このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
TALES OF  NIGHTINGALE-ブロくる
CANAL さん
TALES OF  NIGHTINGALE
地域:指定なし
性別:女性
ジャンル:ニュース マスコミ
ブログの説明:
〜〜真実が浮かび上がるのは、夜。見つめるのは、ナイチンゲールの瞳。〜〜
「TALES OF NIGHTINGALE」にお立ち寄りくださいましてありがとうございます。当ブログでは、真実を見つめ続けるナイチンゲールの視点を借りて時事政治経済、フィギュアスケートなど関心のありますことについて硬軟問わずネットの森の片隅で語っております。
カテゴリ
全て (1762)
最初にお読みください。 (4)
”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア (529)
アクセス数
総アクセス数: 359878
今日のアクセス: 226
昨日のアクセス: 220
最近の記事
11/29 20:58 【GOTO災】 尻拭いの3週間【完全人災菅災アベ災国賊自民災】
11/26 20:01 キチガイの災典GPSグルHK(@御用)杯は即刻中止を
11/23 19:02 罪と罰【完全人災・一億総虐殺GOTO】
11/22 20:38 うどん県は今すぐ県境封鎖を!
11/16 20:53 【隷倭の大虐殺GOTO】マスク云々は最凶問題のすり替え【隷倭版インパール大作戦】【一億総虐殺再び】
11/15 20:58 秋の定健補足
11/15 14:35 秋の定期健診
11/09 20:25 対北特使にトランプ起用を 〜蓮の花を従えし者〜
11/08 18:41 大阪都構想から見えるもの 〜政治をあきらめない〜
11/08 14:32 蓮の花を従えし者
カレンダー
<<2020年10月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
【笑止千万】喫緊自殺者続出アナログリアル対応棚の上の「デジタルガー!!」&【国民虐殺】コロナトラベル・コロナイート(中)
[”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア]
2020年10月11日 20時37分の記事

先月22日のグルHK(@御用)朝7時ラジオ(自称)ニュース。

”ぼったくって何が悪いの??教えて教えて!”昭恵ポジ・伊藤みゆき「いずれにしても前線の北側に 台風の北側にある前線があるためにこの後雨が早く降りだし」(笑笑笑笑笑笑)

…多分、

「いずれにしても台風の北側に前線があるためにこの後雨が早く降りだし」

だと思われます…(笑)、自分が何言ってるかワケ分からないまましゃべらせたらこいつは無双(笑)。この自称ニュース番組は他にも、

「…リテリテリテリテラルシー?(4月3日)」(笑)”蛙の面に何とやら”女・久保田明菜、

「(キリキリキリッ)ダウ平均株価、にせんよんひゃく…はり?」(笑)三橋大樹(こいつは先月25日にも「円相場は」を勢い込みすぎて、「えんそうぶぁばはぁっっ!!」とやらかした熱血野郎です(笑))

”パンデミックでも「スポォォツ!!」(@三宅)”(笑)・吉松欣史、

読めない単語は読めない単語は大幅減速ごまかし上手大久保彰絵、

そして真打ちは何といってもこの人、

ぼったくりリーダー三宅 「とどーーふけん!!」(笑)(canal訳:「都道府県」)、

息が続かなくてボリュームがアウトオブコントロール(笑)、ボリュームだけでなくトーンもを保持できず、どんなに上ずった声でしゃべり始めてもどんどん下降、最後はドスの利いたヤクザ声通り越して地の底から湧き上がるようなゾンビ声に、長文ご法度(笑笑笑)・三宅民夫。

そうそうたるメンバー揃踏み。グルHK(@御用)、捧腹絶倒劣悪東朝鮮番組を堪能したければこの番組です。

さて、『【笑止千万】喫緊自殺者続出アナログリアル対応棚の上の「デジタルガー!!」&【国民虐殺】コロナトラベル・コロナイート』シリーズ、前後編のつもりだったんだけど、書いてたら、書きたい事が後から後から雪だるま式に膨らんで、前中後編って事で、今回中編、書けるところまで、…三回で書ききれるかなぁ…。

トランプ陽性にあたり、トランプ自身や主治医の言葉の信ぴょう性がありとあらゆる角度から検証されているが、あって当然のこうした検証皆無、あるのはただ、

無念の降板浪花節報道

だけというアベノケビョウ劇場が如何にまともな報道とかい離したイカサマデマゴーガーのそれか、比べれば自明。

このアベノケビョウ劇場に同情し、あるいは、タクシー運転手というプロドライバーにも関わらず直線道路を数百メートルにわたって暴走した福岡の案件同様、飯塚が主張するようにプリウスの欠陥誤作動の可能性大(実際走行データを見たのは警察だけ、そして警察は利権と賊の犬)にも関わらず問答無用で飯塚を叩き放題叩いてる、例えば立川志らく吉永みち子松嶋尚美梅沢冨美男松本人志杉山愛薬丸裕英茂木健一郎東国原英夫他は、トランプに熱狂している信者と同類の論理性皆無理知的思考を持たない土人。

言うなればまとも冷静な判断能力を持たない廃人同様なんだから、本来なら公民権停止相当案件。なんでこんな土人連中がテレビに出てるんだ?

この飯塚の事故に関しては、そもそも被告が自分の主張をするのは当然認められた権利、それを指摘していたのは私の知る限り、杉村太蔵とやらだけだな。揃いも揃った土人が群れなす国、それがジャップだ。

ま、この事故、もし飯塚が執行猶予とかで放免になるようなら、飯塚以外に問題有、つまりプリウスの欠陥を認めたようなものだな、注視したい。

話逸れたが、トランプ感染で、北のキムがお見舞いを伝えていたが、本当にキムが、アベが散々吹聴して回ったように、何をしでかすか分からないトンデモないクレイジー鬼畜なら、アメリカ中枢混乱のこの機を逃さず今頃お見舞いではなくミサイルの一発でもワシントンかニューヨークに打ち込んでいただろう、しかしキムが送ったのはミサイルではなくお見舞いだ。

キムは到底話の通じない鬼畜なんぞではなく、それなりの分別は弁えているトップ

という事だ。という事は

そのキムを鬼畜に仕立て上げ、拉致をプロパガンダに徹底利用した三無アベ以下国賊自民こそ真正の鬼畜

という事であり、実際鬼畜でなければ家族の血の滲む思いを利用なんぞは出来ない。勿論四国3D新聞やグルHK(@御用)ら、あるべき批判を加えず、どころかとことん調子を合わせたゴキマスも同列の鬼畜。

何かと対立しがちなトランプに、それでもお見舞いの配慮を見せたそんなキムも、アベノケビョウ劇場にはなしの礫(笑)。

仮に”ただ一人蚊帳の外”アベがキムを仮想敵扱いになんぞにしなければ、アベ”やっぱり投げ出し”逃走口実の仮病会見の折にキムからお見舞いの一本でもあったやもしれぬ。であればそれを糸口にそこから「お見舞い外交」も十分可能だっただろう。
勿論、キムをとことん仮想敵扱い、徹底的に硬化させ自業自得の”ただ一人蚊帳の外”アベにそんなチャンスは望むべくもない。被害者家族もいい加減、

拉致をプロパガンダに最大限利用のアベ擁する鬼畜アベ以下国賊自民こそ、拉致者奪還のあらゆるチャンスをつぶしまくる最大の元凶阻害要因

だって事に気づくべきだと思うが?

さて、血税ドブ捨て無為無策不正のし放題デタラメ千万アナログ方面からの目先逸らしの「デジタルガー!!」。

この国の「デジタルガー!!」(笑)がどれ程欠陥だらけお粗末の極みのそれかは


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


今月しょっぱなの東証マヒが示す通り。
仮に国賊自民主導の「デジタルガー!!」(笑)が同じく麻痺すればその悪影響は勿論株取引停止に止まる事なく、国民生活全般に遍く波及するだろう。考えただけでも怖い話だ。

マイナンバーにしてもこんな極道集団国賊自民に資産状況をはじめとする個人情報を渡すという事は、ドコモ口座同様、機能不全で預貯金が吹っ飛び目減りならまだマシ、いつ何時、学術会議で全開にした”逆らう者は潰す”イカサマ強弁屁理屈炸裂極道の論理のもと、問答無用で口座凍結・資産没収他のやりたい放題の餌食になるか分からないのは、辺野古反対派の口座凍結で既に実証済み。
マイナンバーや国勢調査に多数の国民が呼応しないのはこの極道国賊自民への不信感の証明に他ならず非常にまともな正しい判断と言えるが、翻って、五千円ほしさにマイナポイントに食いついたバカは、高々五千円で自らの資産状況を含む個人情報を丸ごと国賊自民というヤクザ集団に売り渡し、筒抜けになった事に気づかなければなるまい。

おまけにこの「デジタルガー!!」、今度の選挙の時にでも指摘してやろうと思っているが、実はとんでもない盲点が存在する。
んが、デジタル音痴・セクハラ権化の平井以下、国賊自民は言うに及ばず、これを鼓舞する自称識者や御用弁士までそれに言及は皆無。

欠点に気づかないという事は当然、その予防も是正も出来ない

という事。

何より、盲点云々以前にまずやるべきは明日の生活にも行き詰っている最弱者の救済というアナログの対応である事は言うまでもない。

国賊自民が如何にバカ丸出し・イカサマ千万かの証明でしかないのがこの「デジタルガー!!」だ。

今マイナポイントにおいて、大多数の思慮ある国民は乗せられていない、と書いたが、同じ事は感染拡大大虐殺GOTOにも言える(つづく)。



くる天 人気ブログランキング








このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved