このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
TALES OF  NIGHTINGALE-ブロくる
CANAL さん
TALES OF  NIGHTINGALE
地域:指定なし
性別:女性
ジャンル:ニュース マスコミ
ブログの説明:
〜〜真実が浮かび上がるのは、夜。見つめるのは、ナイチンゲールの瞳。〜〜
「TALES OF NIGHTINGALE」にお立ち寄りくださいましてありがとうございます。当ブログでは、真実を見つめ続けるナイチンゲールの視点を借りて時事政治経済、フィギュアスケートなど関心のありますことについて硬軟問わずネットの森の片隅で語っております。
カテゴリ
全て (1927)
最初にお読みください。 (4)
”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア (668)
アクセス数
総アクセス数: 533595
今日のアクセス: 112
昨日のアクセス: 296
最近の記事
08/14 20:29 引きこもりこそ最強の感染防止策
08/07 15:23 今なすべきは一心同体カルトムラ自由統一党の断罪解体掃討永久追放
07/31 20:16 「共闘に勝る戦略なし」
07/24 15:20 医療と経済の共倒れ、待ったなし。【およそ想定し得る最悪を実現するのは国賊カルト自由統一党お家芸】
07/17 20:40 ネオオウム真理教 カルト集団国賊自民統一党の信者の皆さんへ
07/16 17:24 「アヘを悼む声止まず」、その真相
07/10 20:08 不正開票防止のために
07/10 12:45 【隷倭版忠臣蔵】「民主主義に対する最大の蛮行!!」と叫ぶ連中こそ実は最大の民主主義阻害要因目の先三寸脳
07/09 18:20 【隷倭版忠臣蔵】民意蔑ろ巨額血税バラマキ中抜きし放題不正塗れの巨悪が逮捕もされずに跳梁跋扈こそ民主主義に対する最大の蛮行
07/09 15:00 【隷倭版忠臣蔵】最も有ってはならないのは不正塗れ売国塗れの大悪党が野放しの異常国家
カレンダー
<<2021年07月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
天皇陛下、散会の辞
[”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア]
2021年7月22日 21時2分の記事

『陛下しか五輪止められない 立民・川内氏がツイート』
>立憲民主党の川内博史政調会長代行は21日、東京五輪について「陛下が開会式で大会の中止を宣言されるしか、もはや止める手だてはない」とツイッターに投稿した。天皇の政治利用だとの批判がインターネット上で相次ぎ、川内氏はツイートを削除<

これが陛下の政治利用ってなら、出席・開会宣言自体も紛れもない政治利用だわな、この理屈で言うなら即刻出席取りやめが筋だ。そっちの批判はどうした、整合性も一貫性もへったくれもないネトウヨ。その説明なくば極めて恣意的イカサマ方便の誹りは免れない。
暇があれば晒したいが、因みに、早速これ↑に飛びついて恫喝脱税担当相平井喝也の脱税記事より大きく仕立て上げたのは、”やはりあのデマ紙”悪名高い平井組四国土人3DP新聞です。

ま、それはともかく、出席開会式辞が政治利用でないってなら、上記発言も無問題。実際、もし陛下が開会式で、

「ここに頭狂汚倫ピックの開催を…


【PR】電話相談システム開発ならイーステム


宣言しません、散会!」

…って言ったらどうなるのかな…?開催出来ない…??

これ↑、名誉総裁としては間違いだけど、人類代表としては正解なんだよね…。

まぁ、私が陛下なら…、

アホアナ「天皇陛下、開会の辞」

天皇 「………。」

3分くらい暫く無言沈黙、で嫌々渋々感を極限まで表現、

するかなぁ…。

皇后陛下欠席で、

全面的に賛同しているわけではない、

の御意はきちんと示されていると思う…、実際、天皇皇后両陛下揃わないのは前代未聞、のはず…。

とにかく、今回のこの黒誤輪へのかかわり方は、人間社会での問題にとどまらず、ハイパーの判断にも及ぶ、陛下をいたずらに窮地に追い込むのは全く本意ではないが、このまま開会宣言してしまうと、軍部に強いられたとはいえ、先の大戦の開戦時と同じになってしまう…何とか回避できる方法をギリギリまで模索してほしいところ、勿論、一番の解決策が中止であるのは言うまでもない。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved