このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
一言居爺 さん
時事短評
地域:岡山県
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
 政治、社会、教育、生活などについて、問題視されることを中心に取り上げ、より良い解決策や方向付けを考える。
 
          



      
カテゴリ
全て (1)
アクセス数
総アクセス数: 2413
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 0
RSS
衆議院の解散について
 
2017年9月22日 16時54分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


【暗より明に前進】
一部の野党や評論家の皆さん、衆議院の解散は何故、どんな時にするのかご存じですか? 時の政権与党が、国会で不信任の攻撃を受けたり、国民に不人気の風潮を感じた折、選挙で国民に信を問うという、いわば、びくびく行為が解散なのです。
 それを、横暴だの、北朝鮮問題で厳しい時政治的空白をつくってよいのか、などの論評はまったく理解に苦しむ。横暴どころか、民主主義の最たるものではないか。また、政治的空白については、「内閣は、あらたに内閣総理大臣が任命されるまで引き続きその職務を行ふ」(憲法第71条)ことになっているので心配ない。
 ついでながら、北朝鮮問題は厳しいからこそ、安定政権に「国民の負託」という礎が必要なのではなかろうか。
 ともあれ、悪いけど、負け犬の遠吠えのように、また無責任な国民誘導は、天皇の国事行為にケチをつけるようにもとれますよ。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/masasi23740/391988
最近の記事
09/22 16:54 衆議院の解散について
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved