このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
UFOのデモンストレーションが世界各地ではじまっているようです。
[世界情勢]
2012年6月30日 16時53分の記事

晴れた日も、曇った日も、昼も夜も、夢の中まで・・・
まるで、山下達郎さんの「ずっと一緒さ」と言っているような、それを示すかのように
集団で、単独で、色々な形のUFOが世界各地で現れています。
世界の人々にとっての真の「インデペンデンス・ディ」を目前にして、それを祝うかのように、彼らのデモンストレーションが始まっています。
「UFOなんてあたりまえ〜〜」、「宇宙人なんてあたりまえ〜〜」となり、「デスクロージャー」へと進み彼らとの交流が始まるのでしょう。


【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム


今、このとき、世界と地球周辺の宇宙情勢は、544億年の壮大な地球と人類のドラマの完結の場面を迎えようとしています。
その素晴らしい場面を見るために、宇宙中からたくさんの知的生命体がこの地球に訪れ、私たちを支援し辛抱強く見守っています。
そして、このことを祝うような彼らのデモンストレーション・・・

地上のこの日本でも、昨夜、首相官邸前で、「原発再稼動反対」、「消費税増税反対」、「TPP反対」、「子宮頚癌ワクチン反対」、「子供を守れ」の20万人以上の大合唱デモが行われました。

ようやく日本人も気付き始めました。

まだ、
闇の勢力などのこと
彼らに数千年も騙され続けていたこと
日本も明治維新以後支配されてきたこと
そして、戦争に誘導されてきたこと
戦後はCIA工作員により、地震多発国の日本に54基もの原発を設置されたこと
世界のテロ、紛争や戦争の多くが彼らにより仕組まれたこと
世界の恐慌が彼らに仕組まれたこと
世界の金融経済システムが詐欺で八百長であること
子宮頚癌ワクチンなどが世界人類削減策であること
世界の人々にとって有用な数々の発明や発見をことごとく潰してきたこと
UFOや宇宙人の存在を徹底して隠してきたこと
フランス革命やロシア革命が仕組まれたことであること
世界の民主主義や政治がインチキであること
そして、世界の現状が、これらの隠蔽、騙し、ウソで固められ世界支配や世界人類削減へ誘導されようとする末期的な状態になる寸前であること
そのNWO計画を先日のG20で主張していたこと
など

昨夜の20万人のデモ参加者の日本人の内、これらのことに気付いている人々は1割にも満たないようですが、気付き始めた人々は、まもなく、これらの事実を知ることになるでしょう。

この20万人のデモを8階の事務所から見下ろしていた「仙石氏」は、「たいしたことじゃない」、「原発の再稼動は必要だ」とのたまわったそうです。

彼らのような日本のトップ層は、今、起こっている、544億年の壮大なドラマを完結させるための必然的なパラダイムシフトであると認識する感性を持ち合わせていないのでしょう。

彼らの「エゴ」で真っ黒になった魂には、光が届かないのでしょう。
光を感じることさえ出来ないのでしょう。

この逆ピラミッド現象。
彼ら日本のトップ層は、闇の勢力の3段階目あたりの表看板である、ロスチャイルドやロックフェラーの配下の手下にコントロールされている輩たちに過ぎません。
なんとも情け無い状況ですが、ある意味、日本の逆ピラミッド現象の象徴であるともいえます。

日本人の精神を忘れた感性が低い極低ラベル(レベルと違います、単なる表示としての存在)の連中が日本のトップ層に納まっていることを現しているということでしょう。

もう、止めます。
こんな下らない連中の魂のことを批判しても意味が無いことです。

それよりも、この数日は、7月4日を期待して、感性の高いミュジシャンの歌でも聴きながら、心静かに自分の波動を高めることに集中しましょう!

その波動が高まれば高まるほどパラダイムシフトが早まります。
それに貢献できます。

ここで、ちょっとコマーシャル

当ブログにコメントいただきました「キズキマシタ」さんから「すべてを知らせる歌です。」とのことで、見ました。

「ヒュマンエラー」さんによる京都鴨川での大絶叫LIVEでした。

このことは、旧ブログ「美しい地球と伴に」、「美しい地球と伴に生きる」で2012年3月15日に記事にしたことですが・・・、「キズキマシタ」さんからコメントをいただいたということは再掲しなさいと言われているような気がしましたので再掲します。


彼の演説はどんな政治家より格段に素晴らしい!

旧ブログ「美しい地球と伴に」、「美しい地球と伴に生きる」の2012年3月15日の記事から一部を再掲載

「お前の頭もメルトダウンしているバカ!;デイビッド・アイクも大絶賛!」

2012年3月25日 15時50分の記事


モヒカン刈りの青年が京都の鴨川でライブ演説!どんな政治家の演説よりもすばらしい!石原?、橋下?など古ぼけた考えの持ち主とは比較にならない。

目じゃない、この青年のほうが格段に見識が高い!約19分の短いライブですが、私が記事にして暴露してきたことと同じようなことをまとめて絶叫しています。

「人の命を何と思ってんだ!」
「あほんだら!、ボケ!、カス!」
「ヒューマンエラーだよ!」
「世界が宇宙が見ているよ」
「早く、きづいておくれよ!」
「どうして、そう無見識でいられるんだよ!、ベイビー!」
「大企業だからといって、信用しちゃダメだよ!」
「大企業だからうまく騙せるんだよ!」
「情けないけど・・・」
「真実の目でしっかり監視し」
「とにかく、もう原発は必要じゃない!」
「取り返しがつかないことが起きているんだぜ」
「何がかわいそうだと言えば、子供たちだよ」
「子供たちを守ってやれなくてどうすんだよ!」
「原発、絶対反対!!!」・・・

彼のライブは「若き特攻隊員」の崇高な精神に通じます。
太平洋戦争末期の五千数百名の「若き特攻隊員」。
制空権を奪われ、圧倒的に戦力が劣る現状を十分に認識していた彼ら。

彼らは、この戦況下では爆弾を抱えて戦艦に突撃することは、最も有効であると知っていました。
自分の命を犠牲にして・・・家族を守り、仲間を守り、日本を守る。戦艦に体当たりして戦果を得たとしても、敗戦は免れないだろうと・・・知っていました。
止むを得ないことだと理解しました。
しかし、それでも割り切れない気持ちに悩みました。
彼らは、それでもなお覚悟を決めて飛び立ちました。
彼らが一番大事にしたかったこと。

それは、「不屈の精神」そのものです。
そして、何よりも数十年後、数百年後の日本人が気付いてくれることを願って、太平洋に散っていきました。
この、「不屈の精神」、「日本人の気付き」を絶叫しています。
是非、ご覧下さい。

[訳注:そのビデオはこちら。FRYING DUTCHMAN humanERROR”]http://www.youtube.com/watch?v=Q5p283KZGa8



デイビッド・アイクさんも大絶賛です。
「David Icke in Japan」
http://www.davidicke.jp/blog/


「無限の愛こそ唯一の真実、その他のすべては幻影」




David Icke in Japan
放射能に対する憤激
· 2012-03-24 (土)
· 参考記事 | 第四期記事
デーヴィッド・アイク ニュースヘッドライン
2012年3月23日金曜日10:05

「原子力への激しい憤りは全体として過少に報告されている。
当然である。
法人メディアの中の誰が、法人として管理された世界の利権と戦いたいだろうか。
下の驚くべきビデオは、日本が見せた、終わりまで見る価値のある目覚めた魂である。
極めてパワフル、明快、包括的で、覚醒していて、感動的である。
恵まれた資質を持ち合わせているのだ。

これはその最も深遠な状態の行動主義である。
持てる才能を、社会的で意識的な覚醒を拡大するための足がかりとして使い、ゲリラ型の公開覚醒パフォーマンスを行うことは、絶対的に立派である。
まったく素晴らしい。私たちはこれをさらに必要としている。」
続きを読む:The Rage Against Radiation

[訳注:そのビデオはこちら。FRYING DUTCHMAN humanERROR”]
http://www.youtube.com/watch?v=Q5p283KZGa8

再掲載終了




「数々のUFOが見えるサイト」

こちらのサイトです。 Ascension Earth 2012
「AnonymousFO」
http://www.ascensionearth2012.org/

転載終了

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント(新着順)
1. キズキマシタ 2012年6月30日 22時12分 [返信する]
すいません。旧ブログ見てませんでした。
m(_ _)m

 ■このコメントへの返信■
1. 勝寛舟 2012年6月30日 22時49分
「キズキマシタ」さん、再度のコメントありがとうございます。
お蔭様でコマーシャルが出来ました。
「キズキマシタ」さんのコメントに対しての読者さんの反応はすごかったですね。
新ブログからの読者さんが多いということも良くわかりました。
ありがとうございました。


 

2. ゴン 2012年6月30日 20時11分 [返信する]
少し前のドラマにアメリカのテレビシリーズに4400というのがあります。

アメリカ全土で年代の違う人たちが突然連れ去られ、
現代に突然戻ってくる。その人たちは、記憶はないが
なぜか違う特殊能力をもっていて、4400でない人たち
と壮絶な戦いをするというものです。

このドラマはアセンションのことを暗示していて、宇宙人が特殊能力を授け、そして戦いを仕掛ける。たぶんカバルのプロパガンダなのかという気がしますが、とてもi興味深い内容です。

http://blogoutoforder.blog60.fc2.com/blog-entry-354.html

早くETとコミュニケーションをとりたいものです。

 ■このコメントへの返信■
1. 勝寛舟 2012年6月30日 20時48分
「ゴン」さん、度々のコメントありがとうございます。
なるほど、面白い内容ですね。
こうなると、カバルは完全な確信犯ということになります。
カバルの極一部には全てのことを知った上で行っていることになりますね。
宇宙法上、極めて悪質だと判断されたようです。
そのため、セントラルサンで分解されるのかも知れません。


 


◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:


くる天
最近の記事
01/28 16:26 貴方の意識が覚醒してゆくと、それと同じように五感も敏感に覚醒してゆくようになります!
01/19 12:06 超感覚的能力を高めるには、瞑想したり沈思黙考するだけでなく、沈黙することが極めて大切です!
01/01 22:53 ”無条件の愛”の波動は、しっかりと貴方の”中”に流れているという事を感じ取って下さい!
12/29 22:51 高波動の愛の波動に”気がつく心”を育ててゆきましょう;そして、高みへ向けて一緒に歩んでゆきましょう!
12/16 22:25 2016年のエネルギーは、社会のあらゆるレベルで大きな転換が起こるエネルギーになります!
12/12 01:15 悩める人達は皆、自分を愛せてはいません信頼もしていません;それはつまり、宇宙と繋がってない事になります!
11/30 22:04 多くの人達は2015年12月21日〜12月26日の間のいつの日にかに、自分の中で光の爆発を経験するでしょう!
11/25 22:34 シフトの時期に生まれでた私達は、この古いサイクルを壊して新しいサイクルを創る目的を持っています!
11/22 23:49 私たちのこの意識が自ら気づき、その制限を取り払い解放すると、何故?波動が上がるのでしょうか?
11/21 22:08 私たちのこの意識の素晴らしさ、その現実と真実を知り日々「感謝」しながら暮らして行きましょう!
最近のコメント
自己実現から自己超越へ!;「和の成功法則」;五次元へワープしよう!(川原光#57917)
背中から強烈なエネルギーが入ってきました!:「瞑想」の勧め!(あかね)
”無条件の愛”の波動は、しっかりと貴方の”中”に流れているという事を感じ取って下さい!(ニジノヒト)
”無条件の愛”の波動は、しっかりと貴方の”中”に流れているという事を感じ取って下さい!(yuji-t)
私たちの大半はアセンション(次元上昇)するのではなく、この意識が高次元意識と繋がり「地上で暮らす神」となるようです!(mannma)
世界のカバールメンバー1万人の逮捕?:本当に実現するのか?:しかし、時期は熟しているかも(中山城治)
間もなく、あなたはハイアーセルフと一緒になります、そして創造主と繋がり始めます!(9月28日ですって!)
現在もアメリカの所有者はヴァチカン?:アメリカ各州の独立はヴァチカンから?(美しい私の記憶)
真の多次元自己の形成には、まず「ハイアーセルフ」に繋がることです(hamagong)
自己疑念、それはあなたが体験しているこの変化しつつある世界においては、極めて危険なものです!(nyan)
カレンダー
<<2012年06月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
カテゴリ
全て (1354)
人間の本質 (501)
宇宙 (201)
アセンション・テレポテーション (429)
未来 (69)
世界情勢 (92)
日本 (28)
金融経済 (11)
その他 (6)
ブログ内検索

携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
RSS
プロフィール
勝寛舟 さん
ピュア・インスピレーション
地域:徳島県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
人類の新しい旅立ちを目指して、洗脳の殻を破り、宇宙の法則に近づくため純粋な直感を育てましょう!
アクセス数
総アクセス数: 2476733
今日のアクセス: 81
昨日のアクセス: 95

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved