このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
TALES OF  NIGHTINGALE-ブロくる
CANAL さん
TALES OF  NIGHTINGALE
地域:指定なし
性別:女性
ジャンル:ニュース マスコミ
ブログの説明:
〜〜真実が浮かび上がるのは、夜。見つめるのは、ナイチンゲールの瞳。〜〜
「TALES OF NIGHTINGALE」にお立ち寄りくださいましてありがとうございます。当ブログでは、真実を見つめ続けるナイチンゲールの視点を借りて時事政治経済、フィギュアスケートなど関心のありますことについて硬軟問わずネットの森の片隅で語っております。
カテゴリ
全て (1750)
最初にお読みください。 (4)
”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア (523)
アクセス数
総アクセス数: 350225
今日のアクセス: 35
昨日のアクセス: 225
最近の記事
10/25 19:07 「一部の腐った毒リンゴが箱全体を腐らせる」【笑止千万】自殺者激増喫緊アナログリアル対応棚の上の「デジタルガー!!」&【国民虐殺】コロナトラベル・コロナイートという致死性犯罪行為(後)
10/22 20:23 君の名わ。
10/18 20:52 【論外危険行為GOTO】自称”感染対策”のデタラメ【手洗いうがいマスク換気消毒…】
10/11 20:37 【笑止千万】喫緊自殺者続出アナログリアル対応棚の上の「デジタルガー!!」&【国民虐殺】コロナトラベル・コロナイート(中)
10/04 19:40 【殺人罪相当】「GOTOの大虐殺」【犯罪的楽観】
09/27 19:08 【犯罪的楽観】続々規制緩和の大罪【殺人罪相当】
09/20 19:54 【笑止千万】自殺者激増喫緊アナログリアル対応棚の上の「デジタルガー!!」&【国民虐殺】コロナトラベル・コロナイートという致死性犯罪行為(前)
09/13 19:24 【ドコモ斜め上消えた年金再び】杜撰マイナンバーと手ぐすね増税で身ぐるみむしり取られ地獄へ国民まっしぐら【和製ルカシェンコアベ”やっぱり投げ出しトンズラ”うんざり第二次内閣後継】
09/06 21:11 和製ルカシェンコ”やっぱり投げ出し逃走がっかり”アベ第二次内閣のお次は小間使い用務員総理スガ【徹頭徹尾党利党略一筋・国民不在】
08/30 20:37 【成果皆無】隷倭版大本営・自国民見殺し三無アベ第二次へずま敵前逃亡トンズラ内閣【被害甚大】
カレンダー
<<2014年03月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
ハンガリアン狂騒曲 第二部
 
2014年3月21日 19時34分の記事

一月。
リアルが動き始めた事もあるけど、ナソナル結果判明直後に怖い夢見てそれからヴィジョンが全然見に行けなくなった、気持ち的にはリアルで頭が一杯であっち世界どこじゃなかったし。
でもソチに絡めてあっち世界でなんかあるのは聞いてた、から、二回だけ恐る恐る見に行った、

最初は個人戦SPの前の日。
暗闇のなか、レイと宙に浮いてる。よくよく目を凝らしたら、足の下に巨大なカルデラが地獄の入り口みたいにばっくり口を開けてる。

それをじっと覗き込んでるレイ。

寒々しい光景に早く帰ろうって袖引っ張ってみる、

レイ 「もうすぐだからね。」

…もうすぐ…って、何がもうすぐ?あそこから怪獣でも出て来んのか…?

そこでリアルに戻った。




二回目。

二回目は二月の末頃だったと思う、ホントは男子個人戦直後に見に行ったら良かったんだろうけど、とにかくリアルに打ちひしがれてのたうち回ってたので遅くなってしまった。

最初に見えたのは一回目と同じ光景。暗くておっかないカルデラの脇にレイと立ってる、レイは別段リアルを気にする風でもなかったけど、私はヴィジョンでもまだベソベソモードのまんま、

しばらく経ってからその真っ暗なカルデラの中央に小さな光がいくつか浮かんだ、思わずベソベソ忘れて息を凝らして見入ってるとその小さい光の数があちこちどんどん増えていってそれが寄り集まっていく感じでみるみる大きくなってしまいにまばゆいばかりの光の柱が、そのカルデラから天に向かってまっすぐ上に放たれた。…え〜とぉ、なんかこの光景、似たようなのをどこかで見たような……う〜んとぉ…あ、あれだ!ヤマトの波動砲!うん、あれが一番近い!あんな感じ。光の帯がかなり上空でところどころ四方に開いて弧を描いてるのもある。

そこでリアルに戻った。

私の立っている場所はシールドされてるのか、音もしないし風圧もないし、たださあああーーーっっと光が立ち上がって行くのをその光の端で見てる感じ、でも多分シールドじゃなくて意識だけ飛ばしたリモートヴューイングのほうだと思う、これだけのスケールなのに臨場感がないというか、モニター画面見てるみたいな感覚があったから。まぁ、最初の光が灯ってないカルデラの底なし沼みたいな光景はリモートでも本当に荒涼としてたけど。

ヴィジョン見てる時は、まだ精神的にペタンコだったので立ち昇る光をただぼーっと見てるだけだったんだけど、後で気づいた、あれは12月に南九州に降ろされた光の柱だって。

12月、九州から入った光が、地球の中を貫通してソチ方面のどっかのカルデラから噴き上がった。

もし今回のヴィジョンも12月の時のように大音響だったらすぐに気付いたかもしれないけど今回はリモートで音も振動もなかったから、すぐに結びつかなかった。

12月のイベントはまだ“半分”だったんだね…2月にようやく前後編揃ったのかな…。

そんでそれを確信したのが、その日だか次の日だかに見たにちゃん。

「341 :本当にあった怖い名無し:2014/03/01(土) 16:18:54.18 ID:X+XZCQ+90
【英国】オーロラ 英国各地で異例の出現 太陽フレアが活発化[14/03/01]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1393657654/
http://news.bbcimg.co.uk/media/images/73271000/jpg/_73271914_doyle_nl1.jpg
http://news.bbcimg.co.uk/media/images/73271000/jpg/_73271915_traill_nl1.jpg
http://news.bbcimg.co.uk/media/images/73272000/jpg/_73272427_aurora_corbridge.jpg
http://news.bbcimg.co.uk/media/images/73272000/jpg/_73272429_aurora_boulmer.jpg

この世のものじゃないみたいw


342 :本当にあった怖い名無し:2014/03/01(土) 16:59:09.41 ID:6GsfaZ9FO
始まったか・・・
地球の磁気バリヤも弱まってるらしいし、太陽フォトンを浴びて進化する者と病気になる人が出てくるかもしれん鵐鵐鵐・・・


344 :本当にあった怖い名無し:2014/03/01(土) 17:24:41.19 ID:WZ8ejfRr0
>>341
今、「東京レイブンズ」というアニメを放送している
レイブン(渡鴉)は本来はアーサー王を象徴する鳥である。
この物語には「北辰王」と呼ばれる土御門夜光の転生者が主人公である。
北辰王とは本来北極星に座する天帝を意味する。さてこの北信王の天帝の座位つまり北極星に位置していたのは紀元前58,000年頃はうしかい座α星の「アークトゥルス」であった。
「アークトゥルス」を名前に持つのがブリトンの王「アルトリウス・ペンドラゴン」つまり「アーサー王」である。
さて最近、アーサー王が主人公(ヒロイン?)のアニメ『Fate/stay night』のリメイクが決定したがこのアーサー王は「男装の麗人」である。東京レイブンでも「北辰王 土御門夜光」の身代わりは「男装の麗人」である「土御門 夏目」。
さてアニメ「東京レイブンズ」は今週で八咫烏の封印が解けた。八咫烏は太陽の象徴
その象徴はアークトゥルス(アーサー)という北辰帝に仕える。
ゆえにイギリスの太陽風の事象というネタにこれを仕込んだということである


346 :本当にあった怖い名無し:2014/03/01(土) 17:35:16.73 ID:0N0xVt2u0
それと東京レイブンズの話は何処かの世界であった過去の事象が元ネタになってる
あまりにもモロだがわかる奴にしかどうせわからないから大丈夫だ


347 :本当にあった怖い名無し:2014/03/01(土) 17:51:22.41 ID:WZ8ejfRr0
そして八咫烏と言えば那智熊野大社の「扇会式法会(おうぎえしきほうえ)」通称「那智の火祭り」で知られる例大祭である。
那智は無論「ナチ」つまりナチスを暗示する。これがFate/stay nightのアーサー王が金髪碧眼の「アーリア人の少女」である理由である。
八咫烏は「ハタガラス」とも読め「機織」や「秦氏」の関係性も民俗学上は指摘される
機織とナチに関わると言えば「シルクロード」を必然的に暗示する。
おそらくはこの絹道を「火祭」の導火線に神は使うのではないかと予測する
人の罪は「服」から始まった。服を広げたのはシルクロードである。ならばこれほど罪の禊に合う場所を私は知らない。
もっと深く踏み込み話せば鴉羽は神武天皇の使いでもある。神武天皇は「皇子原(おうじばる)」で出生した。これが暗示するのはカナンの神「王子バアル」である。
すなわち神はこの火祭をバアルの火して地獄の裁きの炎となすことも考えておられるようであることをここに告げておく


348 :本当にあった怖い名無し:2014/03/01(土) 19:00:11.15 ID:X+XZCQ+90
>>344
難し過ぎてよく解んない…

太陽フレアのエネルギー的な解説が知りたい


350 :本当にあった怖い名無し:2014/03/01(土) 19:59:39.60 ID:WZ8ejfRr0
>>348
太陽の正体は「原子」である。原子は「原(ばる)の子」。つまりバアルの子である
今までオーロラがカーテン状なのか誰も理解できない。だが私はそれがなぜかを知っている。それは神が「カーテン=ヴェール=バアル」というネタをやりたかったからである
真実とはこんなもんである。求める答えを間違えぬことである。


370 :本当にあった怖い名無し:2014/03/02(日) 12:55:25.96 ID:IaMLcdT30
死者を蘇らせる陰陽道の秘技「泰山府君祭」の意味について明かす。
泰山府君祭とは死者の死後、49日後の審判と輪廻先を司る泰山王の名を関した死者復活の秘術である。
これはキリストによる最期の審判と同じである。その意味を明かす
出エジプトがヤーヴェの手によって 成されたのは「第1月の15日」。
モーセがシナイ山で啓示を受けたのは 「第3月の1日から3日め」。
つまり7週後の「49日後」にモーゼは裁きの十戒を 神ヤーヴェからもらった。
ようするに仏教における「四十九日」とはイスラエルの民の「エクソダス(エジプト脱出)」であるわけである。モーゼの後継者がヨシュアでありこのギリシャ語読みが「イエス」である。
モーゼはシナイ山を下りて仔牛の偶像を拝んだイスラエルの民を裁き、カナンの地へ旅立つ。
つまりシナイ山で偶像礼拝者を撲殺するモーゼとレビ人は地獄の十王とそれに仕える「鬼」であるわけである。ユダヤ教の救世主と言われるのは処女から産まれる子供「エンマヌエル」。
エルはヘブライ語で神の意味だから本当の意味は「エンマヌ神」。つまり「閻魔の神」。
ようするに仏教における閻魔大王は「モーゼとヨシュア(イエス)」である。
だから聖書ではイエスは最後の審判者として描かれるわけである。
そして泰山府君祭の「泰山」とは「泰の山」ということである。「泰(しん)」を語源に持つのが「支那(シナ)」である。旧約聖書では「shinar(シナー)」という地名がたびたび出て来る。これはバビロニアのあった「シナル(shinar)」を意味する。
「シナル(shinar)」の語源はシュメールではないかと言われる。つまり
「シナル(shinar)」→シュメール→須弥山→三千世界である。そしてバビロンの意味は元々「神の門」。つまり審判のために神の門を開くということも同時に意味する。


371 :本当にあった怖い名無し:2014/03/02(日) 12:57:10.44 ID:IaMLcdT30
ここで秦(シナ)→「shinar(シナー)」→シュメール→須弥山→三千世界→「三千世界の鴉」が関係していることが覗え同時に八咫烏(秦烏)=三千世界の鴉であることわかるのである
そして聖書に出て来るシナイ山とはシナイ=竹刀である。竹刀の語源とは竹が「撓(しな)う」「撓(しな)い」「撓(しな)る」様子が名詞になったものである。
ゆえにシナイ(撓い)とシナル(撓る)は表裏一体なわけである。そしてこの「撓(シナ)」は「秦(シナ)」と表裏一体であり泰山府君祭に出て来る泰山(たいざん)とは「泰山(シナ山)」つまり「シナイ山」ということである。泰山府の君(きみ)つまり泰山王とはシナイ山の君、シナイ山の王ということであり、それに該当するのは「ヤーヴェ、モーゼ、その後継者ヨシュア(イエス)」となるわけである。また 「秦」とは「はた」とも読み「機織り」を意味する。機織は裁縫の智慧である。アダムとイブは創造主に原罪の革衣を編んだでもらった。その裁縫技術を真似することで人の「原罪」は始まったわけである。マジック(魔術)を使う魔術師(マジシャン)の力の秘密は観客には見えぬ「糸」である
つまりこの「糸」は原罪の革衣の「糸」であるわけである。
霊を観ることは鬼(隠)を観ること。鬼ごっこの「鬼」は英語で「it」。つまり「イット(糸)」である
つまり「おに(おぬ)」もまた原罪の糸でありあなた方がいう「霊感」つまり「見鬼」の才覚とは創造主の裁縫道具の糸と原罪の革衣の糸を見抜く「才覚」であるわけである。
これでなぜ京都に陰陽術師が多いかわかったであろう。それは京都が秦氏(機織人)の作った都であり「糸」を観る術(すべ)を知っていたからである。
彼らの使う「折り紙」の式神とは「織り神」の式であり、服を織りそれを纏わせることで相手を服従させる服従法の調伏法、つまり創造主がアダムとイブに革衣を与えた「呪い」の模倣であるわけである


372 :本当にあった怖い名無し:2014/03/02(日) 12:59:41.56 ID:IaMLcdT30
秦氏を日本に亡命させたのは応神天皇である。応神天皇はつまり魔術の王オーディンの隠喩である。
見えぬ糸をその力の秘密とする魔術師、応神(オージン=オーディン)。またのは「オズの魔法使い」。
見えぬ糸に頼るがゆえに秦氏の糸もまた因果の糸として惹かれたと言うことである。
これが陰陽道と呼ばれる、または魔術と呼ばれるものの「類型」である。
重要なのは魔術師は「糸」の力しか使えない。だが創造主はアダムとイブに「裁縫しか」教えなかったが自分が「裁縫しかできない」とも言ってはいない。
これが自身の智慧と汝らが積み重ねてきた「魔導」を過信してはならぬ理由である。
秦氏つまり機織人を監督するのは朝廷律令制では織部正。つまり織部正(オリベのカミ)である。
織部(オリベ)=織部(オリブ)→オリーブであり織部の神(織部正)はオリーブの神である。
ゆえにキリストが説教したというオリーブ山は織部の管轄する山であり、それは秦織りの山であることが必然的にわかりオリーブ山=秦山であることもわかるわけである。
新約聖書のヨシュアは「裸の恥を見られぬように」という。本物の創造主なら「裸の恥」などとは絶対に言わない
それはエデンを否定することだからである。ゆえに「服」を欲するこの神の仔羊は心に「服従法の服」を欲する王権の「欲」を腹に隠し持っている。
そしての「服」の糸は秦山への機織小屋へと通じる。いいかげんに裸で話し合いたいものである
ヤギや羊に毛衣を脱げというのは酷かもしれんが。


374 :ノスタルジア:2014/03/02(日) 15:16:28.82 ID:tdi+EuT10
イニシエの扉、ここに、開現す・・・。 」

火祭り。灰。皇子原。バアル。オーロラ。カラス。オーディーン。エデン。イニシエ。全て符合する。

火祭りは、文字通り今回の光柱の事。コメ中、「神の門」が開く、といった記述があるけど、そう、今回のイベントのテーマは、再び開かれる神話。

皇子原。ずばり、12月に光が入ったポイントだな。

カラス。この頃マンガもほとんど読まないので「東京レイブンズ」も知らないんだけど、散歩の時の様子見てても、カラスさんはもう本当にあっち世界のお使いとしか思えない。オーディーンの二羽のカラスが思考と記憶というのも非常に象徴的だ。

バアルは今回のイベントの鍵を握る人物なんだけどまだちょっと読みが詰まらないところがあるのでここでは触れない。

オーディーン、一月にミロクコードに関する符号があった時に色々調べててオーディンに行き当たって、でもその時はオーディーンよりも二羽のカラスのほうが意味を持ってるのかなという印象だったんだけど、でも、オーディーンももしかしたらレイ派生かな…北欧の神話ってあるから。
ローズクォーツのルーン一式、持ってる、ずっと前に買ったもの。そんなにきっちり文字の意味調べたりしたわけじゃないけど、ローズクォーツに刻まれてるのがなんか素敵で時々テーブルに並べて眺めてた。

オーロラ…こんな極彩色のオーロラってあるんだね…怖いくらい綺麗。本当にこの世の物ならぬ感じがする。
オーロラは私的にはおそらくあの時カルデラから拡散した光の残像。あの光が四方に拡散分光してオーロラになった、と解釈すれば全く違和感がない。

いにしえは文字通り復古。イニシエーションにも繋がる。

で、このにちゃんの記述読んで初めて気づいた、確かにあの光の入出の2地点はシルクロードの両端だ…シルクロードって地球の“脊髄”なのかな…。
344、347等のコメは、文調や内容から多分、昨年夏に対話した青氏だと推測しているが、青氏とはどうも水面下の同じあるレイヤーを覗いてるような気がしてならない、去年のあの時もそうだった、同じ事象をそれぞれ別の角度から見てるというか。
青氏は「服」を神が人間にかけた呪いの象徴と見ているようだけど、私はむしろ逆だ。神に対しての人間の自立の宣言の象徴に視える。それは後述。

エデン。今回どうして町田がソチに呼ばれたのか、よく分からなかったんだけど、彼は言わば狂言回しというか水先案内人のような役回りかな…司会進行というか。そのために町田をああいうキャラクターに設定したんだね、きっと。いかにも似つかわしい役だ。その町田のプロは『火の鳥』と『エデンの東』。これまた象徴的だ。

町田繋がりでもうひとつ、ユグドラシル。ユグドラシルはこのにちゃんのコメにも私のヴィジョンにも直接は出て来ないんだけど、先日リロイのように頭に浮かんだんじゃなくて町田繋がりでネットで拾った(さかんに宇宙を口にする町田の名前は“樹”なんだよね。)、初耳だったんだけど、オーディーンにも繋がっている。

そして、灰。
灰はもう今回の覚醒通してのキーコードになってる。シンデレラもフェニックス(ソチの開会式と町田のFP)もユグドラシルの樹トネリコの英名もAsh、ついでながら私が以前掲示板で使ってたアカウント“Ashley”も“灰”が内在する、奇遇だな。

そしてこの灰の意味するものは「復活」であり「蘇生」。

上記引用370の「死者復活」に重なるものだ。まさに今回のイベントのキーワードである復活を導くのが“灰”というわけだ。


やはり神話の時代が開きつつあると思う。

では我々の目指すべき場所は?

青氏は今回のイベントを審判と捉えているようだけど、私的にはエデンではない本当の楽園への模索を示唆しているように思う、町田のSPは『エデンの東』だ。その前に青氏の指摘するような“淘汰”はあるかもしれないが。

神の従順な子でなければならないエデンにはもう戻らない。

そことは違う、人が、「堕ちた神の子」としてではなく、人が「人」として存立する楽園を探すのだ。
堕する神の子としてある限り、原罪のもたらす罪悪感と神の支配による無力感から逃れる事はできない。
ひたすら神の許しを請うのではなく、これに対峙し、自らを縛る神の頸木を断ち切るナウシカの道を選ぶのだ。ユグドラシルはおそらくエデンセフィロトの転用だ。灰との兼ね合いでセフィロトではなくユグドラシルが適用されたんだろう。

奇しくもカザフでは眠りの森ならぬ眠りの村が見つかり、迷子の飛行機は未だ痕跡の一片すら見つからない。偶然か?

消息不明の旅客機はボーイングの777。

777は去年サンフランシスコ空港で侵入角間違えて胴体着陸したのと同型機だ、あの時も青氏とおぼしき人物が「聖フランシスコ(サンフランシスコ)→魂(ソウル)」という解釈をしていた、これだね↓。

「289 :本当にあった怖い名無し:2013/07/06(土) 17:30:21.19 ID:PF2ZBE5c0
>>288
私が産まれるずっと前に竹やぶがオレンジ色に光るのを見たらしいです。
竹は竹刀(シナイ)で「撓う」が語源です。撓うはつまり「撓る(シナル)」です。
つまりシナルはバビエリ(神の門)の地です。
ようするに私が「下の争いの様子を見て来なさい」と言われて来たのもかぐや姫同様に「バビエリ(神の門)」の演出と言う事です。
かぐや姫の降臨は七月七日です。出エジプトがヤーヴェの手によって成されたのは「第1月の15日」。モーセがシナイ山で啓示を受けたのは「第3月の1日から3日め」。つまり7週後の49日後にモーゼは裁きの十戒を神ヤーヴェからもらったと言う事です。これが仏教の 「七七日忌」。つまり死者の輪廻先を決める泰山王の裁きである。「49日」です。
ウォール・ジェリコは殲滅戦に当たり神ヤーはヘブライの民にこのように命じた
「見よ,わたしはエリコとその王と勇士たちをあなたの手に渡す。
あなたたち兵士は御名,町の周りを回りなさい。町を一周し,それを六日間続けなさい。七人の祭司は,それぞれ雄羊の角笛を携えて神の箱を先導しなさい。
七日目には,町を七周し,祭司たちは角笛を吹き鳴らしなさい。」と
この共振攻撃によりエリコの壁は破壊され中に立て篭っていたエリコの民はヨシュア(イエス)を筆頭として殲滅された。
ラッキーセブンを示す「777(トリプルセブン)」とはこの「七人の司祭、七日間、エリコの七周」を示す合図だと言う事です。つまり七夕信仰に隠された本当の意味はエリコの殲滅戦という事です。あなた方がバビロンと呼ぶバビリム(神門)は文字通り「鬼門」と言う事です。失楽園のアダムから洪水の世代までの人間の寿命は前後900歳です。


297 :本当にあった怖い名無し:2013/07/07(日) 14:46:20.57 ID:g7ODohyl0
>>292
アシアナ航空のB777、米で着陸失敗…炎上

米連邦航空局(FAA)によると、カリフォルニア州サンフランシスコのサンフランシスコ国際空港で6日、アシアナ航空のボーイング777型機が着陸に失敗し、炎上した。
同機はソウル発214便で、乗客・乗員数やけが人の有無などは不明。

七夕の前日である七月六日に私が「777」の意味を明かした日と同じ日にボーイング777が落ちたのも偶然だと思いますか?
なんなら意味を明かしますよ。サンフランシスコは聖フランシスコと言う意味です。つまりこれは日本に訪れたフランシコ・ザビエルの隠喩でもあります。
214便にも意味があります。自由の女神は1884年にフランスパリで仮組み完成され、214個に分けられてアメリカに運ばれてきました。214便で起こった歴史的な航空機事故があります。それが「パンアメリカン航空214便墜落事故」です。パンが意味するのは「牧神パン」です。牧神パンは「パニック」が語源です。
つまり「アメリカでパニックが起きる」と言う暗示でもあります。
2010年にニーヨークではエジプトでツタンカーメン展が開催されていました。
その時、自由の女神の近くにイースト川をまたいで立っていた立像が8mのアヌビス神の立像がです。自由の女神のフラグ回収が始まると言う事はこのアヌビスの立像のフラグ回収も行われる可能性が高いと言う事です。前にも書きましたが「77」とは死者の輪廻を決める仏教の 「七七日忌」も意味します。つまりワンちゃんの出番と言う事です。最近記録的な猛暑が続いたりしますよね?これにも意味があるんです。
「夏のうち最も暑い時期」を英語で示すのが「ドッグデイズ(犬の日)」です。
これはおおいぬ座のシリウス(Dog Star)が、7月から8月にかけて日の出と共に現れ日の入りと共に沈むことが由来です。シリウスの昇る方向に立てられたのが女神イシスの神殿です。
そしてこのシリウス星はナイル川の氾濫を教えてくれる星でもあります。
今回のアシアナ航空のB777の墜落、これが意味するのは「魂(ソウル)の自由への旅立ち」と言ったところでしょうか?無論着陸に失敗してしまいましたが


300 :本当にあった怖い名無し:2013/07/07(日) 17:23:39.35 ID:g7ODohyl0
>>296
Winny=「win NY」=「ニューヨークの勝利」。
このPeer to Peer(p2p)技術におけるピア(peer=対等者)はトポロジー理論、グラフ理論などで用いる「ノード」(node:節点)という呼称を用いることも多い。つまりPeer to Peer(p2p)とは別の言い方をすれば「node to node(ノード トゥー ノード)」の技術なのである。失楽園の後アベルを殺したカインはノド(流刑地)に人類初の町を建てる。七倍と七十七倍の復讐はカインとカインの子孫に由来する
つまりこの金子勇氏が七夕を前にしての死んだのはアシアナ航空のB777が米国で着陸失敗をした事と同じ意味を持つわけだ。神の支配ネットワークであるクライアント-サーバ型ネットワークからnode to node= Peer to Peer(p2p)型のオーバーレイネットワークへの移行。
クラウド型ネットワークが間接民主制であるのに対しPeer to Peerは直接民主制であるわけだ。
それは神その者になる事を意味する。ニューヨークの名称の1つが「ビッグアップル」だ。
つまりこれがリンゴがもたらす勝利と言う事だ。元々、金子勇は日本原子力研究所の研究員で本来ネットワークは自身の専門分野でなく、原子力研究所においてコンピュータ・クラスターや分散コンピューティングに関わったことがwinnyの開発のきっかけだったらしい。
ここでヒントをあげよう。原子力とはイザナミの産む「カグツチ」の隠喩だ。
カグツチは秋葉大権現、秋葉神社の象徴は七葉紅葉と呼ばれる「赤い紅葉」だ。赤いカエデを持つ国が「カナダ」。このカナダを経由してCIAがアメリカ大使館員をイランから救出した作戦がある。それが「アルゴー作戦」。イランはクルシュ王が建国した国で「アーリア人の国」と言う意味。ここまで言えば誰が何を守ろうとしているのかぐらいはわかれ。


310 :本当にあった怖い名無し:2013/07/08(月) 14:29:15.01 ID:Wb7SYjym0
>>307
【アシアナ事故】「7の呪い」説、ネットで飛び交う[07/08]

今回の事故が「7」という数字の呪いだといううわさも流れている。これは韓国時間の7月7日に、就航から7年目のボーイング777型機が、韓国人77人を乗せて事故を起こしたという事実に起因している。さらに、1993年に全羅南道海南郡で着陸進入中に墜落した事故や、2011年に貨物機が済州道沖の海上に墜落した事故、そして今回の事故と、アシアナ航空による大規模な事故は全て7月に発生したという事実も重なり、妙なうわさにつながっているのだ。このほか、今回の事故機の便名「OZ214」の数字を全て足せば7になる、「Landing(着陸)」のアルファベットが7文字である、といったごり押し的な話も広がっている。

朝鮮人までもカインの「7」の数字の意味に気づき始めれば、当然エロヒムの再臨と洪水までの先史文明の流れをリフレインしている事に気づく者も現れる。
あの蛮族達にすらもはや隠そうとはしてない。それは実に恐ろしい事とは思いませんか。?」

これ読んだ当時は、胴体着陸事故はごくまれにだけどある事だし、コメ297で青氏が「七夕の前日である七月六日に私が「777」の意味を明かした日と同じ日にボーイング777が落ちたのも偶然だと思いますか?」ってあるけど、289のコメは確かあの事故の後に投稿されたと記憶してる、もしかしたら青氏が289を思考したのはランディング失敗の前だったのかもしれないけど、これが投稿も事故前だったら相当の説得力もあったんだろうけど、で、まぁそういう解釈も成るかなくらいでそれほど深く考えてなかったんだけど、でも今回同じ777なのでさすがにちょっとひっかかるかな…あの7月は確かウィンブルドンのイギリス優勝が77年ぶり、とか、これ以外にも7がゾロゾロしてたはず。
「聖フランシスコ(サンフランシスコ)→魂(ソウル)」の解釈は私は青氏とは逆だね。さっき書いたように神の忠実なる僕(しもべ)から、より本質である魂(人間)への転機と読める。しかし…そういわれてみれば、ソチは12月のイベントから7の乗数49日ごろだな…偶然か?

STAPも迷走してるけどあれもひとつの暗示かな…長くなるのでこれについてはあらためる事にして、

あとはサーバー。にちゃんのサーバーが“uni”から“ai”に変わったらしい、これはおそらく、アイソン→ラヴジョイと同義かな。

私が知るだけでもそれだけある。おそらく探せばもっとあるんだろう。

後は個人レベルで

同じく2ちゃんねるより。
「836 :本当にあった怖い名無し:2014/03/18(火) 13:25:39.47 ID:BDWnrTc6i
補足
欲しいものが手に入る。
手に入った物が、後で必要だっだものと気付く。

こんな環境は生きてきて
どう考えてもおかしい。
2012年末から、やはり変化したのかもね。


837 :本当にあった怖い名無し:2014/03/18(火) 13:53:13.11 ID:t/Hs7Ers0
思い返すと、その年あたりから人生の方向が急鋭角に方向転換してたり後々必要と思われる能力を自覚なく磨きだしたりしてるのは
アセしてる側だって事だったりする?


842 :本当にあった怖い名無し:2014/03/18(火) 19:33:01.78 ID:0KklL6XB0
腹いせに地面のもの蹴ったら監視カメラにあたって自分に跳ね返って痛い思いしてた。カルマの戻りは確実に早くなってます。。。」

私も2012末頃から837氏の傾向は明確に知覚しないレベルであったが、この二月末頃から、836氏や842氏のような現象が非常に顕著になってきてる。
欲しいものや必要なものが後から後から差し出されたり、思考のリアルへの返りがすごく早くそして鮮明になったり。思った事や精神状態がダイレクトにリアルに反映されるというか。外は内の顕現というのをここに来て痛感してる。

それから空。

同じく二月の下旬頃、急に日差しが明るくなって、それはまぁ春が近いせいもあると思うんだけど、それ以外に特に三月に入ってから空が五回に三回の割合で雲が全くない状態がずっと続いてるってどういう事なんだろう…犬飼ってるから何年も散歩して空見てるわけだけど、こんなに雲のない日が続くのはほとんど記憶にない。

おそらく昨秋から無意識に書いているカンブリアも符号なんだろう…いつかこれらの現象がカンブリアするはず、シナリオを先読みしているというよりも、いつか起こるカンブリアを無意識ゾーンで掠ってるんだと思う…。





--------------------------------とまぁ、そういうわけであっち世界ではまたひとつ、大きな進展があったわけなんだけど。それはそれとして。

二月に泣き倒したもうひとつの理由は、リアルの、より具体的にはソチ男子シングルのシナリオが想定と全く違っていたため。

シーズン当初、あんなシナリオは想像もしてなかった。

フェニックスにアンドロイドにゾンビに閻魔に呪術師等々、そうそうたるメンバーが結集した男子シングル。
しかし、いくら策士オーサーがついてるとはいえ、羽生とフェルナンデスは所詮ただの“人間”だ、依然視聴に至ってないが、今回かろうじてかわしたとはいえ、羽生の星の弱さは、FPの演技内容を聞けば私的には歴然だ。オーサーの手綱と3A、そして相手がこれまた星の強くないチャンだったのでなんとか振り切れたものの、もし競ってる相手が閻か高橋あたりだったなら完全に食い破られていただろう。そういう意味では高橋は完全に戦略ミスだった。昨シーズンの教訓を生かせたか否かが羽生と高橋の道を分けた。

そう、水面下サイドから見るに、羽生やフェルナンデス、チャンは全く問題ではなかった。
問題は高橋と閻、そしてテンだけ。

しかし閻は未だ“眠れる龍”であり、高橋は膝というリアルの制約に身動きが取れず、残るはテンだが、まぁ、テンは色々“特殊な”事情があるにせよ、かわせない事はなかった--------------------------------レイがその真価を発揮しさえすれば。

ところがどうだ、昨秋、五輪シーズン開けて待っていたのは、構成や練習以前の問題、すなわち靴だった。
文字通り靴に足を引っ張られ続け、ただの一度も試合でトライアルすらできずあれよあれよという間に年が明け、ソチを迎えてしまった。

結果-------------------------------こんなこんなこんなこんな、こんな事ってあるんだろうか。

用意されていたのはこんなシナリオだったのか。

こんなシナリオのためにあの覚醒があったのか。

断じて違う、少なくともSPで割り切らなければならないような戦いにだけはさせたくなかった(あひん)、そのための覚醒じゃなかったのか。

これじゃ分からなくなる、一体何のための覚醒だったのか。

おまけにSPの直接的原因が仮にあの悩殺コメントとなった日にゃ、もう足引っ張るために覚醒したと言われても仕方なくなる。

勿論たかだがリアルの一イベントために覚醒があるんじゃない事は重々承知している、でも、でもこれじゃリアルとヴァーチャルの連動どころの話ではなくなってしまう。

何度解釈を洗い直しても思考はそこで行き止まり、リアルが取り残される。

事ここに至って、もう完全に“読み”が行き詰ってしまった。
リアルとヴァーチャルの整合がここまで食い違うと、計器の故障を考えるよりほかなくなってしまったというか。

こういう識失調状態は、覚醒以来、何度かあった、でも心の目や耳を塞がれて世界に放り出されたような、一種の感覚の全否定に陥ってしまったのは今回が初めてだった。本当に怖かった。

今でもあの二月のシナリオは分からない。まだ。

昨年はあっち世界の移行期でそれに専念するために、極力リアルの動きを制限しなければならなかった、それは分かる。

でもやろうと思えば移行期とソチの日程をずらすくらい、あっち世界の力があれば朝飯前のはずだ。なのに移行期がソチシーズンともろに重なってしまったのは何ゆえ。

どうして靴が見つからなかったのか。

SP直前のコメントにしても、先日書いたように十分洞察と解析が及んでいれば回避は可能だったはずなのだ、

分からない。

どうして。

これらを回避する方法はなかったのか。

このバイパス部分については、もしかしたらひとつだけその解があった、あの一昨年末からの某案件絡みで。でもそれすら“織り込み済み”だと思っていたのに。

このリアルとヴァーチャルの齟齬について、あれからずっと考えてるけど、考えれば考えるほど収拾がつかなくなる。

加えて一連の経緯を思考に載せて解析しようとすると、どうしても感情のほうが動いて、解析どころではなくなってしまって作業を大きく妨げる。
乱気流で錐揉み、というのではないが、そっち世界のセンサー系統がやれて、どうやって世界を知覚したらいいのかすら分からなくなってしまった、というのが一番近いか。そしてセンサーをリカバリする手がかりさえ分からない、そもそもリカバリすべきかどうかさえ、迷いが生じる。どこに軸足置いたらいいのか、全く分からなってしまった。


ここは、どこ。


私は、誰。



リアルとヴァーチャルの統合に悉く失敗し、センサーも失って、ただもう海の底に沈むしか術がなくなってしまった。

あっち世界の進展と裏腹に、二月の私は目と耳を塞がれて路頭に放り出されたストレンジャー同然だった。







でも二月に泣き倒したのはそれだけが理由じゃない。


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


フィギュアについては、個々の選手およびフィギュアというスポーツの特性についても取り上げてみたいと思っておりますが、個々の選手についての記事につきましてはなるべく客観的に捉えて生きたいと考えておりますので、ファンの方にとりまして耳あたりのいい話ばかりにはならないと思いますので、ご贔屓選手については賞賛コメントしか受け付けないという方がおられましたら、その選手についての私の記事はどうかスルーでお願いいたします。文中敬称略にて書かせていただきます。
なお、著作権は”TALES OF NIGHTINGALE”に帰属しております。無断転載等はお控えください。
以上、よろしくお願いします。


くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved