このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
アーバンクラフト静岡の良く解る工事事例-ブロくる
株アーバンクラフト静岡 さん
アーバンクラフト静岡の良く解る工事事例
地域:静岡県
性別:女性
ジャンル:暮らし 住まい
ブログの説明:
事例を元に分かり易い解説をしています
カテゴリ
全て (55)
アクセス数
総アクセス数: 5330
今日のアクセス: 3
昨日のアクセス: 0
RSS
外壁塗装はいつ?築何年後にすればいいの?
 
2016年5月15日 14時14分の記事



お施主様の疑問の一つに「外壁塗装は新築してから何年後にやればよいか」
と言うものがあります。
一般的には築後10年以内、理想的には築後6年前後と言われています。
これは主に窯業系サイディングに当てはまる基準です。
窯業系サイディングとはセメントに木片チップを混合したものです
70%以上の住宅に使用されています。
このサイディングは築後5年程度で新築時の防水性能が消失します。
そのあたりから雨水や紫外線の影響で壁質は劣化していき、築10年で
損傷が目立つようになります。
理想的に6年前後と言うのは損傷が起きる前に手を入れることで余分な修繕費や高価なリノベーション塗料を使わなくて済むからなのです。

またALCと言う発泡コンクリートの壁材では表面の塗装が切れると無数に開いた気泡穴から雨水が侵入し、壁厚の内部の金網を錆びさせます。
これが錆びると膨らんだ内部圧力で表面にヒビが入ります。
従ってこの壁材は6年前後に塗装することで本来の強さを発揮し続けるのでまだ美しく、痛みのないときが塗装のタイミングと言えるでしょう。

////////////////////////////
当初から遮断熱塗装の普及に努め
施工実績地域ナンバー1
総合リフォーム・設計&施工
株式会社アーバンクラフト静岡
054-256-7222 定休日(月)と第1、2(火)
静岡市駿河区下川原5-33-25 R-150沿いマイホームセンター前
///////////////////////////


【PR】電話相談システム開発ならイーステム



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/urbanurban0917/352948

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved