このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
【心が折れました‥】2013年4月
[仕事]
2013年5月6日 0時0分の記事



4月1日より、私の後任のM君が現場からやって来た。

そんじょそこいらの派遣の女の子じゃ隣のパートオバの嫌味に耐え切れないだろうし、
新入生くんじゃ、Kの攻撃に耐え切れない。

やはり会社もよく考えたものだ。
今年で5年目か6年目か位の男性社員を連れてきた。

だけど、やはり着て早々彼が一言言った。

「僕、もう心が折れました。」

Kから次々怒鳴られる。

「お前は一年かぁ?」

「現場何年おったんや?」

「ワシはチェックをしてくれ、って言いようるんじゃ!何でやらんのや?
理由を聞かせてくれぇや?
何でチェックせんのんか?」


【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム


まあ明らかに彼のチェックが足りずに金額のケタを間違ったりしたこともあった。
(これは最終チェックをしなければならない私のミスでもあるため、私も大怒られされたが‥)
だが、どちらかと言えば、私でも指摘されたことのないまるで重箱のの隅をつつくような
指摘が多い。

やれ工期が入ってないだの、新設か改修か解らんだの○期が入ってないだのまくしたてる。
彼はまだソフトのシステムもよく解っていないため自分のせいでなく、営業が入力し忘れていたようなこと
まで怒鳴られる始末だった。
私も実際そうであったが次々たたむ様に怒鳴られることでミスがミスを呼ぶ。

え?どうして?ここチェックしたはずなのに要らない付属品がついていたりして
益々自分はだめな人間だと落ち込む。

かわいそうだけど、君はまだいいと思うよ。
励ましてくれる私が居るから。(ちょっとかなり頼りないが)

「○○さん、よく2年間もここで耐えましたねぇ。僕もう駄目です。」

「大丈夫よ。私も耐えたけん、次の子(そんな奴居るのか?)来るまで頑張って。」

ここはKだけじゃなく、パートの嫌味と参与のOさんの怒鳴り散らしもあることに気づいてしまった彼はぽっちゃり気味だったけど少しスリムになってきた。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/yanaikun/252514
くる天
スライドショー
プロフィール
やないくん さん
日本の車窓から。
地域:秘密
性別:女性
ジャンル:日記 社会人
ブログの説明:
日本のとある車窓から見える面白い景色を紹介します。
この物語はフィクションです。
カテゴリ
全て (63)
生活 (6)
仕事 (48)
趣味 (1)
読書 (1)
アクセス数
総アクセス数: 38727
今日のアクセス: 3
昨日のアクセス: 23
RSS
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved