このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
18枚目
[オリジナル(キャラクター・作家もの)]
2006年10月12日 16時22分の記事



引き出しの奥底に眠っていたのを発掘。
青い染料が何度洗っても滲みでてくるということは未使用らしい。
「大和屋千万甲(ちまき)」と書いてありました。
多分お琴の先生だと思う。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント(投稿順)
1. Mieko  2009年4月21日 17時10分 [返信する]
「大和屋千万甲」この方はお琴の先生ではありませんよ、かつて浅草名物として木馬亭で「安来節」が大流行、そのときの初代の座長が「大和屋八千代」千万甲さんはその方の弟子になる方です。二代目 大和屋さんは今も健在です。

 

2. りっか* 2010年2月7日 11時39分 [返信する]
>Miekoさま
情報ありがとうございます。
たんすの奥に眠っていたものでよくわからなかったので。

 


◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/ninelives/16351
くる天
カレンダー
<<2006年10月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
カテゴリ
全て (114)
かまわぬ (6)
梨園染 (13)
kenema or 気音間 (5)
オリジナル(キャラクター・作家もの) (34)
不明・その他 (21)
地方土産 (15)
手ぬぐい以外 (4)
おまけ (3)
くる花
最近の記事
02/07 11:33 100枚
10/19 17:27 99枚目
10/18 14:26 98枚目
08/21 11:07 97枚目
07/13 14:45 96枚目
07/12 14:44 95枚目
07/11 14:41 94枚目
04/18 23:01 93枚目
04/17 12:19 92枚目
03/29 21:23 91枚目
アクセス数
総アクセス数: 131760
今日のアクセス: 9
昨日のアクセス: 68
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved