このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
住まい用語 さん
住まい用語
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:暮らし ライフスタイル
ブログの説明:
住まい用語へようこそ
カテゴリ
全て (40)
住まい用語 (39)
アクセス数
総アクセス数: 4629
今日のアクセス: 2
昨日のアクセス: 7
RSS
建築物の部位:屋根
[住まい用語]
2018年9月6日 15時35分の記事

中東など降水量の少ない地域では、古くから木の枝に土をかぶせただけの簡易な陸屋根が用いられた。一方で、降雨の頻繁な地域では排水に有利な傾斜を持つ屋根が利用された。その形状の主流は切妻と寄棟であり、日本を含む東アジアではそれを組み合わせた入母屋が最も高い格式を持つとされた。

傾斜を持つ屋根は、木造の柱と横架材で小屋組を構成して作られる。西洋では、耐火などの理由で外壁が煉瓦造や石造である場合でも、屋根の小屋組は木造で組まれることが一般的である。一方で、ゴシック建築に見られる壮大な教会堂や宮殿などでは大広間などの空間を実現するために、アーチ構造を組み合わせたドームやヴォールトが利用された。西洋の上級建築においては重厚感あふれる石造が好まれたが、組積造のみで屋根を構築する場合はアーチの利用は不可欠である。

現代建築において、鉄筋コンクリート造のラーメン構造では柱と梁で屋根スラブを支えて陸屋根を構築する。

菊池建設 社長菊池建設 社長菊池建設 社長菊池建設 社長菊池建設 社長菊池建設 社長


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。
最近の記事
12/11 11:08 建造環境
11/26 11:30 建築確認の実施主体
10/26 14:59 長屋
10/12 13:05 建築監理
10/02 13:07 新歩行者主義
09/19 12:23 基本計画
09/07 14:00 電気工作物
09/06 15:35 建築物の部位:屋根
09/05 15:05 間取り
09/04 13:04 直接還元法
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved