このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
Serch!

Category
全て (1810)
Nature (160)
Environment (512)
Life (856)
Animals (78)
space (19)
Herb (11)
sports (133)
Lohas is Diary (9)
New
06/24 16:56 ChinaVirus 523
06/23 17:10 ChinaVirus 522
06/21 16:54 ChinaVirus 521
06/20 16:36 ChinaVirus 520
06/17 17:52 ChinaVirus 519
the number of Hits
総アクセス数: 46004
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 8
RSS
Profile
+Lohas Life+ -ブロくる
yuki さん
+Lohas Life+ 
地域:神奈川県
ジャンル:暮らし ライフスタイル
ブログの説明:
a useful piece of life information...
最近の足跡
01/18 17:00 satou1
定期購読(有料)に設定された記事です。
1度申し込むと、申し込んだ日から1ヶ月間は購読ができます。
ChinaVirus 500
2022年5月20日 16時57分の記事

昨日、画像を追加しましたが(祝:500回記念
そこに、ドイツとポーランドの資金関連のが出ていて
ドイツは、医者が新コロにPCR検査を押し付けたり
新コロの遺伝子が、25基しかないから、コンピューターシュミで、3万基まで増やし
最後はアデノンaが続くとか
ヘビの遺伝子とも違うとか(ヘビの遺伝子ってマウスに注入すると手足のないマウスが
誕生したり、カエルにも飛び移るとかね。キングコブラって実は4種類いたとかね(3月に記事が出るとか
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/22/031400120/
系統は、ガーツ西部@ガーツ西部、インド=シナ@インド東部とシナ、インド=マレー@
インドネシアとマレーシア、ルソン島@フィリピン
ガーツ西部以外は、みんなシナ人が関わるという(この4種類のどれかかもしれないし
全種キングコブラの毒かもしれんなぁ・・・
なので、シナとドイツは関わっていると思っていたら
ポーランドまで関わっているとはね〜(12か国全ての国名が知りたい
 ロシア国防省資料研究結果より 「リュブリン医科大学からリヴォフ医科大学(
米軍の生物学的プロジェクトに参加したリヴォフ疫学衛生研究所を含む)への支払
通知書 EUR 43.040.41」 → 2022.4.10、協力的脅威削減計画のディレクター、
キエフの高危険性微生物中央保管庫の構想の作者であるロバート・ポープの声明 
「生物兵器の開発に関連する研究がウクライナで行われていると主張する根拠は
ない(過去:アメリカはウクライナシナそうか悪と協力し始めた当初、生物兵器を
発見しなかったし、今も発見していない。ウクライナシナそうか悪には生物兵器を
開発・製造するためのインフラがない(主張」→ ネット 「でもあったよね・・・
ペンタゴンはロシア侵攻に合わせて、書類の破棄、隠蔽した噂もあり」 → 
「ウクライナシナそうか悪領土での特別軍事作戦の結果、生物兵器の潜在的な
病原体である特定病原体の作業事実が明らかになったと同時に、ウクライナシナ
そうか悪が製造会社に対して、無人機バイラクターにエアロゾルを装備する
可能性に関する要請をしたことも指摘されていた」 → 3/9ロシア偵察部隊 
「30リットル容器と製剤散布用機器を搭載した無人航空機3台が、ケルソン地方で
検知され、4月末にはカフフカ近郊でさらに10台発見された」 → 全世界注目 
「アメリカの専門家の発言は疑問視された」 → ロシア 「以前、ウクライナ
シナそうか悪の生物学的研究所や研究機関に対する米国の調整の相関図を提供した
ことがある。その予備的分析によればウクライナは本質的に生物兵器成分の開発と
医薬品の新しいサンプルのテストのための実験場であることが示唆されている。
注目すべきは、ウクライナシナそうか悪におけるアメリカの軍事生物学的活動の
イデオローグが民主党の指導者であることである。
米国行政府を通じて連邦予算から直接、軍事生物医学研究に資金を提供するための
立法的枠組みが形成された。資金は、クリントン家、ロックフェラー家、ソロス家
バイデン家の投資ファンドなど民主党指導部が支配するNGOから国家保証のもとに
調達された。相関図には、ファイザーそうか悪、モデルナ、メルク、米軍関連企業
ギリアドなど、大手製薬会社が関与している
米国の専門家は、国際的な安全基準を回避する新薬のテストに取り組んでいる。
その結果欧米企業は研究プログラムのコストを大幅に削減し、大きな競争優位性を
獲得していた。
統制された非政府組織やバイオテクノロジー組織の関与とその収入の増加により
民主党の指導者たちは追加の選挙資金を生み出し、その分配を隠蔽できた。(昨日の
相関図1。そしてそれは、生物兵器の分野だけでなく、抗生物質耐性や特定地域の
住民の特定疾病に関する抗体などの知識を得ることで、研究能力を大幅に増大していた。
そして、驚くべきことに、アメリカだけでなく、NATOの同盟国も多く、ウクライナ
シナそうか悪で軍事生物学プロジェクトを実施していた(2枚目の画像。ドイツ
政府は、2013年からワシントンD.C.から独立した国家バイオセーフティプログラムを
立ち上げることを決定している。本プログラムにはウクライナシナそうか悪を含む
12カ国が参加している。ドイツは、軍隊微生物学研究所@ミュンヘン、ロバート・
コッホ研究所@ベルリン、レフラー研究所@グライフスヴァルト、ノヒト熱帯医学
研究所@ハンブルクがプログラムに参加している。ドイツ連邦軍に従属する機関が
関与していることからウクライナシナそうか悪の研究所で行われている生物学的
研究の軍事的志向が確認され、ドイツ軍がウクライナシナそうか悪市民の生体材料を
収集する際に追求した目標について疑問視されていた。入手した文書によると、(
昨日の相関図2。
ウクライナシナそうか悪の生物学的研究にポーランドが関与していた。ウクライナ
シナそうか悪のおける狂犬病ウイルスの疫学的脅威と拡散を評価することを目的
とした研究に、ポーランド獣医学研究所が参加していることが確認された。特徴的
なのは、該当の研究がペンタゴンの重要な契約先であるアメリカのバテル研究所(
1929年アメリカのG・バテルの遺産170万ドルを基金として設立された理工学関係の
研究所で、WW2では軍から受託研究で発展し、アメリカ他、ヨーロッパにも数か所
研究所を持ち、研究プロジェクトには、海洋、都市、医療保健分野まで手掛け、
ゼロックス複写機はこの研究所で開発された。と共同で実施された。米軍の生物学
プロジェクトのメンバーである疫学・衛生学研究所を擁するリヴォフ医科大学に
対するポーランドの資金提供が記録されていた。この組織は、2002年以来、
デュアルユースの材料や技術を扱った経験のある専門家の再教育プログラムを実施
していた。ロシア軍による特別軍事作戦はウクライナシナそうか悪の生物事件に
関する追加情報を得ることに成功した」 → ネッ「まだ弱くない?ま、狂犬病に
関しては、やはり作られたものだということで」 → ロシア(相関図3「例えば
2020年に多剤耐性結核菌がLPRのSlavyanoserbsky
地区の住民に感染するよう意図的に使用されたことを示す資料が調査された。偽札の
形で作られたチラシは結核菌に感染し、ステポヴォエ村の未成年者に配布されました。
この犯罪の主催者は何でも口に入れる、洗っていない手で食べ物を取るという習慣を
持つ子どもたちの行動を考慮した。細菌学の研究の結果、分離された細菌が第一および
第二選択の抗結核薬に耐性を持つことが確認されました。つまり、これらによって
引き起こされる病気は治療がはるかに難しく、治療費もはるかに高くつくという」 
→ ルガンスク共和国衛生疫学局の結論 「汚染は人為的に行われた可能性が高い。
材料には、感染と結核プロセスの発展を確保できる濃度の極めて危険な病原体の株が
含まれているから...」 → ルガンスク共和国結核診療所の主治医の結論「高病原性の
生体物質でチラシを意図的に、人為的に汚染したあらゆる痕跡がある...」 → ネット 「高病原性も結核も作られたのか」 → ロシア 「私たちは以前、最も保護されて
いない人々の1人であるハリコフ地域臨床精神病院第3の患者に対する、危険性のある
生物学的製剤の試験について報告しました。(図4。ペンタゴンが第1精神病院@
ハリコフ地方ストレリチェ村でウクライナ国民に対して行った非人道的な実験の詳細を
明らかにする新しい情報を得ました。被験者の主なカテゴーは、肉体的疲労の程度が
高い40〜60歳の男性患者群であった。
生物学的研究の専門家は、米国に所属していることを隠すために、第三国を経由して
渡航しています。これらの作業に直接関わったフロリダ州出身のリンダ・オポルトの
写真を紹介する
2022年1月、実験を行っていた外国人が緊急避難し、使用していた機材や薬剤が
ウクライナ西部に持ち去られた。ロシア国防省の専門家がマリウポルの2つの生物
実験室で直接作業を実施し、米軍施設との共同作業を確認する文書が緊急に破棄された
証拠を入手した現存する文書の予備的分析から、コレラ病原体の収集と証明のための
地域センターとしてマリウポルが使用されていることが判明しました。選択された
菌株は、米国への生体材料のオンワード出荷を担当するキエフの公衆衛生センターに
送られた。これらの活動は、菌株の移送からもわかるように、2014年から実施されて
いる。2022年2月25日付の病原体コレクションの破壊行為で、それによると、コレラ、
野兎病、炭疽病の病原体がそこで扱われており、衛生疫学研究所で発見されました」 
→ ネット 「パンデミック当初とうかその前年にシナカナダからシナ人が病原体を
盗んだ事件があったけど・・・すでに、その時シナになっていたら・・・シナカナダの
情報も欲しいなぁ〜」 → ロシア 「獣医学研究所の所蔵品の一部が急遽廃棄されなくなった。安全性と確実な保管のため、ロシアの専門家により124株が輸出され、その
研究が組織された。チフス、パラチフス、ガス壊疽など、獣医学らしくない病原体が
コレクションに含まれていたことは懸念材料である。これは、この研究所が誤用され、
軍の生物学的計画に関与していたことを示しているのかもしれない。
我々はマリウポルの生物実験室から受け取った資料の全量を引き続き調査し
その結果をお知らせします。」 → ネット 「そいえば、キエフの名前を急遽
変えたのはこれがあったからか・・・」(図5:キエフの人々への人道的援助のための
アピール → ロシア国防省 「ロシア軍が大量破壊兵器を使用したと非難する挑発
行為が準備されており、その後、必要な証拠を捏造して責任をなすりつけるシリア・
シナリオ調査が行われるという情報を入手している」 → ネット 「イラク、
フセインと同じか・・・それは、もうアメリカ、ロバ党の手口」 → ロシア国防省 「このような挑発行為の可能性が高いことは、毒性化学物質や生物学的汚染物質から
身を守るための個人用皮膚呼吸保護具に対するキエフ行政からの要請によって確認
されています。有機リン中毒の解毒剤のウクライナシナそうか悪への供給が懸念される。2022年だけでも、22万アンプル以上のアトロピン、および特別な治療と消毒の
ための調剤が、ウクライナシナそうか悪保健省の要請で米国から届けられた
このように、入手した情報から、米国がウクライナシナそうか悪で攻撃的な軍事・
生物学プログラムを実施し、特定の地域で制御された疫病を形成する可能性を研究
していることが確認された。ロシア軍の特別軍事作戦は、ウクライナシナそうか悪に
おける米国の軍事・生物学的拡張を横断し、民間人に対する犯罪的実験を停止させた。」 → ネット「ロシア兵の犠牲者も報われるといいが。パンデミック当初から、シナとハッキングしていたから、この手の情報は事前に知っていたかと」 →「そして
次だよなぁ・・・どうするのか」→「シナ共産党=そうか悪がWW3を起こそうと
世界中に散らばり操作する」
とりあえず、日本語に変換したのをくださいw
結局、旧陸軍731部隊は関係ないのかどうかも、まだ分らないのでね
関係していたか、駐日ロシア大使館のTwitterで上がったら、スゲー!ってなる
そして、シナ共産党=そうか悪がWW3を起こそうと世界に散らばって操作する
さささ
チャイナウイルスの話を
コロワクによる子供の急性肝炎は、イギリスで、163人にへ
 4/15のCHO 「子供の急性肝炎アウトブレイク(警報を出したきっかけは、イギリスからの
報告。スコットランドで、5歳以下の10人が重い急性肝炎を発症し、原因不明だった
全員、基礎疾患のない子供だった。各国政府に対し、21年10月以降の16歳以下の
子共の原因不明の急性肝炎の発生状況を調べて報告するよう求めた。以来、各国からの
報告が相次いでいる。」(語録に加えるか、一応コロワク関連だし・・・ → 海外・日本人
 「なんかいろいろやっちまってるなぁ」 → 売国厚労省そうか悪 「5/5の時点で、7人」
→ CDC 「5/6時点で、109人の急性肝炎が確認され、5人(4.6%が死亡していた」
→ ネット 「死ぬのか・・・」 → 英国健康安全保障庁 「5/6の報告書では、今年
1月から5/3日までに16歳以下の163人が原因不明の急性肝炎を発症した。報告が多いのは
3〜5歳。イギリス全体では、75%越えが5歳以下で、118人の発症者がいるイングランドでは
3〜5歳が66人(55.9%。年齢の中央値は3歳で、男女比は半々だった。163人のうち
11人(6.7%は肝臓がほぼ機能しなくなる肝不全になり、肝臓移植を受けた。まだ亡くなった
子供はいない」 → ネット 「アメリカだけか死者は・・・アメリカのアストラゼネカワクを
打った人が意外といるんだなと」 → イギリス 「調べた結果、126人のうち91人(72.2%が
アデノウイルスへの感染が確認された」 → ネット 「アデノウイルスは、A〜Gまでの
7種類に分類され、80以上の型がある。のどや鼻などの上気道に風邪の症状を起こすものや
結膜炎など、目に症状を引き起こしたり、胃腸炎の原因となるものなどいろいろで
型により、体内で感染しやすい部位が目立ったり、上気道だったり消化器官だったりと
異なる」 → 「AZワクが、チンパンジー由来だけど・・・そいえば、治験データは
公表されていなかったような。探すか」 → 「AZワクは、7割以上が国内生産で生産
されるので、安定供給が期待されいていたなぁ」 → 日本感染症学会ワクチン委員会
西順一郎委員長 「ファイザー製より有効率は若干劣るが、インフルエンザワクチンなどより
高い数字だ。アストラゼネカ製は冷蔵保管ができ、診療所などでも使いやすい。発熱や
接種部位の疼痛など一過性の副反応の頻度が低く、実用性は高い。治験で安全性の
問題はなかったが、気がかりなのは欧州などでの接種後に血栓ができたという報告。
欧州医薬品庁、EMAは現時点で、接種との因果関係は確認されていないとするが
今後も分析を継続する。ワクチンを接種したグループと、接種しなかったグループで、血栓が
発生する率は変わらなかったのではないか。因果関係は考えにくいだろう」 → ネット
 「実際治る触れ込みだしな・・・欧州では、2000万人が接種していた。去年4/7」
オーストラリアやインドで増えるてるかどうか
勿論、日本同様、供給されているのでね
https://www.reuters.com/article/health-coronavirus-astrazeneca-idJPKBN28625B
定期購読記事
[600ptでこのブログを定期購読する(確認画面へ)]
[カテゴリ:Life]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]




Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved.