このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
Asia Presswire-ブロくる
Asia Presswire さん
Asia Presswire
地域:東京都
性別:女性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
Asia Presswire offers most updated news in Asia.
カテゴリ
全て (218)
アクセス数
総アクセス数: 38889
今日のアクセス: 4
昨日のアクセス: 28
RSS
ミームコイン「Base Dawgz」がプレセール開始
 
2024年6月6日 20時12分の記事

【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム


Tokyo,Japan - June 06, 2024 - (SeaPRwire) - Baseチェーンの新しいミームコイン、Base Dawgz(DAWGZ)が本日ローンチされ、開始わずか数分で20万ドル以上の調達を達成。Baseチェーンの可能性と、犬をテーマにしたミームコインの魅力を持つ同トークンには、既に大きな期待が寄せられています。



最も人気のあるミームコイントップ10には、犬コインが7つもランクインしていることからも、犬コインへの注目の高さがわかります。

さらに、Base Dawgzはシェアトゥアーン(share-to-earn)のユーティリティを提供しており、近い将来ステーキング報酬も導入される予定です。

Baseチェーンはまだ比較的新しいチェーンですが、CoinGeckoによるとBaseミームコインの時価総額はすでに20億ドルを超えています。

Base Dawgzの主な基盤はBaseチェーンですが、公式サイトによると「ベースジャンピングの精神(spirit of base jumping)」に触発されており、複数のチェーンで相互運用が可能。ユーザーはブロックチェーン間を自在に行き来することができます。

Baseチェーンの他には、Ethereum、Solana、BNB Chain、Avalancheでも利用可能です。

今すぐ見る
現在、プレセール第1段階での価格はわずか0.00479ドル。ETH、SOL、BNB、AVAX、およびUSDTで購入できます。

公式サイトによると、プレセール価格が上昇するまでは残り6日となっており、第2段階の価格はまだ明らかになっていませんが、最低価格で購入するために多くのトレーダーが参加することが予想されます。

https://x.com/BaseDawgz/status/1797639065744838742

Base Dawgzもまた、BRETTのように1万1902%の爆上げなるか?

DEGENやソーシャルメディアトークンFriend.techのようなコインが話題を呼び、特にミームコインファンから熱い視線を集める中、Base Dawgzは次のトレンドになり得る仮想通貨として期待されています。

Base Dawgzは、WIF、BONK、TRUMP、BODENといったSolanaのミームコインにはまだ及びませんが、BRETT、NORMIE、TOSHIといったBase上のミームコインを支持するコミュニティは無視できない存在となっています。

4ヶ月前に登場した最初のBaseミームコインであるDEGENは、時価総額が最高で8億1000万ドルに到達しました。

新しいBaseミームコインBRETTも、6月2日に最高値を記録。時価総額は1億2700万ドルに達しました。

BRETTは依然として1億ドル以上の時価総額を維持。執筆時点(6月4日)で過去24時間で22%上昇し、価格は0.1182ドルを記録。価格は3月のローンチ以来1万1902%上昇し、過去7日間で66%上昇を記録しています。

TOSHIも2億1100万ドルの時価総額を誇り、最高値に近づいています。

DAWGZがBaseでデビューするタイミングは絶好の時期と言えるでしょう。

CryptoNews JapanではBase Dawgzの価格予想を行っています。購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

Base Dawgz、柴犬コイン現象に拍車をかける

Base Dawgzのマーケティング戦略の中心にはコミュニティメンバーがいます。シェア・トゥ・アーンを通じて、SNSでDAWGZに関連するコンテンツをシェアすることでポイント報酬を受け取ることができます。

方法はいたってシンプル。ホームページの「紹介と報酬」ボタンをクリックしてウォレットを接続して、紹介リンクを生成するだけです。紹介者は、被紹介者が寄付した金額の5%を受け取ることができます。

作成されて共有されたすべてのコンテンツでポイントを獲得でき、DAWGZトークンと交換可能です。報酬を獲得するには、X(旧Twitter)アカウントをリンクして共有されたコンテンツを認証し、XP報酬ポイントを取得してDAWGZに交換する必要があります。

Base Dawgzは、コミュニティの創造力を評価して報酬を与えることで、DAWGZコミュニティとトークンの価値向上に貢献しています。

総トークン供給量84億5300万枚のうち15%はDAWGZ報酬用に確保されています。プレセールで購入可能なトークンは全体の20%、ステーキングと流動性にもそれぞれ20%ずつ、マーケティングに15%、上場に10%が割り当てられています。

Base Dawgzのスマートコントラクトは、ブロックチェーンセキュリティ企業Solid Proofによって監査されており、プロジェクトの信頼性とセキュリティを証明しています。また、コントラクトはアップグレードが不可能であり、完全に放棄されているため、供給量の変更や悪意あるコードの挿入ができません。

つまり、Base Dawgzのスマートコントラクトはトークンを燃やしたり、新たに生成したりすることはできないのです。

Base DawgzはSolanaを追撃するBaseのトップトークンになれるか?
Solanaはミームコインをローンチするためのチェーンとして知られていますが、次にBaseがその地位を取る可能性があるのでしょうか?

SolanaがLayer 1ブロックチェーンであるのに対し、BaseはEthereumのLayer 2です。Ethereum Layer 2プロトコルであるBaseは、Ethereumのスケーラビリティを向上させ、トランザクションをより速く、より安価にします。

Baseは昨年8月にローンチされたばかりですが、すでに1秒あたり400トランザクション(tps)を達成しています。このトランザクション量はすでにSolanaに匹敵していますが、開発者は更なる改善を約束しています。

一方のSolanaは、最大1000tpsと主張していますが、その大半は失敗に終わったトランザクションです。この高い失敗率は、Solanaが分散型ネットワークとして信頼性を欠いていると批判されています。

Base Dawgz、手数料とセキュリティというBaseの特徴を持つ

ガス料金に関して言えば、BaseはLayer 2であるため実行料金が別途発生しますが、セキュリティ料金よりもはるかに安価です。セキュリティ料金はEthereumチェーンに書き込まれる際にのみ支払われます。

Solanaのプルーフ・オブ・ヒストリープロトコルにより料金が安くなる可能性はありますが、Baseはより分散化され、安全性の高いEthereumブロックチェーンを利用するという利点があります。

他の基本的な面でも、Baseの将来の拡張性をさらに支持する重要な違いがあります。

現在のところ、Solanaはオンチェーントランザクション数でBaseを上回っています(4500万対5300万)。

しかし、Baseのユニーク・アクティブ・ウォレット(1日あたりのDAppsに接続されたウォレットの数)取引額は、法定通貨換算で17億6000万ドルを記録。全チェーン中5位にランクインしました。Solanaの11億ドルを上回っています(dappradarデータによる)。

Baseのユニーク・アクティブ・ウォレット数は、急増するCoinbaseユーザーにどれだけリーチできているかを示しています。Coinbaseの2022年の最新報告によると、グローバルで1億1000万人のユーザーを抱えているとのことです。

また、チェーンの価値を測る一つの方法として、総ロック価値(TVL)を見ても、BaseのTVLは今年3月以降増加傾向にあり、現在は17億ドルに達しています。

DefiLamaのデータによると、最も大きな増加は3月中旬から4月にかけてで、TVLは6億7000万ドルから15億8000万ドルに倍増しました。一方、SolanaのTVLは48億ドルです。

さらに、Baseの日次取引量の価値は3億2000万ドルであり、Solanaの7億3300万ドルには及びませんが、それでも1年未満のチェーンとしては非常に優れた数字です。

これらのデータはすべて、Base Dawgzにとって大きなプラス要素となっています。

Base DawgzはBaseで次のBRETTとなり、100倍のROIを狙えるのか?

上記のチェーンの基本的な要素を総合すると、Baseが次にミームコインに関連する人気のチェーンになる可能性が高いと言えます。ミームコイン取引の急増は、Baseの安全性を証明し、Baseの広範な採用を促進するでしょう。

これらを踏まえると、Base Dawgzはまさに絶好のタイミングで登場したミームコインと言えます。BRETTのように、DAWGZでも100倍のリターンが期待できるかもしれません。

急速に人気を集めるBaseチェーン、魅力的なシェア・トゥ・アーン報酬、ステーキングによる受動的収入、そしてミームコインの中で圧倒的な人気を誇る柴犬コイン現象が相まるなど、すべての要素が揃っており、DAWGZの爆発的なローンチが期待されています。

次のBaseミームコインの注目銘柄をお見逃しなく - XとTelegramでBase Dawgzコミュニティに参加しましょう。
Social Links
X: https://x.com/BaseDawgz
Telegram: https://t.me/BaseDawgz
Media contact
Brand: Base Dawgz
Contact: Media team
Email: maverick@basedawgz.com
Website: https://www.basedawgz.com/ja
SOURCE: Base Dawgz

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/asianewsreport/495769

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved