ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2019年5月5日 5時7分
10連休補填企画 1109システムの説明 その6
 
最終回です。改めて読み返すと、大したことない内容になってしまっていたような気がします。大変失礼しました。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:シストレ研究] [コメント (2)] [トラックバック (0)]




2019年5月2日 23時43分
10連休補填企画 1109システムの説明 その5
10連休のためサイン売買記事をアップする日が通常月の3分の2ほどになってしまうため、有料ブログご購読者様に穴埋め企画としてシステムの概要について解説をさせていただきます。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:シストレ研究] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年5月2日 0時25分
10連休補填企画 1109システムの説明 その4
 
10連休のためサイン売買記事をアップする日が通常月の3分の2ほどになってしまうため、有料ブログご購読者様に穴埋め企画としてシステムの概要について解説をさせていただきます。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:シストレ研究] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年4月30日 1時16分
10連休補填企画 1109システムの説明 その3
 
10連休のためサイン売買記事をアップする日が通常月の3分の2ほどになってしまうため、有料ブログご購読者様に穴埋め企画としてシステムの概要について解説をさせていただきます。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:シストレ研究] [コメント (5)] [トラックバック (0)]




2019年4月28日 10時29分
10連休補填企画 1109システムの説明 その2
 
10連休のためサイン売買記事をアップする日が通常月の3分の2ほどになってしまうため、有料ブログご購読者様に穴埋め企画としてシステムの概要について解説をさせていただきます。


[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:シストレ研究] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年4月27日 11時23分
10連休補填企画 1109システムの説明 その1
10連休のためサイン売買記事をアップする日が通常月の3分の2ほどになってしまうため、有料ブログご購読者様に穴埋め企画としてシステムの概要について解説をさせていただきます。




[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:シストレ研究] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年4月23日 8時21分
有料ブログご購読の皆様へ 〜10連休補填企画 1109システム、24Hシステムを解説します
 
まもなく、史上最大級の10連休のGWが始まります。かねてよりニュース等でも報道されてますが、その間証券市場も完全に休みとなり、その間に社会情勢の変動などで大損する人が現れるのでは?など、色々話題となっております。

1109システムのような日中寄引トレードは関係はありませんが、通常の月よりも取引回数が少なくなり、通常月よりも約3分の1取引回数が少ないことになります。

そんな中でふと、売買サイン記事が通常月よりも大幅に少なくなるので、5月の購読料金を通常と同じにしたら申し訳ないのでは。。。と思い、1ヶ月購読料金を値下げしようと思いましたが、今から下げても4月の当初からこれまでに購読していただいた方には既にGWに掛かってる期間を購読していただいており、手遅れということに気がつきました。大変申し訳ありません。。。


そこで、穴埋め、補填企画として、有料ブログ記事で1109システム、及び24Hシステムの少し詳しい解説をさせていただいて、単にサインだけのお知らせでなく、そのバックボーンとなるシステムのご理解を少しでも深めていただくことで、負けが込んだりドローダウンが続いた時に少しでも安心していただけるようにしたいと思っております。
(まさに今ドローダウンしているので「あざとい」と思われるかもしれませんが(^^;;

一部のロジックを公開したり、システム構築の考え方などを説明させていただきたいと思います。
連休終了までに数回に分けてアップしたいと思いますので、有料ブログをご購読いただいている皆様にご覧いただけましたら幸いです。どうかよろしくお願いいたします。
[カテゴリ:シストレ研究] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年11月8日 1時0分
ブログを再開いたします
 
こんばんは、ご無沙汰をしております。

しばらく、システムトレードについて根本から見直すために、シストレから手を引いていましたが、やはり私は裁量的な要素を入れると全く投資の世界では生きていけないことを改めて痛感いたしました。

とはいえ、シストレでも全然浮上のきっかけを掴めず、いろいろ考えていたのですが、結論として、シンプルに日中の寄り引けだけに徹する原点に立ち返るシステムトレードを淡々とやるしかないという結論に至りました。

特に夜間の不調に苦しめられ、ずっと悶絶をしていました。コロコロと取引時間が変わるのに、ひたすら夜間のシストレを構築することに気を取られ、平静心を失ってきたような気がします。

ついては、私は金輪際夜間のシストレの構築は不可能と見切りをつけ、一切手を引くことにしました。併せて24Hのシステムも放棄し、日中一本でやっていくことにしました。

それと併せ、投資で早期退職などという大それた夢は捨て、投資の世界で堅実に生き抜くことを目標として、買っても負けても淡々と日中のシステムを運用し、ブログをアップしていくことにしました。

大変申し訳ありませんが、前回のように成績に応じてブログ購読料を無料するということもせずに、成績に一喜一憂せずに、とにかく淡々とブログをアップしていきたいと思います。

また、システムの成績の優劣は金額ではなく、勝率で見ていこうと思います。ブログ名の通り、11勝9敗の成績になることを祈り、シストレに励んでいこうと思います。引き続きよろしくおねがいします。
[カテゴリ:シストレ研究] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年7月17日 0時37分
夜間の売買サイン公開を再開します
 
こんばんは。

夜間のサイン公開を中止してから2ヶ月ほど経ちます。
その間、いろいろとロジックを考えましたが、やはり前日の夜間が終わった段階でのデーターだけでサクサク勝てるロジックはどうしても見つかりませんでした。(日中のデーターを入れれば勝てるロジックはありましたが、普通の勤め人としては当日日中のデーターを入力して夜間のサインを出すのは現実的に厳しいです)

そこで、これまでの夜間のロジックを一部修正ということになりますが、トレンドに対して逆張りの要素を持つロジックを外してみたところ、通算の成績は下がったものの、昨年、今年と急降下で下がった成績がほぼ横ばい状況まで改善しました。
あまりロジックを修正するとシステムトレードとしては良くないということは重々に承知してますが、この前述のロジック自体が若干強引に織り込んだロジックでしたので、このロジックを外してシステムを少しでも簡略化させることにしました。

どこまで回復するか、順調に利益を上げ続けられるのかわかりませんが、2016年までの成績を信じて再度挑戦してみようと思います。

これに伴い、日中も24Hも夜間と連動したシステムであるため、少しバックテスト成績に変動が出ています。よろしくお願いします。

なお、日中の売買サインについては、現在10万円が30万円になるまで無料で公開という方針でしたが、夜間の成績を加えるため、以前のやり方と同じく、日中、夜間の合計が+2,500円を超過するまでは無料で公開するということで方針を変えようと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。
[カテゴリ:シストレ研究] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年5月1日 0時58分
システムを見直してみましたが、このままロジックを変えずに行きます。
 
カーブフィッティング状態になっていることを思い、システムのロジックの見直しを考えましたが、ここで見直しても結局は同じ状態に陥る可能性もあるので、ロジックは見直さずにこのまま進めさせていただきます。
5月からは、反転攻勢してくれると信じております・・・というか、信じないとモチベーションを維持できません(苦笑)
気休めですが、ハンドルネームも変えてみました。ゲン担ぎで結果が変わったらすごすぎなんですがね(^^;;
[カテゴリ:シストレ研究] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





 前の10件 次の10件
くる天
プロフィール
日経225miniシステムトレード1109-ブロくる
鯉雪堂 さん
日経225miniシステムトレード1109
地域:指定なし
性別:男性
ジャンル:仕事 株式・投資
ブログの説明:
日経225ミニ先物の日中の寄り引けのシステムトレードに徹して、投資の世界を生き抜きたいと思います。「1109」とは11勝9敗のペースの成績を目指す意味で名付けています。
ブログについて
日経225ミニ先物の寄引システムトレードに徹して、投資の世界を生き抜くことを目標にしています。

売買戦略について
日中の寄付8時45分で売買、日中の引け15時15分で決済するシステムトレードです。
売買の戦略は朝に「○月○日の売買サイン」として記事をアップします。購読料は1ヶ月3,000円です。
ただし、これはあくまでブロくるの有料ブログとしての読み物であり、あらゆる投資を誘引するものではありません。これを参考として売買して損失が出ても一切責任を持ちません。
また、時々「見送り」のサインも発生しますのでご了承ください。(発生率は20回に1回ですが、続くときもあります)

有料ブログのご購読については、バックテスト、フォワードテスト、取引結果を見て自己責任で活用いただきますようお願いします。また、質問等についてはコメント欄にご記入くださいますようお願いします。

なお、1日経過した戦略記事は有料を解除しますのでクリックをすると見ることができます。

有料ブログを停止する場合は、1ヶ月前にその旨をお知らせするか、代替措置をブログにアップさせていただきます。

有料ブログご購読のご注意
有料ブログご購読の手続きについて
最新の売買サイン記事を読むための有料ブログのご購読は、最新の売買サイン記事で「定期購読」と書かれている記事について「続きを読む」をクリックし、ブロくるの定める方法で有料ブログをご購読いただく手続きを進めていただきますようお願いします。
または、こちらをクリックして、ブロくるの有料ブログのご購読手続きをお願いいたします。
なお、繰り返しのお願い大変申し訳ありませんが、当ブログの売買サイン記事は有料ブログとしての読み物であり、あらゆる投資を誘引するものではありません。売買サイン記事のとおりに売買して損失が発生しても、責任は一切負いませんので、くれぐれも自己責任でお願いいたします。

ブログをご購読頂く場合は、システムトレードによる取引の特性について十分ご理解くださいますようお願いします。システムトレードは常に勝ち続けることはできず、負け続けること、停滞することが必ずあります。連敗、停滞の状態に陥った場合、申し訳ないこととは思いますが、システムトレードの特性上、当然起こりうることです。ついては、連敗、停滞の状況についてコメント等で苦情を頂いても、「システムトレードの特性上、やむを得ないこと」としか申し上げられませんので、十分にご留意ください。

ブログ主が1109システムが機能不全に陥ったと判断する目安は、「年間の利益合計が+600円に届かない状況が2年連続で続いた場合」として考えていますので、それ以上の成績を上げられた場合はシステムトレードとして機能していると考えております。この点について十分ご理解くださいますようお願いします。
システムの概要について
システムのロジックは、日経225ミニとNYダウ平均の過去値のデーターを元にして います。

・日経225ミニの過去値は
 仝畫娃校の値
◆‘中の高値と安値
 日中の引け値
ぁ〔覺屬隆麌嫦
ァ〔覺屬旅眞佑醗唾
Α仝畍紕源の値
А仝畫娃鎧の値

・NYダウ平均の過去値は、寄付値と引け値

以上の過去値を使用してロジックを組んでいます。
一見中途半端に見える午前9時、午後8時、午前3時の時間の数値は、かつての日中の寄付や夜間の引けの時間です。
日経平均先物については過去に何度も取引時間の拡大による変更があり、その都度ロジックの修正を余儀なくされたため、ロジックの基礎となる値については、取引時間の変更にも対応できるよう、かつての時間帯のままのものを使用しています。
こうすることでシステムのロジックへの影響は少なくでき、また、バックテストの信用性も高まると考えています。

平均して年間で+3,000円程度の勝ち、10年間は機能するシステムであるよ うに願って運用したいと思います。
また、バックテストを御覧頂いたらおわかりのよう負けるときはしばらく負け続けるシステムなのでご了承ください。

また、ドル円や金価格、原油価格などをロジックに加えることについては、長期間 の運用としては不適と考えたので、これらの要因はシステムに加えていません。

大勝しても、最低ドローダウンを更新しても、山あり谷ありで淡々と進めていきた いと思います。

ロスカットと利確について
通常時
ロスカット 180円
利確 設定しません

コロナや大災害、有事発動時など非常に大きな値動きとなる異常相場時は、ロスカット値を大きくし、利確を設定します(発動条件:過去21日間の最高値と最安値の値幅の平均値が400円を越えた場合)
ロスカット 400円
利確 500円、600円で切り替え

限月について
限月は株価指数先物の限月である四半期3月、6月、9月、12月のうち直近の月です
寄引システムトレードの注文を簡単にする方法について
通常の先物の取引では、逆指値をかける注文と引け成行の決済を同時に注文することはできず、引けの前に逆指値を解除して改めて引け成行の注文をしなければなりませんが、この注文作業は、日中に働いている勤め人にとって、なかなか大変な作業です。
また、夜間の寄引システムトレードになると、この逆指値解除、引け成行決済を朝の5時頃にしなければなりません。

このホームページで実施している寄引のシステムトレードについては、SBI証券の「HYPER先物」、松井証券の「一日先物取引」のコースのような、返済期限が1セッションの限定のコースでの取引であれば、逆指値をかけたままでも引けで強制的に決済されます。
このため、寄付前に売り買いの注文と逆指値をかける注文を出しておけば、引けまで何もする必要はなく、大変便利です。また、証拠金も通常の半額で済むなど、寄引のシステムトレードのためにあるような取引制度です。
詳しくは各証券会社のホームページ等でご確認ください。


関連ブログ
夜間(ナイトセッション)の寄引システムトレード及びシステムトレードいついてあれこれ
「日経225miniシステムトレード1109ナイトセッション」
夜間の寄付午後4時30分から、引けの明朝午前5時30分までの寄り引けシステムトレードです。売買サインは当ブログでアップしますが、結果はこちらのブログで書き記します。
システムトレードについての研究、シストレの方法など、シストレについても色々書き記します。
また、当該ブログのシステムトラブルなどで、売買サイン記事がアップできなかったり、ブログそのものが一時的に閲覧できなくなるなどのトラブルに襲われた場合はこちらのブログで臨時に売買サインをアップします。
もしものブログのシステムダウンに備えて、ブックマークかブログ名だけはご記憶していただきますようお願いします。


日中寄付→翌営業日寄付の24Hのシステムトレード
日経225miniシステムトレード24H
将来、もし日中の取引時間が変更になり、日中のシステムが機能しなくなった場合に備え、日中寄付→翌営業日寄付の取引時間のシステムトレードを研究しています。
1日の取引になると、どうしても値動きの幅が大きくなり、負けが混むとドローダウンが大きくなります。現在はドローダウンが3000円を超えているので、安定性には欠けますが、他の種類がないシストレ分類ということ、長期的視野で見ると勝てているシステムですので、実取引される場合はこのことに十分ご注意の上、運用をお願いします。
売買サインや結果、システムの概略についてはこちらのブログをご覧ください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved