このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
Welcome!

チャネリング【宇宙Now light】皆様に寄り添います

ご案内
面白い話を織り交ぜながら出して行きます。皆様に寄り添いながら進めて行きます。

【価格設定について】

誰が見ても大丈夫そうな内容とデリケートな内容とでは、金額が異なります。

air_rank.gif

もっとご覧になりたい方へ
電子書籍
Amazon商品
最近の記事
03/30 12:34 2020年は弱り目に祟り目に注意しましょう
03/29 15:17 地震を予知する方法の中には人々の想念をキャッチする方法がある
03/28 22:33 意識体の宇宙人は何をしているのか
03/28 10:56 どのようにしたら真実が見抜けるようになるのか
03/26 20:51 新型コロナウイルスにかかる人とかからない人の違いは何か
03/19 18:55 ダウンロード版ブログ 天照大神 第104号
03/09 18:21 守護霊と宇宙人の会話
03/06 13:10 ダウンロード版ブログ 天照大神 第103号
03/03 14:09 宇宙人が見せる夢とはどのような夢か
02/25 18:48 ナショナリズムは誰が何の目的で作ったのか 他
CATEGORY
全て (507)
*時事(国内) (19)
*時事(海外) (10)
*宇宙人について知りたかったら (83)
*宇宙について知りたかったら (20)
*未来について知りたかったら (20)
*災害が怖いと思ったら (10)
*潜在的な能力を引き出したいと思ったら (33)
*人間関係で悩んだら (23)
*思考や感情が荒れて辛かったら (29)
*健康・美容について知りたかったら (16)
*お金で悩んだら (6)
*仕事について悩んだら (7)
*未来について知りたかったら (13)
*地震が怖いと思ったら (7)
*動物・虫・魚のことが知りたかったら (3)
*隠されている歴史を知りたかったら (16)
*日本のことについて知りたかったら (38)
*生・死について知りたかったら (6)
*生まれ変わりについて知りたかったら (13)
*魂について知りたかったら (4)
*チャネラー・サイキック・占い師に悩んだら (14)
*迷信や思い込みを無くしたいと思ったら (7)
*宇宙人が伝えている内容を知りたかったら (12)
*ちょっと面白い話 (3)
*天照大神とのチャネリング (43)
*このはなさくや姫とのチャネリング (1)
*統治者とのチャネリング (6)
*アンドロメダ銀河とのチャネリング (5)
*計画者とのチャネリング (1)
*無料記事 (9)
RSS
この記事は、有料記事です。
宇宙からの逃亡者
2020年2月17日 16時54分の記事

宇宙からの逃亡者



地球に逃げ込んだ宇宙人の話です。




コンテンツ




1. 地球、特に日本は逃げ込みやすい

2. 宇宙の家族は逃亡者にアクションを起こす

Q. 自分が逃亡者か、知ることはできるのか

Q. 地球人として生まれているのだから、故郷の星に帰らなくてもいいのではないか

Q. 自分で逃亡者だと気がつくものか

Q. もう地球人なのだし、本人の希望でもあるのだし、放っておいてあげてはどうか

Q. では、有無を言わざず、連れ戻せばいいのでは

Q. どのようにしたら、宇宙人だったことを思い出せるのか

Q. 星の名前までは分からないのでは

Q. 故郷の星へ帰ることを断ったら、どうなるのか

Q. 先ほど「あまり連れ戻せていない」と言っていたが

Q. プレアデス星人やオリオン星人、シリウス星人の逃亡者は連れ戻される確率が高いということか

Q. 「逃亡者が日本に多い」とは、まずいのではないか

Q. 逃亡者は日本で犯罪を犯していないのか

(5542文字)




 こちらの記事は『レジまぐ』でもご購読頂けます。





*光のグループのことを知りたかったら

*人間を操作している宇宙人のことを知りたかったら

*地球人に生まれ変わっている宇宙人のことを知りたかったら

購入をご検討の皆さまはご一読ください

都度課金記事
[900ptでこの記事を購入する(確認画面へ)]
[カテゴリ:*宇宙人について知りたかったら]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
★★★★

[このブログの評価を見る]




レジまぐ定期商品のご案内
チャネリング
定期購読のご案内
レジまぐ定期商品のご案内
PROFILE
⋆ 宣伝・セミナー・対面相談・勧誘なし

⋆ 専門用語は使用していません。子供でも分かるように書いてあります。
Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved