このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
撃沈!子の権現
[サイクリングコース]
2008年6月28日 21時51分の記事



ブログのネタに一度は行かねばならぬ子の権現。
マスターがリベンジに成功したという朗報を聞いて、今日行ってきました。

←よろしければクリックして応援お願いします!




【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


飯能市街を抜けて名栗路へ。
梅雨空で湿度も高いが、川沿いに出るとひんやりとした空気が気持ちいい。
小瀬戸を右折し、r50へ。
なるべく脚と心肺を温存すべくゆっくりペースで走るが、例の分岐点へ着いたときにはもう汗だくですっかり息が上がっていた。



しばし休憩した後、意を決して子の権現方面へ。

最初のうちは大した勾配もない集落を抜けていくが、あと2.何kmの標識の辺りからだんだんと坂がキツくなってきた。
ところどころウェットな路面はコケで滑るし。

ギアをファイナルローに落とし、ダンシングを織り交ぜて上っていくものの、心臓バクバクでほとんど止まりそうなスピード。

アスファルトからコンクリート舗装に変わってしばらくしたところで遂に力尽きて、痛恨の足つき!
見事撃沈と相成りました......orz

息を整えて改めて坂を見上げたが、この激坂上るのは、物理的いや生理的に無理ですわ...。
マスターの言うとおり脚力よりも技量の未熟さが問題だ。


↑一番の難所の激坂。ココさえクリアできれば子の権現は制覇できます。

クリートの嵌るところまで押し歩きした後、再登坂を開始して数百メートルでゴール。

登坂に失敗したので神には会えなかった...かわりに仁王像に渇を入れられた気がしたw。



分岐点まで下って、仁田山峠へ。
やっぱりBチームにはこっちのほうがお似合いだ。



ここから一気にビューンと下ってターニップへ。
相変わらずローディで賑わっておりました。
まだ食べたことのないパスタを注文。



モチロン、お約束のクラッシュドコーヒーゼリー・ローディ仕様(生クリーム3倍)も。



その後、緊急ミーティングのため立川のマングローブバイクスへ。

もう坂を登りたくなかったし、道もよくわからなかったので、R299−R463−R16−新青梅街道−五日市街道経由で向かったが、後から地図見たら結構遠回りだったようだw。

まかだまさんとうめさんが先着していた。
うめさんは風張林道を制覇してきたそうだ。
我がチームのエースは決まりですな。

シンジ店長にハンドルを若干上げてもらってポジション調整も無事完結。

まもなくかめさんも到着し、いよいよ来週に迫った富士エンデューロの作戦会議。
しかし、話題の大半はつくば耐久エンデューロ12時間がいかに過酷なものかだったような。

アレコレ歓談した後、帰りは一人ゆうたまをすべく多摩湖を通って帰着しました。



本日の走行距離  106.96km  
走行時間      4時間52分
最高速度      43.6km
平均速度      21.9km 
平均心拍数     143
積算走行距離    9281.4km


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント(投稿順)
1. まかだま 2008年6月28日 21時58分
お疲れ様でした〜
σ(・_・)は子の権現攻略は来年ですので
長期プランで逝きたいと思います(o゜◇゜)ノあぃ

 ■このコメントへの返信■
1. オビワン 2008年6月28日 23時19分
>まかだまさん
そうそう、手にも良くないからしばらく行かない方がいいよ。
一度でクリアされてしまうとショック大きいし(笑)


 

2. らんぱぱ 2008年6月28日 22時8分
確かに最後の激坂(崖)は尋常じゃないですよね・・・
しかし、1回足つきとはいえ、その後に仁田山峠を越えるっていう気合があるのがすごいっす!

 ■このコメントへの返信■
1. オビワン 2008年6月28日 23時24分
>らんぱぱさん
改めてAチームとの力の差を痛感しました。
あの崖は上りはもとより、怖くて下りも押しでしたw。
仁田山峠はターニップでデザート食べたい一心で越えました(笑)


 

3. れべる 2008年6月28日 23時8分
お疲れ様でした〜。
あそこの激坂は、ラインを間違えるとマトモに登れませぬ。
難しいのはそこだけなんですけどね。もちろん登りはキツいけど。

当方、今期最初の暑気払い。
これから飲み会で忙しくなるのか・・・・な?!



 ■このコメントへの返信■
1. オビワン 2008年6月28日 23時26分
>れべるさん
どういうラインとテクでならクリアできるか今度教えてくださいな。
と言っても当分行きたくないですが(笑)

暑気払い、いいですね。
今度よるたまでも是非!


 

4. GURI 2008年6月29日 0時10分
σ(^.^)も行くつもりは有るのですが、1人で行
ってもつまらないし、誰かいないとモチベーショ
ン下がりそうです(汗)

なので、もう一度行きませんか? ^^;

 ■このコメントへの返信■
1. オビワン 2008年6月29日 0時29分
>GURIさん
もう一度行っても到底クリア出来ると思えないし、第一GURIさんと一緒だとアプローチでヘタれちゃいますから(笑)
うひうひさんとご一緒にどうぞ。


 

5. しんすけ 2008年6月29日 0時16分
うむ...流石です。
やはり私とは精神が数段も上であられるようで...
私なら、子の権現なんて思い付くことさえありませんから。

 ■このコメントへの返信■
1. オビワン 2008年6月29日 0時34分
>しんすけさん
いえいえ、それはしんすけさんが数段も賢明だということに他なりません。
白石にも一度は行かねばなりませんね。あくまでネタとしてですが....。



 

6. おるべー 2008年6月29日 6時35分
ついに”あそこ”に逝っちゃいましたねー。(笑)
確実に進化の過程をたどってますなー!
あっぱれっす。

 ■このコメントへの返信■
1. オビワン 2008年6月29日 8時7分
>おるべーさん
やっぱり語る以上は一度は行ってみないとね。
己が進化してないことを再認識したことが一番の収穫かも。



 

7. row_kuma 2008年6月29日 9時41分
絶対やる気になってますよー!
白石の時は一緒に行きましょう!

 ■このコメントへの返信■
1. オビワン 2008年6月29日 10時43分
>row_kumaさん
またひとつリベンジリストが増えました...。
キャプテンにご一緒してもらう前にコソッと視察してこないと。
もちろんタマレンジャージは着ずに(笑)


 

8. うめ 2008年6月29日 11時9分
きっと内心は坂に目覚めてきていることを自覚してますよね!
私は坂は多少はよろよろと登れるようになってきましたが、平地はまだまだです。エースなんてとんでもありません(笑)。ただ、最年少として先輩方にかわいがられる(しごかれる?)だけです。(爆)。

 ■このコメントへの返信■
1. オビワン 2008年6月29日 11時46分
>うめさん
もうちょっと目覚めたいところですが、なんせエンジンが非力すぎて....。
うめさんの考え方、素晴らしいですねー。
特に最後の部分、しかと受け止めますぞ(笑)



 

9. MARU 2008年6月29日 18時49分
噂には聞いてますが、やはり白石とは比べ物にならない程の激坂なんですね。ブログネタにはなりそうですが近付かない方が身のためですね。

 ■このコメントへの返信■
1. オビワン 2008年6月29日 20時36分
>MARUさん
あまりに斜度がありすぎてヒルクライムの練習には不向きですし、難なくクリアできる人にとってはネタにもならないかもしれませんね。
強いて言えば、ココを経験しておけばどんな激坂に出会っても動揺しないというメリットが少しはあるかも。




 

10. えーじ 2008年6月29日 20時56分
おぉ〜、子の権現ですかっ。
白石にもチャレンジされるのですねっ。
「ネタのために」是非今シーズンは有間峠などにもっ。(^^)/

 ■このコメントへの返信■
1. オビワン 2008年6月29日 23時22分
>えーじさん
結果は予想通りでしたが、遂に行って参りました。
己の限界を超えているので気づきませんでしたが、有間峠もありましたね(笑)



 

11. 百舌 2008年6月30日 17時3分
子の権現、制覇おめでとうございます。当方7年前の10月に仲間7人と登った記録があります。押しも入って登山口から45分かかって、最後のほうは転倒寸前でした。足腰の神様のようで、特別に参道が厳しくなっているのでしょうか。仁王様のような太い足になりたいものです。白石を下山されたシンスケさんに会いましたが、足が太くて子の権現の仁王様のようでした。百舌の足の3倍くらいあります。きっと峠もヒュンヒュンと登るのでしょう。GR東面南から、清流、宿谷、鎌北、一本杉、猿岩、山女、高篠、白石、定峰、釜伏と楽しめます。百舌は競技登攀は捨てています。登れればいいやで、湧き水や景色の良いところでは休みます。仲間がみな勝負になってしまって淋しいです。では、また。快挙万歳。

 ■このコメントへの返信■
1. オビワン 2008年6月30日 17時48分
>百舌さん
いつもながら含蓄のあるコメントありがとうございます。
途中押しが入ったので制覇ではないのですが、そんなこと取るに足らないことかもしれませんね。
元々私も競技指向ではないので、坂を何分で上がるとかには興味ないのですが、一緒に走る仲間が皆体育会系なのでつられてしまってます(笑)
百舌さんのように景色や名所を楽しみながら登坂できるようになるにはまだまだ修行が足りないようです。



 

12. ずんどこ 2008年7月1日 0時6分
オビワンさん!ブログネタといおう目的達成です。少なくても1人。正しい道に導きましたです。

やっぱりココ。おそろしぃ。。。これまでいろんなところでここの激坂箇所の写真をみてきましたが、写真お上手です。決して近づいてはいけない場所ということがよ〜くわかりましたです。

 ■このコメントへの返信■
1. オビワン 2008年7月1日 7時9分
>ずんどこさん
二度目の撃沈はネタにもならんでしょうから、もうしばらくは近づかないことにします。
こんな激坂行った割にはあんまり疲れが残ってないなと喜んでたら、ようやく昨日になって脚やら腕やらが筋肉痛ですわ。いやはやタイムラグあり過ぎ(笑)


 

13. 鉄下駄 2008年7月2日 3時40分
久しぶりに拝見いたしましたが、相変わらずのようですね・・・。

 ■このコメントへの返信■
1. オビワン 2008年7月2日 18時51分
>鉄下駄さん
お久しぶりです。お元気ですか。
無謀にもヘタレのくせに分不相応な峠に足を踏み入れてしまいました。
登れそうな峠から徐々にレベルアップしていかないと駄目ですね。



 



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/cycling/41158
くる天
プロフィール
おとなのサイクリングライフ-ブロくる
オビワン さん
おとなのサイクリングライフ
地域:埼玉県
性別:男性
ブログの説明:
晴れた日はサイクリングに出かけよう!
坂嫌い、風嫌い、ロングは苦手なわがまま半世紀少年ローディーの奮闘記。
タマレンジャー・オーバーフィフティーズ所属
愛車紹介
LOOK 586 rsp

ANCHOR RFX8 Equipe

GIANT ESCAPE R3

LOUIS GARNEAU LGS-FIVE 

SPECIALIZED SIRRUS ELITE

気になる写真をクリック!
ブログ内検索

カテゴリ
全て (976)
サイクリングコース (592)
訪れたところ (33)
ファントゥライド (58)
ウェア、アクセサリー (171)
サイクルショップ (4)
思い出 (9)
自転車選び (32)
ダイエット (15)
アクシデント (9)
本、DVD (5)
自転車ネタ以外 (25)
最近のコメント
走り納めは帝釈天(オビワン)
走り納めは帝釈天(Tomoko)
走り納めは帝釈天(らんぱぱ)
走り納めは帝釈天(GURI)
シューズカバーを買いに(オビワン)
シューズカバーを買いに(takecy)
シューズカバーを買いに(takecy)
シューズカバーを買いに(takecy)
晩秋の鎌北湖(オビワン)
晩秋の鎌北湖(MARU)
最近の記事
01/14 17:04 鎌北湖往復
01/09 19:01 雨が上がった後に
01/08 15:37 雨が降り出す前に
01/04 15:14 2017走り初め
12/30 18:04 走り納めは帝釈天
12/12 01:00 結婚おめでとうパーティ−&DBK忘年会
12/04 20:21 シューズカバーを買いに
11/26 20:20 晩秋の鎌北湖
11/20 22:50 DBK紅葉ライド
11/12 22:26 DBK本牧珈琲ライド
お気に入りリンク
・TAMARANGER掲示板
・カニヤスポーツグラスセクション
・高度1メートルの有視界飛行
・サイクルファクトリーアライ
・ブリジストンアンカー
・なるしまフレンド
・ワイズロード
・サイクルプロショップセキヤ
・【トシノコーヒー】自家焙煎blog
・ストレッチ&コンディショニング
・サイクルスタイルカフェ
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved