このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
この記事は、有料記事です。
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第30期無線工学第6章FM送受信機 番外編〜FM送信機の構成その3〜
2022年6月27日 9時30分の記事
 
                  第6章FM送受信機
              (2)FM送信機の構成その3

前回は、位相変調器を使用してFM 変調波を作るお話をし
ましたが、 お分かりになりましたでしょうか?  式の展開は
、別としましても 音声信号を積分回路に通してから位相変
調をすると
 FM変調が得られる事だけは、 覚えておいて下
さい。
また、位相変調は、 音声信号の大きさと 音声信号の周波
瞬時周波数が広がってしまうと言う事も今回お話
をします IDC 回路に必要な知識です。


前回のお話がお分かりでない方は、 前回のお話を読み直
してから今回の記事をお読みください。

それでは、今回は、周波数逓倍器からお話を始めます。

 

3.周波数逓倍器
  この周波数逓倍器の目的は、 振幅変調の送信機と 同
  様に 発振器で発振した周波数を  送信周波数になる様
  に整数倍する事です。
  発振器で発振する高周波の 周波数は、 あまり高くでき
    ません。
   そこで 目的の送信周波数にする為に  整数倍するので
    す。
   例えば送信周波数が110.4[MHz] だとします。
   発振器の周波数が、9.2[MHz] としますと、

    
     9.2 [MHz] x 2 x 3 x 2 = 110.4 [MHz]

   の様に幾つかの逓倍器を用いて周波数を整数倍して元
    の発振周波数を高くします。
   この時の周波数総逓倍数は、12です。
  (試験では、この周波数総逓倍数求める問題が出題さ
   れる事が有ります
。)

  
   逓倍器はC級増幅と呼ばれる増幅器で増幅をします。
   本来増幅器は 信号の形を変えずに大きくするのですが
   、C級増幅は、効率良く増幅が出来る反面、出力信号の
    波形が入力の信号の形とは大きく変わってしまいます。
   
   波形が違うと言う事は歪を多く含んでいると言う事です
    。
   歪ませる事で元の信号(発振器で作る信号は  正弦波で
    す。)  の 2倍や3倍、4倍等などの基本波の周波数の整
    数倍の信号を含んでしまいます。
   その中から 目的の整数倍、例えば 2倍としますと C級増
  幅器の出力の負荷に2倍の共振周波数の共振回路を設
  ける事で 2 倍の周波数の信号だけを 取り出す事が出来
    ます。


続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。



[受験クラブより]
2022年8月期向け第30期のシラバスは、当ブログの
特性上、同じ位置に掲載できませんのTOITAの「
航空無線通信士受験塾」
でご覧下さい。

貴方の受験される航空無線通信士は、自己投資に値し
ない資格なのでしょうか?
新コロナ・ウィルスで中々外へも出掛けられい今だから
こそ、受験勉強をしてみるのも良いのでは、ないでしょ
うか?


合格を手にするかどうかは、貴方次第なのです。


「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えていま
すか?

本文には、見本部分の数倍の重要な記事が書いてあり
ます。
特に2月期の試験は、航空大学校の入学や就職にと大
変重要
な試験になります。
独学が難しい事は、特集記事でお話した通りです。
試験迄は、思った程、時間がありません。
時間を無駄にして後悔されない様、是非、本文をお読み
下さい。
都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[50ptでこの記事を購入する(確認画面へ)]
[カテゴリ:無線工学]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]





Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved