このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
satou さん
児童英検とは?
地域:大阪府
性別:女性
ジャンル:教育・学校 資格
ブログの説明:
児童英検について
カテゴリ
全て (9)
アクセス数
総アクセス数: 2720
今日のアクセス: 1
昨日のアクセス: 1
RSS
児童英検料金
 
2012年11月12日 14時49分の記事

児童英検では、どのコースでどのグレードを選ぶのかに応じて料金が違います。
まずはペーパーによる試験ですが、試験料はGOLDが2,400円、SILVERが2,200円、BRONZEが2,000円と決定されています。
次にオンライン版ですが、オプションがついたコースがありますので、自分に適したものを選びましょう。
試験だけであれば、かかる値段はペーパー版と違いがありません。
ラーニングコースというのは、模擬テストやドリル・ゲームを行うことができますので、インターネットによって児童英検のための勉強をすることが可能となっています。
どのグレードであっても費用は1か月2,000円、3か月3,900円、6か月6,000円とされています。
そして、フルパックといってラーニングとテストの双方が行えるコースが用意されています。
このコースを選べばドリル&ゲームそして模擬テスト以外にも児童英検をオンラインで受験することが可能です。
料金というのはBRONZEの場合1か月3,900円、3か月5,400円、そして6か月7,300円が必要です。
SILVERが1か月4,100円、3か月5,600円、6か月7,500円となり、GOLDでは1か月が4,300円、3か月が5,800円、6か月が7,700円になります。
ラーニングのみ、テストのみを個別に支払うよりも、フルパックを選ぶほうが割引価格になっています。
しかしながら、オンライン版の試験はその期間の間に一度しかチャレンジできませんので受けるタイミングはしっかり検討しましょう。
英語力に自信がない場合には、期間が長いものを選んだほうが良いでしょう。


【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/jidoueiken/229479
最近の記事
11/12 14:49 児童英検料金
11/12 14:48 早い時期から子供に英語
11/12 14:47 受験に対する条件
11/12 14:46 児童英検の種類
11/12 14:46 オンラインテストとペーパーテスト
11/12 14:44 SILVER
11/12 14:43 BRONZE
11/12 14:42 児童英検3ステップ
11/12 14:41 児童英検
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved