このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
この記事は、有料記事です。
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第31期電波法規第1章総則 (1)電波法の目的
2022年10月1日 9時30分の記事
 
           第31期電波法規第1章 総則
               (1)電波法の目的
          赤紫色 の文字は、法規の用語解説
           のページを参照して下さい

今日から2023年2月期向けの電波法規のお話しを
始めます。
当講座は、試験に出題される事が多い範囲からお
話しを始めていますので、講座開設の当初は、「無
線局の運用」から お話しをしていましたが 「無線局
の免許」を先にお話しした方が、無線局の運用を開
始する事の大変さを ご理解頂く事が出来ると 判断
致しまして 「無線局の免許」 を先にお話をする様に
なりました。
しかし、無線従事者試験の最高峰である第1級陸上
無線技士の受験指導では、「総則」から 講義を始め
ています。
その理由は、「総則」に電波法の理念が書かれてい
るからです。理念を理解した方がその後の各章でお
話する内容が理解しやすくなるためです。
以上の理由により、当講座も総則からお話をする事
と致しました。
又、前期からは、 ”無線局の運用”の範囲から毎期
50%以上出題されている事から”無線局の運用”で
扱う内容のお話の為、 2021 年迄の講座の2倍の時
間を取る様に致しました。
今までは、受講生の方の#160;積極的な自習に委ね
ていた部分です。

それでは、総則のお話を始めます。

1.総則とは?
   ここ迄、何度か、総則 と言う言葉が出て来ました
    が、何の事だろうとお思いの方が多いと思います
   。
  総則とは、あらゆる規則の最初の章です。
  総則は、以下の2つで構成されています。

  (1)総則が書かれているその規則の目的
  (2)総則が書かれている規則に出てくる
     用語の説明

    (1)は、 "何の為に制定したものか" と  " その適
    用範囲"が書かれています。
    (2)は、 その規則を読む人の全ての人が 同一の
      解釈が出来る様に用語の説明がされています。
      何年か前にある研究所の一職員が虚偽の研究
    発表をした事がありましたが、 その問題に 関し
    て研究者と法律家の間で議論した時、議論がか
      み合わなかった事が ありました 。
     その理由は、人によって出て来る用語の解釈が
      違った為でした。 ある事を それぞれの専門家に
     より 議論をする際、 議論の対象となる分野に出
     て来る専門用語は、参加者の間で共通でなけれ
     ばならないのです。
      電波法は、用語の定義がされた初めての法律だ
      った様です。
     電波法は、電波に関わる基本法ですので 基本と
     なる事は、書かれていますが 社会や技術の進歩
     により法律自体が合わなくなる事があります。 そ
      の為、詳細は、電波法施行令等や電波法施工規
      則等の政令や規則に詳細を定めています。
      ただし、それらの政令や規則は、電波法から外れ
      たものであっては それらの政令や規則の根拠が
      なくなりますので、効力がなくなります
      。

 2.電波法制定の背景

続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。



[受験クラブより]


貴方の受験される航空無線通信士は、自己投資に値し
ない資格なのでしょうか?
新コロナ・ウィルスで中々外へも出掛けられい今だから
こそ、受験勉強をしてみるのも良いのでは、ないでしょ
うか?


合格を手にするかどうかは、貴方次第なのです。


「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えていま
すか?

本文には、見本部分の数倍の重要な記事が書いてあり
ます。
特に2月期の試験は、航空大学校の入学や就職にと大
変重要
な試験になります。
独学が難しい事は、特集記事でお話した通りです。
試験迄は、思った程、時間がありません。
時間を無駄にして後悔されない様、是非、本文をお読み
下さい。

都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[50ptでこの記事を購入する(確認画面へ)]
[カテゴリ:法規]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]





Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved