とします
            と受信周波数に近い別の局の通信が混じっ
            てしまいます。 目的外の通信が混じってしま
                   う事を混信と言います。 どれだけ、必要な周
                   波数幅だけの受信で済むかと言う事を 選択
                   と言います。
            選択される周波数幅の度合いと言う事です。

2.試験電波の発射


続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。



[受験クラブより]
2022年8月期向け第30期のシラバスは、当ブログの
特性上、同じ位置に掲載できませんのTOITAの「
航空無線通信士受験塾」
でご覧下さい。

貴方の受験される航空無線通信士は、自己投資に値し
ない資格なのでしょうか?
新コロナ・ウィルスで中々外へも出掛けられい今だから
こそ、受験勉強をしてみるのも良いのでは、ないでしょ
うか?


合格を手にするかどうかは、貴方次第なのです。


「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えていま
すか?

本文には、見本部分の数倍の重要な記事が書いてあり
ます。
特に2月期の試験は、航空大学校の入学や就職にと大
変重要
な試験になります。
独学が難しい事は、特集記事でお話した通りです。
試験迄は、思った程、時間がありません。
時間を無駄にして後悔されない様、是非、本文をお読み
下さい。


都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[50ptでこの記事を購入する(確認画面へ)]
[カテゴリ:法規]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]





Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved