このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
この記事は、有料記事です。
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第30期受験直前講座 (3)LCR並列共振回路
2022年8月11日 9時30分の記事
 
             第30期受験直前講座
               (3)LCR並列回路

前回は、Rに L又は、RにC を直列に接続に接続され
ている場合を考えてみましが、今回は、R に C と Lが
並列に接続されている場合を考えてみます。


[直列回路と並列回路の要点]
1.直列回路
直列回路では、RとLとCが直列に接続されていますの
で、流れる電流:I、R でもLでもCでも同じです。
よって、グラフで基準の横軸にしています。
抵抗では、電圧と 電流の位相差がありませんので 抵
抗の両端電圧:RI も横軸上にあります。
インダクタンス:L の両端電圧は、電流に対して 90°(
π/2[rad] ) 進んでいますので縦軸の上側に:jωLI
きます。
そしてキャパシタンス:C の両端電圧は、電流に対して
90°(π/2[rad])遅れていますので両端電圧j(1/(ωC)・ 
I が縦軸の下に来ます。
下の図は、 jωLI (絶対値)> j(1/ωC)I (絶対値)とした
図です。
共振状態では、 jωLI (絶対値)  j(1/ωC)I  (絶対値)
となりますのでRI だけのグラフになります。




2.並列回路
並列回路では、Rと Lと C に同時電圧が掛かってい
ます。

注・・・図番が以前描いたものを使用していますので順番が前回
    の記事と連続では、ありません。


続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。



[受験クラブより]
2022年8月期向け第30期のシラバスは、当ブログの
特性上、同じ位置に掲載できませんのTOITAの「
航空無線通信士受験塾」
でご覧下さい。

貴方の受験される航空無線通信士は、自己投資に値し
ない資格なのでしょうか?
新コロナ・ウィルスで中々外へも出掛けられい今だから
こそ、受験勉強をしてみるのも良いのでは、ないでしょ
うか?


合格を手にするかどうかは、貴方次第なのです。


「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えていま
すか?

本文には、見本部分の数倍の重要な記事が書いてあり
ます。
特に2月期の試験は、航空大学校の入学や就職にと大
変重要
な試験になります。
独学が難しい事は、特集記事でお話した通りです。
試験迄は、思った程、時間がありません。
時間を無駄にして後悔されない様、是非、本文をお読み
下さい。
都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[50ptでこの記事を購入する(確認画面へ)]
[カテゴリ:無線工学]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]





Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved