このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
TALES OF  NIGHTINGALE-ブロくる
CANAL さん
TALES OF  NIGHTINGALE
地域:指定なし
性別:女性
ジャンル:ニュース マスコミ
ブログの説明:
〜〜真実が浮かび上がるのは、夜。見つめるのは、ナイチンゲールの瞳。〜〜
「TALES OF NIGHTINGALE」にお立ち寄りくださいましてありがとうございます。当ブログでは、真実を見つめ続けるナイチンゲールの視点を借りて時事政治経済、フィギュアスケートなど関心のありますことについて硬軟問わずネットの森の片隅で語っております。
カテゴリ
全て (2055)
最初にお読みください。 (4)
”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア (741)
アクセス数
総アクセス数: 622206
今日のアクセス: 94
昨日のアクセス: 171
最近の記事
09/21 20:37 毒チン、危険!
09/18 15:29 【受信料のためなら児童性虐待OK!】グルHK一斉提訴で永久追放が社会健全化の第一歩【日本人でなし協会】
09/17 20:01 【受信料のためなら児童性虐待OK!】グルHK一斉提訴で永久追放が社会健全化の第一歩【日本人でなし協会】
09/16 18:25 天使にナイフ 〜cross point C-C-B〜
09/10 18:23 不要不急政局乱発こそ無能失格為政者の証【血税ドブ捨て解散・単なる党内人事内閣改造】
09/09 18:40 遅すぎて、 〜cross point C-C-B〜
09/03 18:24 汚物垂れ流しこそ最悪最凶の迷惑嫌がらせテロ行為【海洋テロ国家ジャップ】
09/02 18:35 H線上のセレナーデ  〜cross point C-C-B〜
08/27 20:42 「飲んで証明しないうちは毒水太鼓判」
08/26 19:28 「非陰謀論的赤い薬」としてのたま 〜cross point C-C-B 脱線編〜
カレンダー
<<2023年05月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
星になり損ねた星 〜『ないものねだりの Want You』〜
 
2023年5月6日 18時28分の記事

『スワンの城』、解散前には全然知らなくて、今回初めて聞いた…、…大爆笑しちった…ま、その話はまたいずれ書くことにして、準備運動だいぶしたし、そろそろ本題行こう、いっちゃん気にくわないのから行こう、

『ないものねだりの Want You』

まづ、個人的に微修正したい部分として、

「そっと」は「ずっと」に
「じっと」は「きっと」に

にする、渡辺パート「濡れないまなざし」も個人的には

「揺れないまなざし」

かなぁ…、かたくなさ強調、って事で、

それから笠の、「あはんあはん」、

なんで笠?

「あはんあはん」なんてそれこそ渡辺のお家芸専売特許だろに、

そんな感じでまぁちょこちょこ不満はあるけど、

【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム





昨年末来、事あるごとにつるし上げてるように、そんな有象無象がどーでも良くなるほど、一番笠パート歌詞が壊滅的にダメ、

渡辺の持ち味はやっぱりあの、足音もなく忍び寄る猫みたいな、掠れたウィスパーだと思うけど、その渡辺がのっけから気合入れてるシャウト気味前半から関口絡めつつ笠へ、

うっしゃあああああ、CCBゴールデンリレーキラーパターン、

キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!! キタキタキタ━━!!!

って大喜びしたのも束の間、

♪女は強く男はいつもやっさっしっくっ

え、

ええええええええーーーーーーっ!!?????

天高く舞い上がった分、叩き落され墜落感も半端なかた…、なんでそこでド演歌だよ?

どんくらい嫌だったか、言うなら、

黒板を端から端まで爪立てフル横断、

あるいは、

中継アナ 「…さぁ、3対1、チームCCBの二点リードで迎えた、9回裏ツーアウト満塁ツーストライクスリーボールのフルカウント、この打者を打ち取ればチームCCB、悲願の初優勝が決まります、どのボールで来るか、ピッチャー筒美、十分間合いを取って気持ちを落ち着けた、振りかぶって、投げた!っとぉ、ど真ん中渾身の直球、空振り三振!チームCCB、初優…えええ?あっと、ここで、ここでキャッチャー松本、後逸、後逸、三塁走者、二塁走者に続き、一塁走者も三塁回った回った、還って走者一掃逆転逆転逆転!!!!!」

…こんくらい嫌、

と言えば分かってもらえるだろうか、

私が渡辺なら、笠が一番歌詞口にしたその瞬間、後ろ振り向いて、

「そやって割り切れるんなら誰も苦労しねーんだよ!」

って笠に嚙みつくわ、

勿論笠は台本に書かれた台詞読み上げただけ、だし、バカのくせにやたら繊細で言い返せない笠をまたしても泣かしてしまうことは分かっている、でも、

♪それでもそれでもそれでも言わずにいられない

芸のためなら笠も松本も泣かす

そらそうだろ、どうせ作るなら最高の物作ってほしいわ、あそこでどう贔屓目に考えたってあの歌詞は絶対有り得ない、

そもそも、

そんなあっさりスッキリ割り切れるならこの歌要らないじゃん、
そうあの部分は葛藤するこの曲自体の存在意味を全否定してるって意味においてありえないほどの過ち、痛恨の大チョンボと言わねばなるまい、

関係者一同誰も突っ込み入れなかったのか?

更にダメ押しとけば、

笠の声は、苦悩する青春のためのものであって、悟りきったド演歌のためのものではない(※1)

この鉄則にも真っ向から逸脱、

もお誰が何と言おうと絶対に有り得ない(握りこぶし)、

二番は本当に美しい、

ラインあってなきがごとしのラップ渡辺(※2)から毒を含んだ関口を挟みつつ、封印を解かれたラインを纏って一抹の哀愁を含みつつ、ひそやかに立ち上がる笠の、ひとりごちるような言葉はさながら、澱んだ水面より一筋伸び上がる蓮の花のような優雅さと解き放たれた鳥のような解放感に満ちて本当に印象的、

「なのに」

という逆接で結ばれた前後のコントラストも本当に効いてる、この接続詞を、「だけど」とか濁音にしなかったのも大正解、個人的には笠パートは「ボク(僕)」以外の濁音禁止にしてほしいとすら思うわ、

渡辺らの前半と笠の後半のギャップは、ある意味『lucky−』をも凌駕、

本来なら『lucky−』と並び称されるべき傑作のポテンシャル十分なのにああそれなのに、

あのにっくきド演歌パートのせいで全てが台無し、そら聞くたび頭かきむしるわ、今すぐ、全部二番にするか、あちこちの笠の声拾って繋ぎ合わせて、上書きしてほしい、

♪手を伸ばせば届く黒髪があの星座より遠い

とか何でもいーから!
…デヂタルリマスター技術ってこういう時のためにあるのじゃなくて?

…そゆわけでこの曲は、私的に他の追随を全く許さない、CCB史上に燦然と輝く文句なしダントツぶっちぎりの

最も残念な曲(全然嬉しくない…)

…書いてたらまた腹立ってきたわ…、あぼんする前に何が何でも吹き替えさせるべきだった、




(※1)まぁ、苦悩するド演歌もあるけどな、この部分には該当しない

(※2)CCB当時、”ラップ”って言葉自体が一般的ではなかったんだから、これだけでもCCBの先進性チャレンジ精神が知れようというもの、
ちなみに渡辺パートは、ラインのサポートがない分、結構こなすのが難曲、カラオケで歌ってみ?渡辺がどれだけ頑張ってるかわかるから、



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved