このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第30期受験直前講座 (2)リアクタンスその1
[無線工学]
2022年8月7日 9時30分の記事

                第30期受験直前講座
                (2)リアクタンスその1


今回から3 回に分けて電気回路で重要なリアクタンス
についての 要点と演習問題の出題をいたします。
解き方については、次回ご説明します。


<コイルのリアクタンス:XL
回路において電流の妨げとなるのは、 インピーダンス
:Zです。
皆様は、電流を妨げると聞いて抵抗:Rを思い浮かべる
方が多いと思いますが、それだけでは、電気回路の問
題を解く事は、出来ません。

抵抗は、直流回路においても交流回路においても 同じ
く電流を妨げます。


続きは、続きを読むをクリックしてお読みください。
全文無償で公開しています。

[受験クラブより]
2022年8月期向け第30期のシラバスは、当ブログの
特性上、同じ位置に掲載できませんのTOITAの「
航空無線通信士受験塾」
でご覧下さい。

貴方の受験される航空無線通信士は、自己投資に
値しない資格なのでしょうか?
新コロナ・ウィルスで中々外へもだ掛けられい今だ
からこそ、受験勉強をしてみるのも良いのでは、な
いでしょうか?


合格を手にするかどうかは、貴方次第なのです。


「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えて
いますか?

本文には、見本部分の数倍の重要な記事が書いて
あります。
特に2月期の試験は、航空大学校の入学や就職に
と大変重要
な試験になります。
独学が難しい事は、特集記事でお話した通りです。
試験迄は、思った程、時間がありません。
時間を無駄にして後悔されない様、是非、本文をお
読み下さい。


【PR】電話相談システム開発ならイーステム


                第30期受験直前講座
                (2)リアクタンスその1


今回から3 回に分けて電気回路で重要なリアクタンス
についての 要点と演習問題の出題をいたします。
解き方については、次回ご説明します。


<コイルのリアクタンス:XL
回路において電流の妨げとなるのは、 インピーダンス
:Zです。
皆様は、電流を妨げると聞いて抵抗:Rを思い浮かべる
方が多いと思いますが、それだけでは、電気回路の問
題を解く事は、出来ません。

抵抗は、直流回路においても交流回路においても 同じ
く電流を妨げます。
今回出題します  RL 回路においてコイルは、 導線で出
来ていますので、 直流回路においては、 ただの導線で
すが交流回路においては、 周波数によりその値が変わ
リアクタンス
になります。
リアクタンスは、 コイル または、 コンデンサーによる
流に対する抵抗成分
です

( コンデンサーの場合もリアクタンスは、 周波数によりそ
の値が変わります。)
コイルによるリアクタンスは、XL と表記します。
また、その値は、抵抗:Rが実数であるのに対してリアク
タンスは
、 虚数 になります。 その実数部分と虚数部分
のベクトルを 合成したものが
インピーダンス;Z です。

       ZR + j X

交流回路において 抵抗だけの回路が あったとしますと
その場合は、 虚数部分がありませんので Z = R  となり
ますが、この場合も R は、リアクタンスが”0”のインピー
ダンスになります。


注・・・図の番号が順不同になっています。

それでは、今回の演習問題のヒントです。
コイルのリアクタンス:XL は、

      XL = ω・L [Ω]
                  (ω= 2πf)

と言う事です。

[演習問題2]

[1] 図-2 の回路のインダクタンスは、3 [mH]です。
    電源の角周波数ω が1000 [rad/s] であったときの誘
    導性リアクタンス:XL を単位を含めて答えて下さい。
   
[2] 図-2の回路の合成インピーダンス:Zを求めて下さい。  
 
[3] 図-2の抵抗:R の値を求めて下さい。
   
※図-2でコイルのリアクタンスは、XLと表記しています。
 

解答と その導き方については、 次回お話をします。
また、次回は RC 直列回路でのリアクタンス:Xcについて
考えてみます。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/toita_1day/475949

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved