このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
ツカモト トモコ さん
彼女が欲しいプレゼント
地域:群馬県
性別:男性
ジャンル:仕事 アルバイト
ブログの説明:
彼女が欲しいプレゼント
カテゴリ
全て (2)
アクセス数
総アクセス数: 145
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 0
RSS
一世の心清き蓮の如しを許してくれた
 
2020年7月28日 17時15分の記事



【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


その日、ひあぜ道は軽く寒くて、云は半分を過ぎて、風は波瀾を起こしました。 私は船に乗って愿い、時間湖面に寄りかかって、心蓮を咲かせた、 あの夜、古い梦は烟のようで、夜が更けて、月の影が絡みついて、私は1粒の懐かしさを摘んで、心の灯に火をつけて、あなたの瞳の前に映します。

時間の転々と、そっと瞳の中の凝った無言を拭いて、あの歳月の中でそっと遠くて、懐かしさを持って、淡い光の輪、静かに充満して、烟のようで、幻のようで、嵐のようです。

寂しい心の念、長い夜のカーテンを包んで、歳月の奥の冷たさを持って、寂しい目を浮かべます。 一筋の憂うつな、淡い恋しさ、よちよちと心の田に落ちて、また1回心の底のあの軽い柔らかさを痛めました。

光陰がどんどん過ぎて、あぜ道がふさがれて、一度足を止めて肩を拭いて、1段の梦のような塵縁をぼやかしました。 1粒の素愿いをつまんで、1輪の清浅を拾って、1池の禅意の安然を期待して、軽守歳月の静かな心園。

軽く歳月の指先を漕いで、1回のうららかな初見、軽く踊って年の美しさを流れて、一筋の心を持って暖かくて、軽くて柔らかで美しい甘さ。 花の茂みの中に落ちたあのにっこりとした笑いは、世界で最も美しい絵巻になっている。 心泉をすくって、私のすべての期待を注入して、水月生香の安暖を養う、 1粒の生命の中で大切に保管しているロマンチックを摘んで、一樹の花のきらびやかな花を握って、軽く歳月を詩のような安然。

その年、静かな軒を出て、庭を約束して、あなたは花の香りが暖かく送って、春の色が園いっぱいになって、後に叶が落ちて花が残って、秋水が長くなったと言います、 あの日、青々とした麦畑をまたいで、肩を并べて、私は東風双燕、情が綿々としていると言いました、 後に一人で枕をして、夢のひぐらしを送ります。

花は塵を咲かせ、暖かく出会った。浮世の塵の中に埋もれていた深浅は、もともと前世の菩提樹の下の縁だったのかもしれない。 もし再び仏の前に愿いをかけたら、眠っていた心蓮を再び呼び覚ますことができますか? 花は愿い通りに咲いて、いつになったらあの実のない釈然としたことを実らせることができますか? あれらの歳月の中でひっそりと隠れた輝きは、まだ繁華を過ぎた塵縁を続けていますか? 誰が私の一世の心が蓮のように清らかであることを

少し心配して、季節の曲がり角の縁をうろついて、あのひと目のにっこりとした瞳で、壊れやすい年の流れを軽く守っています。 そっとあの光り輝く心の底の暖かさを握って、雨が綿々としていても、氷河雪原であっても、あなたが安らかで暖かいならば、晴れの日です。

夜は眠れない、月の影は暗くて、落花は残って、誰が感傷的ですか? 心に落ちた花びら、誰がそっと拾うの? 1部の思いを送って、千回百回、 心配事を訴え,魂は夢の周りに引っ張られている。。

雨は涙のようで、季節の感傷を隠しきれないようだ。 一巻きの雨のカーテンが,一連の思いを垂らして,空の果てに落ちてきた.。 首を長くして、着たいと思って、1本の心の傘、とっくに天涯の彼岸まで支えています。

雨打庭軒,愁落眉間,散了一地花びら,弄了一身衣衣……誰許我一世心清如蓮?

年の流れは浅く,歳月の蔓延を阻むことはできない。 一枚の素紙を敷いて、一城の春暖を録って、かつての線香花火を一枚、筆の先まで墨を執る花を咲かせる。 一日一緒に、三世の紅顔、君の一愿を得て、君の千年を思って、誰の誓い、また誰の行間に書きますか? 誰が私の季節の窓の前に座っていますか。 誰がまた私のもろい心の琴線をひっぱるのか? 私の一世の心は蓮のように清らかであることを許し

1粒の時間をひねって悠然として、1段の歳月を携えて安暖して、1筋の清らかで浅くて、絡み合って知っている発端。 帆の塵の縁を座礁させ、船の落花の年を降ろし、秋風に吹かれ、秋水にさらさらと流れる。 その瞬間、永遠に……私の一世の心が蓮のように清らかになることを許します。
WMラブドール:https://www.riarurabu.com/wmdoll
集散の間には、すでに万水千山、お互いの世界にはもう絆がない。 淡々としたものを手に取り、歳月の奥深くに重ねられた悠然としたものを手に取り、弱い水とお茶の半分を冷たく暖める必要はなく、一口だけ清らかで淡々としたものをすする、 悲しい歌は曲の半分を恨んで、悲しみと歓喜に関系なく、ただ1つの軽く浅いことを聞くことができます。 浮世は繁雑で、私と染まっていない、 月が欠けて満月になるのは、私には関係ない。 浅い笑いの間に、ただ初めて見たことを読んで、素心は暖かくなる。 軽喜の間、心の琴線を動かさず、私の一世の心は蓮のように清らかであることを許してくれた。

心は冷えやすく、人は変わりやすく、今生出会って、山は高く、水は遠い、 前世に借りがあるのは,すべて往世の縁である。。 パッとため息をついて! あの季節のために花が咲いてたけなわの感傷まで、それともあのかつて柔らかな情の水のような絶塵痴恋のためですか?

年は遅くなり、時間の沈殿は、すでに浮世の塵をきれいに洗っていた。 そのちぎれた写真も、歳月をかけて復元され、新たにはめ込まれている。 歳月のローラーは、かつての遺憾を、余裕の平然に精製する。 ショーケースに并ぶ懐かしさは、風に吹かれて散って、ショーケースに并ぶすべての懐かしさは、永遠に歳月が与えた最も美しい釈然としたものになります。 ただ一つの願いを残して、空が高くて雲が薄くて、白い雲が広がっているのを見て、一心に水の雲の間だけに向かっています。 私の一世の心は蓮のように清らかであることを許し

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/opwweo582/447624
最近の記事
07/28 17:15 一世の心清き蓮の如しを許してくれた
06/15 17:16 あんずの花のほのかな雨が春風を添える
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved