このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
この記事は、有料記事です。
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第31期電波法規第1章総則 (2)用語の定義
2022年10月2日 9時30分の記事
 
            電波法規第1章総則
             (2)用語の定義他
         赤紫色 の文字は、法規の用語解説
          のページを参照して下さい

前回は、”総則” の重要性と第一条の ”目的”(電
波法の目的)についてお話しをしました。
今回は、良く出題されます”定義”(用語の定義)に
ついてお話しをします。
なお、 細かい用語の定義は、電波法施工規則に
書かれています。
総則は、 重要ですので 再度、 全文を記載してお
きます。



目的
   第一条 この法律は、電波公平且つ能率的
    な利用を確保
することによつて、公共の福祉を
    増進
することを目的とする。

定義
   第二条 この法律及び この法律に基づく 命令
    の規定の 解釈に関しては、 次の定義に従うも
    のとする。
 一 「電波」とは、 三百万メガヘルツ以下の周波
       数の電磁波をいう。
 二 「無線電信」とは、 電波を利用して符号を送
       り、又は受けるための通信設備をいう。       
 三 「無線電話」とは、 電波を利用して、 音声そ
       の他の音響を送り、又は 受けるための通信
       設備をいう。
 四 「無線設備」とは、無線電信、無線電話その
       他電波を送り又は、受けるための 電気的設
       備をいう。
 五 「無線局」とは、 無線設備及び 無線設備の
       操作を行う者の総体をいう。但し、受信のみ
       を目的とするものを含まない。
 六 「無線従事者」とは、無線設備の操作又は、
       その監督を行う者であつて、 郵政大臣の免
       許を受けたものをいう。

電波に関する条約
    第三条 電波に関し 条約に別段の定があると
    きは、その規定による。

1.定義
 それでは、第二条の一項からお話しを致します。
 
 第一項”電波”
 ”電波”とは波の事ですのでので界と
 界で構成される事を言っています。
 そして、周波数は、三百万メガヘルツ以下として
 います。このまま、三百万メガヘルツと覚えれば
 、良いのですが分かりづらいですネ。これは、 3
 [THz] の事です。3 [THz]とは、赤外線の周波数
  です。
 そして、三百万メガヘルツ以下の以下とは、どの
 位の周波数迄をさすのでしょうか?
 これには 下限がありません。30 から 300[Hz]帯
  は、極極超長波(ULF)と呼ばれます。
 スピーカから音として出せば、聞く事が出来る重
  低音から低音と呼ばれる範囲でしょうか?
 この様な低い周波数の交流(高周波)でもアンテ
 ナにつなげば電波になります。

 第二項”無線電信”
 無線とは、”電波”の事を指しています。そして、
  無線電信とは、電波を用いて 符号を受けたり送
 ったりする為の電気的な通信設備を言います。   

 符号とは、一般的に モールス符号を指しますが
 、符号と名の付くものなら何でも良いでしょう。
 電波が使用される前までは、電線の中を流れる
 電流の断続による 電信での通信が行われてい
 ました。 現在、 この様な通信が行われているか
 どうか分かりませんが、有線を使ったものは、
 たとえ、高周波の断続でも、無線電信には、なり
 ません。

 第三項”無線電話”

続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。



[受験クラブより]


貴方の受験される航空無線通信士は、自己投資に値し
ない資格なのでしょうか?
新コロナ・ウィルスで中々外へも出掛けられい今だから
こそ、受験勉強をしてみるのも良いのでは、ないでしょ
うか?


合格を手にするかどうかは、貴方次第なのです。


「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えていま
すか?

本文には、見本部分の数倍の重要な記事が書いてあり
ます。
特に2月期の試験は、航空大学校の入学や就職にと大
変重要
な試験になります。
独学が難しい事は、特集記事でお話した通りです。
試験迄は、思った程、時間がありません。
時間を無駄にして後悔されない様、是非、本文をお読み
下さい。
都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[50ptでこの記事を購入する(確認画面へ)]
[カテゴリ:法規]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]





Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved