このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
TALES OF  NIGHTINGALE-ブロくる
CANAL さん
TALES OF  NIGHTINGALE
地域:指定なし
性別:女性
ジャンル:ニュース マスコミ
ブログの説明:
〜〜真実が浮かび上がるのは、夜。見つめるのは、ナイチンゲールの瞳。〜〜
「TALES OF NIGHTINGALE」にお立ち寄りくださいましてありがとうございます。当ブログでは、真実を見つめ続けるナイチンゲールの視点を借りて時事政治経済、フィギュアスケートなど関心のありますことについて硬軟問わずネットの森の片隅で語っております。
カテゴリ
全て (1941)
最初にお読みください。 (4)
”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア (680)
アクセス数
総アクセス数: 543605
今日のアクセス: 120
昨日のアクセス: 330
最近の記事
09/26 20:53 [プーチンロシア以上の強権独裁国家ジャップ【民意丸無視血税ドブ捨てアヘノコ・クソー】]
09/26 20:47 プーチンロシア以上の強権独裁国家ジャップ【民意丸無視血税ドブ捨てアヘノコ・クソー】
09/25 18:26 【壺民主権ジャップ】アヘノコ・クソーは明らかな民主主義冒涜犯罪行為【民意蔑ろ血税ドブ捨て】
09/25 18:20 【壺民主権ジャップ】アヘノコ・クソーは明らかな民主主義冒涜犯罪行為【民意蔑ろ血税ドブ捨て】
09/23 14:54 【血税ドブ捨て】アヘノコ・クソー、その暴挙【民意踏みにじり】
09/22 18:46 「抗議の焼身自殺」は強権独裁恐怖政治の証
09/18 20:28 【アヘノコ・クソー】その民主主義破壊とカルトズブズブ続行宣言【カルト上等民意踏みにじり】
09/14 20:15 【一心同体カルト体国賊自由統一党】キモは調査ではなく処分
09/11 15:12 聖弾の射手(下)
09/04 20:58 聖弾の射手(前)
カレンダー
<<2021年06月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
現在と、過去と、未来のために。 更に補足!
[”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア]
2021年6月28日 21時5分の記事

…陛下の事書くと、なんかこーどうしても時代劇風味になるのにゃ…(笑)、やはり万世一系の重みやろかそやろか…。

ところで全国区公認ヤクザ紙四国3DP新聞画像、文春砲QRコード作ってみた、


【PR】電話相談システム開発ならイーステム


よりアクセスしやすくなったので是非試してみてね!↓



時間あれば関連記事もコード化したいな…。
ついでに昨日の投稿、更に補足!

国賊自民&どこぞの自称識者 「これは、憲法抵触ご法度の政治的発言…!?如何なものか!!??」(速攻目くじら(笑))

…「政治的発言!」(笑笑)

「政治的発言!!!」(笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑)

もう笑いが止まらんぞ、今回の宮内長官発言が政治コード抵触ってなら、頭狂汚倫ピック名誉総裁だの開会式出席開会宣言だのは立派な政治関与で速攻アウトだよな…?
これで陛下不参加は確定したな、なんてったって五輪絡みは

政治干渉関与

なんだからな(クスッ)、良かった良かった(笑)。

天皇の権威をとことん政治利用した挙句、政治的関与タブーを盾にその口を塞ぐ

国賊自民ら推進派どこまで狡からい賊か、これだけでも知れようってもの、まさに朝敵。



先の大戦において国民の思考停止のその最大の原動力になったのは、

天皇の絶対性。

本来国を束ね栄えさせるべきその権威が逆に数多の国民を破滅に追いやった、というのは皮肉、というよりこれ以上ない悲劇というほかない。


現国賊自民同様のとことん無能大本営



国民の天皇への絶対服従忠誠心。

仮にそのうちのひとつでも欠落していれば、先の大戦はあそこまで悲惨極まりないものにならなかったかもしれない。

その意味では、天皇の絶対性が”諸刃”である事を示したのが先の大戦であったとも言えるだろう。

使い方を誤れば国と国民を滅ぼす事さえある、という事だ。

勿論上皇様も今上陛下もその事は重々心得ておられる。

今度こそその求心力影響力を、国賊自民や公認ヤクザ紙四国3DP新聞、逆賊どもの制限・誅伐にこそ用いてほしいものだ。

昨日も書いたように天皇の権威を救世済民に生かして初めて、少なくとも天皇絡みの部分で、昭和との実質的な決別は成ったと言えるだろう。


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved