このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
TALES OF  NIGHTINGALE-ブロくる
CANAL さん
TALES OF  NIGHTINGALE
地域:指定なし
性別:女性
ジャンル:ニュース マスコミ
ブログの説明:
〜〜真実が浮かび上がるのは、夜。見つめるのは、ナイチンゲールの瞳。〜〜
「TALES OF NIGHTINGALE」にお立ち寄りくださいましてありがとうございます。当ブログでは、真実を見つめ続けるナイチンゲールの視点を借りて時事政治経済、フィギュアスケートなど関心のありますことについて硬軟問わずネットの森の片隅で語っております。
カテゴリ
全て (1745)
最初にお読みください。 (4)
”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア (519)
アクセス数
総アクセス数: 344363
今日のアクセス: 83
昨日のアクセス: 259
最近の記事
09/27 19:08 【犯罪的楽観】続々規制緩和の大罪【殺人罪相当】
09/20 19:54 【笑止千万】自殺者激増喫緊アナログリアル対応棚の上の「デジタルガー!!」&【国民虐殺】コロナトラベル・コロナイートという致死性犯罪行為(前)
09/13 19:24 【ドコモ斜め上消えた年金再び】杜撰マイナンバーと手ぐすね増税で身ぐるみむしり取られ地獄へ国民まっしぐら【和製ルカシェンコアベ”やっぱり投げ出しトンズラ”うんざり第二次内閣後継】
09/06 21:11 和製ルカシェンコ”やっぱり投げ出し逃走がっかり”アベ第二次内閣のお次は小間使い用務員総理スガ【徹頭徹尾党利党略一筋・国民不在】
08/30 20:37 【成果皆無】隷倭版大本営・自国民見殺し三無アベ第二次へずま敵前逃亡トンズラ内閣【被害甚大】
08/23 20:57 【退陣秒読み】「仲間に手厚く一般国民は蔑ろ」戦略【無期ブタ箱休養相当案件】
08/16 20:50 「英霊」連呼は無能悪玉為政者の常套【加害者中心主義】
08/09 14:20 「STAYCATION」こそ賢者の選択【医療崩壊促進悪魔の政策GOTO】
08/02 20:22 【へずま内閣】「へずま(通称GOTO)キャンペーン」というジェノサイド【へずまメディア】
07/26 21:03 最近のお天気について
カレンダー
<<2020年07月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
【極東版ボルソナロ】確信的殺民奴集団アベ国賊自民【罹って応援!】
[”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア]
2020年7月5日 21時6分の記事

口上書く暇もないほど忙しかった先週土日…今週も似たり寄ったりで時間が取れない…部屋の隅で増殖中の未読新聞横目に取りあえず早わかり画像↓…。


【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。





PCR検査、濃厚接触者の特定…感染対策と銘打って今国賊アベ自民がやっているのはそれらは、実は感染対策でも何でもない。これらは全て、

感染対策前段階の単なる事実確認その他

でしかなく、それを恰も何がしかの実効性ある対策であるかの如く歪曲ねつ造しているのが、国賊自民であり、四国3D新聞やグルHK(@御用)ら廃脳イカサマブラックアシスト集団。
どれだけ世界標準とかけ離れた土人ヤクザ集団か、これだけでも理解できるってもんだが、因みに



一枚目の画像でも取り上げたオーストラリア規制再強化の記事で、新規感染者数を「19名」と明示せず”二桁”と曖昧模糊な用語で以てごまかし隠蔽、更には念を入れて目立たないよう三面の最下段に載せたのは札付きのフェイク黒メディア四国3D新聞だ。
何故こんな事をするかといえばこうした

海外の対策に比べればこの国の対策がデタラメ千万である事がバレてしまうから

それ以外の理由は見当たらない。如何に確信に満ち満ちた悪質なイカサマ極まりない反社犯罪者集団か、これだけでも知れようってもの。勿論、グルHK(@御用)ら、アベの戯言をオウム返ししているほかの国内メディアも以下同文の犯罪者集団。

これら芯から腐った反社犯罪者集団を一掃しない限りまともな国作りなんぞは絶対にあり得ない。

何の不思議もない、当たり前の話だ。




このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved