このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
アカアシチョウゲンボウ さん
アカアシチョウゲンボウ
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:暮らし 地域生活
ブログの説明:
日常で気づいたこと
カテゴリ
全て (2)
アクセス数
総アクセス数: 1023
今日のアクセス: 2
昨日のアクセス: 0
RSS
大気汚染
 
2013年5月3日 22時10分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



最近「大気汚染」と言う言葉をよく聞きます。大気汚染は、文字通り大気が汚れていることです。

私達は、常に空気を吸って生きている訳ですから空気はなくてはなりません。

空気が汚れ、汚れたその空気を吸っているのだとしたら、考えただけでもぞっとします。

人間だけではなく、自然界の動物や植物にも汚染した空気が与える影響は少なくないはずです。

汚染物質は、二酸化炭素や、有害な窒素酸化物、その他のものを指しますが、多くは自動車の排気ガスや工場から排出す煙に含まれます。

汚染物質は地球規模の問題である温暖化の原因ともいわれ、光化学スモックや酸性雨の原因になり、様々な環境問題を引き起こすことが分かっています。

汚染物質が出るのは、自動車や工場の煙など人為的な物が大部分ですが、人為的に発生したものではない自然界にも少しは存在します。

汚染物質を出さないのが一番であることは、明らかです。

問題は、私達の生活が深く関わる経済活動は、汚染物質を皆無にすることが簡単ではなく、どうしても物を生産したり活動することにより、微量の望まない物質を排出してしまう点です。

自動車の例でいうと、排気ガスは触媒を使用することによりエンジンから排出する汚染物質を減らすことができます。

昔の自動車は、今よりもたくさんの汚染物質を出していましたが技術の進歩により、その量はかなり減っています。

しかし最近は、PM2.5と呼ぶ非常に細かな粒子である汚染物質の一種が大きな問題です。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/akaashi/252305
最近の記事
07/13 16:48 大気が汚れてしまったら
05/03 22:10 大気汚染
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved