ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
SDKIリサーチによる市場調査レポート分析-ブロくる
SDKI Analytics さん
SDKIリサーチによる市場調査レポート分析
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
私たちは、製品、市場、企業、予測、国に関するビジネスインサイトインテリジェンス、マーケティングリサーチレポート、競合業界分析の大規模なコレクションを提供しています。
カテゴリ
全て (14)
市場調査 (2)
化学および先端材料 (7)
産業用オートメーション機器 (0)
アクセス数
総アクセス数: 359
今日のアクセス: 4
昨日のアクセス: 3
RSS
2024年7月18日 16時44分
世界の不飽和ポリエステル樹脂産業調査、規模、成長、動向レポート、シェア、トップメーカー、洞察分析、2024-2036年予測
不飽和ポリエステル樹脂 市場分析

建設業界と自動車業界は、耐久性があり、軽量で、コスト効率の高い材料を必要とするという課題に直面しています。金属や木材などの従来の材料は、柔軟性、重量、腐食や化学物質への耐性の点で不十分であることがよくあります。世界の建設工事は、今後15年間で4.8兆米ドル以上に成長すると予想されています。ここで、不飽和ポリエステル樹脂市場は、その優れた機械的特性、汎用性、および加工の容易さにより、重要なソリューションとして浮上しています。自動車、エレクトロニクスなどの分野で高度な製造およびエンジニアリング能力で知られる日本では、必要なすべての特性を備えた持続可能な材料の必要性が依然として課題となっています。国際貿易局によると、自動車部門は製造業GDPの13.9%、国内GDPの2.9%を占めており、日本の自動車製造部門は国の経済的健全性にとって重要です。ここで、不飽和ポリエステル樹脂市場は、材料性能の課題に対処することで重要な役割を果たし、持続可能性と技術進歩への日本の重点とも一致しています。

サンプルPDFレポートの請o求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-107920

当社の不飽和ポリエステル樹脂市場分析によると、次の市場動向と要因が市場成長に貢献すると予測されています:

世界的な建設プロジェクト数の増加−世界中で実施されるインフラや建築プロジェクトの増加により UPR の使用が増加したことにより、市場は拡大しています。耐食性と構造的完全性が向上したため、パイプ、タンク、屋根、コンクリート補強材など、さまざまな用途の建設作業で UPR の使用が増加しています。強くて長持ちする材料の需要が高まっているため、市場はプラスに拡大すると予想されています。したがって、UPR は建築や装飾の特徴に適したデザインの多様性を提供し、複雑な形状やサイズを可能にします。当社のアナリストによると、2023 年 8 月の総建設支出は 1.99 兆米ドルで、前年比 7.6% 増加しました。

再生可能エネルギー源の需要の増加−再生可能エネルギー源、特に風力エネルギーの普及により UPR の需要が高まったため、市場は拡大しています。これに伴い、UPR は強度と重量の比率が高く、環境耐性があるため、風力タービンブレードの製造において重要な役割を果たしています。さらに、持続可能性を維持し、二酸化炭素排出量を削減するために世界中で風力タービンの設置が増えているため、市場は拡大しています。さらに、UPR は海水や紫外線 (UV) への曝露などの悪環境に対する耐性があるため、再生可能エネルギー用途での使用可能性が高まります。

不飽和ポリエステル樹脂業界の概要と競争のランドスケープ

SDKI Analyticsの調査者によると、不飽和ポリエステル樹脂市場は、大企業と中小規模の組織といったさまざまな規模の企業間の市場競争により細分化されています。市場関係者は、製品や技術の発売、戦略的パートナーシップ、コラボレーション、買収、拡張など、あらゆる機会を利用して市場での競争優位性を獲得しています。

世界の不飽和ポリエステル樹脂市場の成長に重要な役割を果たす主要な主要企業には、Ineos Group Ltd.、BASF SE、Polynt S.p.A.、LERG SA、Dow Inc.などが含まれます。 さらに、日本の不飽和ポリエステル樹脂市場のトップ5プレーヤーは、DIC Corporation、Japan U-Pica Company,Ltd.、Kisco Ltd.、Asahi Kasei Corporation、Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.などです。 この調査には、世界の不飽和ポリエステル樹脂市場分析レポートにおける詳細な競合分析、企業概要、最近の動向、およびこれらの主要企業の主要な市場戦略が含まれています。
[カテゴリ:化学および先端材料] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2024年7月17日 16時31分
日本における鉱物市場レポート分析の方法とは?
採掘とは、鉱床を地表または地下から取り出すことである。露天掘り、地下、水中という3つの主な採掘方法がある。得られた鉱床は精錬所に送られ、さまざまな最終用途産業に使用される鉱石が抽出される。採掘によって回収される鉱石には、金属、石炭、オイルシェール、宝石、石灰岩、チョーク、寸法石、ハライト、カリ、砂利、粘土などがある。石炭、鉄、ボーキサイトは、世界で最もよく採掘される鉱物である。ミネラル市場レポート分析は、全世界のインフラストラクチャーに原料を供給する非常に重要な産業である。

鉱業市場調査とは、一次および二次情報源から定量的・定性的データ、統計、その他の情報を収集し、業界の現在および将来の動向を分析することを指す。市場関係者、投資家、販売者、鉱物を原料として使用する産業など、鉱業分野のすべての利害関係者は、情報に基づいた意思決定を行うために、潜在的な推進要因と課題、機会、制約を理解する必要があります。

SDKIは、探鉱、採掘から一次金属の生産、製造、流通に至るまで、先進的なテクノロジーを導入し、業務のあらゆる側面を合理化することで、鉱業会社が激動する市場で生き残り、成功するのを支援します。そのために 二酸化炭素排出量の削減、持続可能な採掘の推進、規制遵守への対応を目指します。

ターゲット市場についての詳細は、下記までお問い合わせください:

電話番号 +81 50 50509337

電子メール: sales@sdki.jp | info@sdki.jp

お問い合わせ: https://www.sdki.jp/contact
[カテゴリ:市場調査] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2024年7月16日 13時8分
世界のバイオプラスチック産業調査、規模、成長、トレンドレポート、シェア、トップメーカー、洞察分析、2023-2033年予測
世界のバイオプラスチック 市場分析

バイオプラスチックは、再生可能な原料に由来する持続可能な材料であり、石油ベースのプラスチックの代替品です。これは二酸化炭素排出量を30ー70%削減できる可能性があります。これは、二酸化炭素排出量を約42%削減することを意味します。バイオプラスチックの生産には、従来の石油プラスチックよりも65%少ないエネルギーが必要です。企業は現在、研究開発活動の強化と統合により重点を置いています。これにより、生産能力が向上します。

サンプルPDFレポートの請o求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-62217

生分解性食品包装産業の成長、コーンスターチ産業の成長、消費者向け電子機器の需要の高まり、およびバイオプラスチックの廃棄物管理の利点は、予測期間中にバイオプラスチック市場の成長を推進する主な要因です。さらに、プラスチックによる二酸化炭素排出量の増加、および自動車生産の増加も、バイオプラスチック市場の成長に貢献しています。しかし、変動する原油価格、およびバイオプラスチックの処分行動に関する消費者の誤解の増加は、予測期間中のにバイオプラスチック市場の成長を抑制する可能性があります。

バイオプラスチック市場セグメント

世界のバイオプラスチック市場は、タイプ別(生分解性および非生分解性)、用途別(フレキシブル包装、リジッド包装、農業または園芸、コーティング・接着剤、消費財、繊維、建築・建設、自動車・輸送)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

バイオプラスチック市場の地域概要

バイオプラスチック市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

競争力ランドスケープ

バイオプラスチック市場の主要なキープレーヤーには、Corbion、BASF SE、Mitsubishi Chemical Holdings、Biome Technologies、Solvay and Arkemaなどがあります。この調査には、バイオプラスチック市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。
[カテゴリ:化学および先端材料] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2024年7月15日 16時25分
世界の金属酸化物ナノ粒子産業調査、洞察、サイズ、シェア、需要、成長、市場概観、トレンドレポート、トップメーカー、2024-2036年予測
金属酸化物ナノ粒子市場規模とシェアは、2023年に280億米ドルの市場価値から、2036年までに1,230億米ドルに達すると推定され、2024-2036年の予測期間中に12%のCAGRで成長すると予想されています。

[続きを読む]
  [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2024年7月12日 12時44分
世界のアンモニア産業調査、洞察、サイズ、シェア、需要、成長、市場概観、動向レポート、トップメーカー、2024-2036年予測
アンモニア 市場分析

重要な化合物であるアンモニアの需要は、さまざまな業界にわたるその多様な用途によって大幅な推進されています。 農業部門はアンモニアの主な消費者として際立っており、肥料生産に広くアンモニアを利用しています。 農業開発は、極度の貧困に終止符を打ち、繁栄の共有を促進し、2050 年までに予測される 100 億人に食料を供給するための最も強力なツールの 1 つです。他の部門と比較して、農業部門の成長は最貧困層の収入を増やす上で最大 4 倍効率的です。 世界人口が増加する中、農業生産性向上のニーズによりアンモニアベースの肥料の需要が高まり、市場の成長を加速させています。 さらに、化学産業はプラスチック、爆発物、医薬品などのさまざまな製品の製造にアンモニアに依存しており、世界中でその需要がさらに増加しています。

サンプルPDFレポートの請o求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-113028

耕作可能な土地は限られているが、高い農業生産性を目標としている日本では、アンモニアの需要は世界の傾向を反映しています。 この国は、国内の生産能力が限られているため、肥料需要を輸入アンモニアに大幅な依存しています。 さらに、日本の化学産業はアンモニアを多様な用途の主要原料として利用しており、国内の安定した需要を牽引しています。 しかし、日本は重要な消費国であるにもかかわらず、安定したサプライチェーンの確保とアンモニアの使用に伴う環境問題の管理という課題に直面しています。

当社のアンモニア市場分析によると、次の市場動向と要因が市場成長の中核要因として貢献すると予測されています:

農業需要の増大 - 世界人口の増加により、より多くの食料を生産するという農業部門への圧力が強まっています。 この需要を満たすために、アンモニアベースの肥料は、窒素などの必須栄養素を作物に供給し、成長と収量を高めることで重要な役割を果たしています。 国際エネルギー機関によると、アンモニアの約 70% は肥料が占め、残りはプラスチック、爆薬、複合繊維などのさまざまな産業用途に使用されています。 世界中の農家は、土壌栄養素を補充して土壌肥沃度を改善するためにこれらの肥料に依存しており、これにより作物の収量を高め、増大する食糧需要に対応できるようにしています。 アンモニアベースの肥料は費用対効果が高く、すぐに入手できるため、農業生産性を高めるための効率的なソリューションを求める農家にとって好ましい選択肢となっています。 その結果、農業が世界の食糧安全保障の取り組みの基礎であり続ける中、アンモニアベースの肥料の需要は依然として旺盛であり、アンモニア市場の成長を推進しています。

産業用途での使用の増加 – アンモニアの多目的な性質により、世界中の多くの産業でアンモニアが不可欠になっています。 化学分野において、硝酸アンモニウム、尿素、硝酸など、製造プロセスに不可欠なさまざまな化合物の製造に重要な役割を果たしています。 同様に、いくつかの医薬品や中間体の合成にも応用されています。 アンモニアはプラスチックの製造にも使用され、ナイロンやポリウレタンなどのポリマーの製造の前駆体として機能します。 さらに、爆発物の製造にも使用されており、防衛産業や鉱山産業におけるその重要性が強調されています。 急速な工業化の中で、産業部門の製造原料の必要性の拡大により、アンモニアの需要は急増し続けています。

アンモニア市場は日本の市場関係者にどのような利益をもたらしますか?
日本はアンモニアの輸入に依存しているため、国内企業は世界的な需要の増大を活用できる立場にあります。 2023年、日本は世界で16位のアンモニウム輸入国となり、278百万米ドルを輸入しました。 アンモニアは同年の日本にとって324番目に多い輸入品でありました。 日本はさまざまな産業で使用するために大量のアンモニアを輸入しているため、日本のメーカーはアンモニアベースの製品の製造、流通、応用に関する専門知識を活用することで需要の増加から利益を得ることができます。 これは、日本企業にとって国内外の市場での存在感を強化するチャンスとなります。
政府の政策は、クリーン エネルギーのキャリアおよび燃料としてのアンモニアの可能性を利用して、クリーン エネルギーと持続可能性を促進することを目的としています。 温室効果ガスの排出量を削減し、再生可能エネルギー源への移行を図り、この分野のビジネスにとって有利な環境を作り出すという日本の使命です。 補助金、奨励金、規制枠組みなどの支援政策は、アンモニアの生成、貯蔵、利用に関連する技術の研究、開発、展開への投資を奨励します。

アンモニア業界の概要と競争のランドスケープ

SDKI Inc. の調査者によると、アンモニア市場は、大企業と中小規模の組織といったさまざまな規模の企業間の市場競争により細分化されています。市場関係者は、製品や技術の発売、戦略的パートナーシップ、コラボレーション、買収、拡張など、あらゆる機会を利用して市場での競争優位性を獲得しています。

世界のアンモニア市場の成長に重要な役割を果たす主要な主要企業には、Achema、BASF SE、CF Industries Holdings, Inc.、Electrochaea GmbH、ENGIE Group、などが含まれます。 さらに、日本のアンモニア市場のトップ5プレーヤーは、Asahi Kasei Corporation、Mitsui Chemicals, Inc.、Sumitomo Chemical Co., Ltd、Mitsubishi Chemical Group Corporation.、TAKI CHEMICAL CO., LTD.、などです。 この調査には、世界のアンモニア市場分析レポートにおける詳細な競合分析、企業概要、最近の動向、およびこれらの主要企業の主要な市場戦略が含まれています。
[カテゴリ:化学および先端材料] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
最近の記事
07/18 16:44 世界の不飽和ポリエステル樹脂産業調査、規模、成長、動向レポート、シェア、トップメーカー、洞察分析、2024-2036年予測
07/17 16:31 日本における鉱物市場レポート分析の方法とは?
07/16 13:08 世界のバイオプラスチック産業調査、規模、成長、トレンドレポート、シェア、トップメーカー、洞察分析、2023-2033年予測
07/15 16:25 世界の金属酸化物ナノ粒子産業調査、洞察、サイズ、シェア、需要、成長、市場概観、トレンドレポート、トップメーカー、2024-2036年予測
07/12 12:44 世界のアンモニア産業調査、洞察、サイズ、シェア、需要、成長、市場概観、動向レポート、トップメーカー、2024-2036年予測
07/11 16:39 世界の炭素回収・貯留産業調査、規模、成長、動向レポート、シェア、トップメーカー、洞察分析、2024-2036年予測
07/10 15:45 世界のアスファルト添加剤産業規模調査、シェア、動向、洞察、トップメーカー、需要分析概要 - 2024-2036年予測
07/08 13:33 世界のPLC産業調査、洞察、サイズ、シェア、需要、成長、市場概観、動向レポート、トップメーカー、2024-2036年予測
06/28 16:41 日本における鉱物市場レポート分析の方法とは?
06/27 18:27 世界のステンレス鋼産業分析レポート、成長、機会、トップメーカー、サイズ、シェア、トレンド概要 - 2024-2036年予測
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved