このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
TALES OF  NIGHTINGALE-ブロくる
CANAL さん
TALES OF  NIGHTINGALE
地域:指定なし
性別:女性
ジャンル:ニュース マスコミ
ブログの説明:
〜〜真実が浮かび上がるのは、夜。見つめるのは、ナイチンゲールの瞳。〜〜
「TALES OF NIGHTINGALE」にお立ち寄りくださいましてありがとうございます。当ブログでは、真実を見つめ続けるナイチンゲールの視点を借りて時事政治経済、フィギュアスケートなど関心のありますことについて硬軟問わずネットの森の片隅で語っております。
カテゴリ
全て (1952)
最初にお読みください。 (4)
”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア (689)
アクセス数
総アクセス数: 557453
今日のアクセス: 184
昨日のアクセス: 157
最近の記事
11/27 15:12 サッカーワールドカップバカ騒ぎの意味するところ
11/20 20:52 【倒閣待ったなし】犯罪的無為無策で国民虐待・詐欺師ダ政権【合言葉は、MJRA(Make Jap Ruin Again!】
11/13 20:41 「MJRA」、カルトムラの合言葉【Make Jap Ruin Again!(ジャップを叩きのめせ!)】
11/06 20:50 「#自民党に殺される」 国民と民主主義の第一仮想的・国賊邪教壺民党
10/30 20:57 対国民・三本の毒矢で国民奈落へ【詐欺師ダ謹製】
10/23 18:13 邪教壺民党こそ即刻解体追放案件
10/16 20:03 コロナ禍マイナンバー禍円安禍で日本滅亡
10/13 20:00 【まだまだAIには負けやせん!】ビバ!ヒューマノイド予測変換機能
10/09 18:16 【G7もドン引き】カルト壺葬が証明したもの【反民主主義・放漫財政の真髄】
10/05 18:38 お知らせ
カレンダー
<<2022年05月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
【和製ゼレンスキー】枝野幸男という男【国民シャブ漬け鬼畜党国賊自民よりゃ遥かにマシ】
[”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア]
2022年5月15日 20時25分の記事

アゾフスターリ、最優先すべきは負傷で動けない兵士の現地治療だ。

捕虜との交換交渉と合わせ、食料医薬品を届けるルートの確立が何より急がれる。地下坑道を突貫で繋げるべきだ。

飛ばし公約ペテン党公明とがっちりタッグ・津波の跡の津波警報専科"何でも隠蔽何でも改竄何でもバラマキ何でも不正・血税私物化60兆バラマキ・利権とアメリカのための薬害大断行死神集団自由創価党と、先の大本営同様、コロナ禍をなかった事にする、”障碍者に食糞強要小山田重用””デマ字幕垂れ流しも形ばかりの処罰で誰も首切らず”東朝鮮大本営グルHK(@御用/Dappi公式(「ひゅくる!」業界切ってのヨダレ食いにしてぼったくりリーダー・三宅ダミ汚もヨッロシクゥゥゥ!!))恫喝脱税ズブズブ接待担当相平井喝也傘下”ベンダーロックインガー”(笑笑笑)黒を白・凶悪四国3DP(デタラメ出まかせデマゴーグパラノイア)ヤクザ新聞、今日も今日とて毒チンゴリ押しに余念がないこいつらは、吉野家も裸足の

国民シャブ漬け強要鬼畜組織

に他ならない。

さて、連休前に告知したお題、

「日本にはゼレンスキーはいないのか。」

−−時をさかのぼる事、2017年。

現頭狂都知事・小池が政権選択選挙として、希望の党を立ち上げた時、その入党条件とした踏み絵に迎合妥協せず、たった一人、自らの信念のもと、新党立ち上げ、背水の陣に打って出た男がいる。

その名は


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せください


枝野幸男。

その裸一貫、まさに捨て身の戦法は、結果的に多くの国民の心に響き、立民躍進へと導いた。

そしてその姿は今、ウクライナで、自らの信念のもと、亡命勧告を振り払い、現場に止まり国民を鼓舞し続けるゼレンスキー大統領の姿に重なる。

トップの覚悟信念というのは国の有り方を左右する。

仮にもし、ゼレンスキー大統領が、ロシアに攻め込まれて、自らの保身のみを最優先とするアヘら国賊歴代極道連中よろしく、さっさと政権の座を投げ出し、後も見ずただ一人一目散でアメリカにでも亡命していたらば、民心悉く離れ萎え空中分解、ゼレンスキー大統領の元、結束し死力を尽くす現在の姿からはほど遠く、今頃ウクライナはプーチンに屠られるままとなっていただろう。

彼我の戦力差を鑑みて、さっさと白旗上げるべきだ、という声もあるが、それまでにどれ程のいざこざがあるにせよ、これは、まごうかたなき武力行使の侵略であり、一旦譲歩すれば永遠にその領土は取り戻せない事を、ロシアとの長いせめぎ合いの歴史の中で学んでいるウクライナにその選択肢はない。

また、現在のウクライナを先の大戦の日本に準える意見もあるが、前述したように、これはれっきとした侵略であり、先に奇襲した日本とは基本的に別物だろう。

言うなれば、言いがかりを付けられて他国からいきなり本土爆撃を受けた、というのが現在のウクライナであって、アヘが北方領土を自ら差し出したように、祖国を無条件明け渡すのでなければウクライナに戦う以外の選択肢はなかった。

国民も国土も全て擲ち、自己保身に徹するのが国賊自民。


5ちゃんねる(sc)より。
636地震雷火事名無し(大阪府)2022/04/27(水) 19:50
【奈良】「維新の会」選出の市議会議長のすさまじい暴言テープが流出!恫喝された橿原市長が刑事告発も [七波羅探題★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1651012992/

【闇】政府が用意した「コロナ予備費」12兆円 うち9割以上の使途が追えず 特定できたのは6.5%の8000億円 ★6 [デデンネ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1650741473/


650地震雷火事名無し(大阪府)2022/04/27(水) 22:31
#予算11兆円使途不明の説明求めます
あまりニュースにならないけど
皆んなさん 許せますか
ちょっとした金じゃないだよ
https://twitter.com/nori1300R/status/1519252844380975104?t=9Fc0cf50yKE5gaXDyM6zVw&;s=19
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1650741473/836
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


714地震雷火事名無し(大阪府)2022/05/01(日) 00:08
【速報】日本、国民の所得がここ25年間で178万円減っていた 再分配を加味しても135万円も減っていた  ★6 [デデンネ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1651325885/

「結婚どころか友達もできない」 年収300万円未満の男性を孤独に追い込む"決定的要因" ★11 [凜★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1651319502/


736地震雷火事名無し(山梨県)2022/05/02(月) 07:56
まもなく値上げラッシュだな、便乗値上げ&ステルス値上げも入ってくるが
プーチンがプーチンがで済むから、プーチン様々
ステルス値上げ
かつて松屋でビール350性硲横毅葦澆了は食前で気楽に飲んだが
酒税アップ時に「価格据え置き!」→明らかに器が小さくなってる?→まもなく「当店の容器は300性函廚任

そのまま価格アップ(2重)→売れなくなり販売中止→客足が遠のき売り上げ急減、最近持ち直して来たようだが



5(4): ドラゴンスープレックス(神奈川県) [US] 05/13(金)08:19 ID:+4Nr/Ahr0(1) AAS
国民には徹底的に金を出し渋るけど外国には気前よくばら撒くのな


6(2): バズソーキック(茸) [DK] 05/13(金)08:20 ID:pLQJqjB60(1) AAS
自国民に厳しく他国に優しく

自民党です


395: エクスプロイダー(茸) [HU] 05/13(金)11:23 ID:P26qyVze0(1) AAS
なにが自由民主党だよ
国民奴隷党じゃねーか
」(『【自民党】 岸田首相さん アフリカに血税2億ドルをプレゼント マジでこいつ何とかしろよ 』

平時でさえ、この極道連中の考えている事は、保身と中抜きと売国、そしてそれら犯罪行為を隠蔽するための不正ねつ造もみ消しのみなのは、今指摘した、熨斗付けて北方領土献上という、他国では考えられない異常行動や国民に内緒でF35爆買い他、その根拠に欠く事はない。

翻って、おかしい事にはおかしいと異を唱え、例えたった一人であろうとその信念に従って行動した枝野氏に由来するのが立民。

この差は、広げた扇の先の如く、大きく国の有り方を左右するだろう。

立民にどれほどの瑕疵あろうと、腐りきった国賊自民に比べれば月と鼈、言うまでもない話だ。









このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved