このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
矢切りの渡し、葛西神社(写真)
[国内旅行]
2010年12月3日 20時8分の記事

















酉の市参加の際の携帯写真

【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム


 毎年一の酉の市には葛飾区金町の葛西神社におか目の付いたお守りを買いに行きます。今年は11月3日のやや寒い日となりました。柴又帝釈天裏の江戸川堤に出て、矢切の渡しの写真も撮り、上流に銀輪を走らせ、JRの鉄橋と新葛飾橋を潜り、葛西神社に到着。
高砂(たかさご)の家から帝釈天までは自転車で15分位。帝釈天から葛西神社までは十分位。

画像1:柴又帝釈天裏の川魚割烹『川甚』傍の江戸川堤から矢切の渡しと国府台を望む

画像2:矢切りの渡しで向こう岸に渡り、高台にある文学墓の野菊の墓や里見城跡地の夜泣き石から京成国府台駅に抜けるコースも良い。勿論、京成柴又駅から帝釈天参道、山本亭、寅さん記念館を覗いてから。

画像3:やや上流に行くと、金町浄水場の取水塔。風天の寅さん映画のロケ地。寅さんには会えなかったが、御前様の笠智衆さんと庭掃除人の我次郎さんは門前ロケで見ました。

画像4:JRの鉄橋でこちら側が金町駅、千葉県側が松戸駅

画像5:葛西神社入り口

画像6:熊手売り店

画像7:神楽殿で、ここで葛西囃子などを行う

画像8:本殿に向う七五三の親子(携帯の調子が悪かったのかピントぼけで失礼)

 なお、葛西神社から土手沿いに上流へと徒歩10分位で都立水元公園です。広大な公園で次回には公園内の写真を掲載する予定です。

観光案内は検索で。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/tokuichit/143752
くる天
プロフィール
高木徳一の小説と詩(巨人戦)-ブロくる
小説家徳さん さん
高木徳一の小説と詩(巨人戦)
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:趣味 漫画・小説
ブログの説明:
毎月1日、15日前後に小説の執筆状況、歌謡詩、巨人戦を書き込みます。『ホンニナル出版』から自作の小説28作品(電子本1作品無料)と詩集2作品(電子本無料)がネット上に掲載中。ホンニナル出版のHPに入り、検索窓で高木徳一と入力。
カテゴリ
全て (215)
文芸 (183)
小説 (8)
自作小説 (1)
電子本 (0)
詩 (3)
自作詩 (2)
野球 (0)
国内旅行 (6)
アクセス数
総アクセス数: 46285
今日のアクセス: 2
昨日のアクセス: 5
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved