このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
結局は、私たちはこの世限りの存在であるか、永遠に続く存在であるかと考えるかの違いらしい
[人間の本質]
2012年7月26日 21時49分の記事

闇の勢力とその加担者の思想は来世も無く過去世も無くあるのはこの肉体が存在する今世だけである。
永遠に生き続ける魂などの存在は無いと思っているようであり、光の勢力とその存在を肯定する私たちは魂は永遠であり過去世も今世も重要でありその行いは全て記録されカルマはいつか解消されなければならないと考えていることの違いのようにも思われます。
この発想の違いが、バレなければ人を騙しても良い、わからなければウソを付いても良い、自分たちさえ贅沢が出来ればよいなどの発想に繋がるのではと思われます。


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せください


今の世界での闇の勢力とその加担者たちは暴虐無人の行為をあからさまに行っており、正に末期的症状を呈しています。
その悪の勢力に追随する日本の政府などの面々も、正に目の焦点が定まらず何かに支配されている表情が表れており、国会答弁も常軌を逸していることにさえ気がつかず、違法な答弁をいけシャーシャーと述べている始末です。
これらの答弁はいざ裁判になると有罪になり得ることであることにも気付かないようです。

ある意味気の毒な連中であるようです。
私は彼らのことを、国民が気付くための反面教師としての唯一の役目があると過去記事に書きましたが、彼らにはどうももう1つの役目があるように感じています。

もちろんこれらの役目は日本の愚かな権力者だけでなく闇の勢力やその加担者なども同じような役目を背負っているようです。

闇の勢力のリーダーは今年の5月5日に確保されセントラルサンに連行され★クズにされるようですが、その理由は、もはや光を受け入れるのは不可能な状態になっており、唯一★クズにするのが彼らの救いとなるからだとのことです。

もはや光を受け入れることが不可能なほど黒い悪のカルマにまみれた結果だと思われます。
そのカルマの解消は不可能であり、唯一★クズにするしか救いの方法は無いということだと思われます。

こと、魂で見ると非常に気の毒な存在であるようですが、残っている今の闇の勢力とそれに加担する者はその★クズの予備軍であるらしく、私たちや、世界の人々が気付き光の波動を吸収して行くに従い人類の波動が向上し次元上昇に備えるようになるわけですが、それと同時に悪いカルマもどんどんと解消されていくのではと思われます。

彼ら闇の勢力とその加担者は、悪のエネルギーが次第に無くなっていきますので力が弱くなっていきます。
そこで、残っている悪のカルマを必死で吸収しようとするのではないでしょうか。
そして、彼らの総体的な力は日々減少するけれど、どんどん減り続ける悪のカルマを必死に吸収し続けることになっているように思われます。

逆に考えると、私たちや世界の人々にとっての悪いカルマを彼らが全て吸収しているような状態になっているのではと思います。
この状況により、私たちがより光のエネルギーを受け入れやすくなり、より多くの人々が光を受け入れる状態へと進んでいるのではと思われます。

このように、現在は、光のエネルギーと悪のエネルギーが既に逆転しており、悪のエネルギーが極端に収縮している状態になっているようです。

しかし、闇の勢力とその加担者たちは最後の足掻きと思える企みを持っているようなので、油断は出来ませんが、大きな流れとしてはこのように圧倒的に光が増し悪のカルマが減少している状態であると思います。

そして、この見えない力の状態が、これからどんどんと表出し、メディア等でも流れるようになり誰の目にも明らかになってくるものと思います。

今日のNHK総合「クローズアップ現代」では、毎週金曜の18時から行われている首相官邸前の「原発再稼動反対デモ」のことをまともに取り上げていました。
このデモは3月から始まり4ヶ月も続き、最初の参加者は300人であったものが先週は10万人を超える規模となり、大阪、名古屋、札幌などにも広がっている。
今までの数十年、政治に任せ無関心であった一般の人々が「声」を上げなければ、何かを感じなければ、考えていかなければと気付き始めた変化だと解説していました。

遅ればせとはいえ、「NHK」もようやくこのデモをまともに報道しました。
今まで知らなかった国民の多くも気付き始めるのではないでしょうか。
気付きの歯車がゆっくりと回り始めたようです。







参考記事


http://galacticchannelings.com/japon/mike23-07-12.html


SaLuSa, July 23, 2012

私たちが長い間引き戻されればされるほど、闇のカバールによる拘束から自分たちを解放するための活動に、あなた方がより深く関わるようになってしまいます。
私たちは常にあなた方に関わるように勧めてきたことなので、これは実際には、望ましいことです。
あなた方が人間として必要とされる経験を体験し切らなければなりませんので、あなた方が前進できる間は、私たちが介入すべきではないでしょう。
しかし、私たちにはなすべきことがあり、まもなく私たちが共に活動をしなければならない時が来ます。

したがって、私たちは、あなた方にまだ活動を続ける勢いがあり、結果を得ている間に、最善を尽くして支援をします。
進歩はゆっくりにみえますが、実際にはあなた方はすばらしい成果を上げており、人々は必要な場合には、結集します。

闇の者たちは激しく衰弱はしているものの、あなた方に対する最後のあえぎながらの攻撃を計画しているので、この終息の時に守りを固めてください。

私たちは彼らへの反撃を助け、彼らの活動の影響を低減できるので、あなた方は前進できます。
あなた方にできる最も効果的な支援は、光に集中することであり、あなた方の多くがそうすれば、低いエネルギーの影響を最低限に抑えられる強力な力になります。

どのような噂を聞こうとも、偽情報が闇の者たちに有利になるような条件を作り出すように意図されていますので、恐怖を感じないようにしてください。

あるものは真実に基づいていることは明らかですが、そうであっても、注意をし、大きい事故を避けようと賢明に努力している私たちを含む高次元の者の力を信じてください。

現在は、リスクを冒して活動をしている多くの勇敢なソウルたちがいて、前進をしており、私たちはそのあとからついていっています。
したがって、彼らのことをよく認識し、できることについて助けになってあげ、ほかにすることがなければ、ほかの人たちが起こっていることに確信が持てるようなメッセージを広げてください。

光の銀河連合は今では西側世界では広く知られていますが、終わりの時に果たす役割に関しては、必ずしも理解されていません。

私たちすべては一つのものであり、私たちは真の意味では、異邦人ではないことを人々に理解してもらえるような助けをしてくれれば助かります。
私たちはあなた方で、あなた方の未来から来た者であり、この宇宙の一つの神に由来する者です。

私たちはあなた方には絶対に脅威を与えませんし、ほかの世界の兄弟、姉妹たちに対する愛のみを知っている高いレベルのスピリチュアルな理解に達しています。
あなた方に、正確ではなく、意図的な歪みを加えられている自分たちの歴史の書き直しをする機会があれば、あなた方がひどい問題に遭遇したときに私たちがしばしば助けたことがわかるでしょう。

一方では、過去の文明は、宇宙の者たちから攻撃を受け、あるいは今でも攻撃を受けており、征服されたことがありますが、彼らはいかなる形でも私たち連合とは関係がないこともわかるでしょう。

すべてのソウルは、ほかのソウルの自由を侵さない限り、選択した通りの経験をする権利がある ことを確認することを、私たちは神に誓っています。

私たちはまた、あなた方一人一人がさらなる進化のための経験が得られるような自分の道を創造する自由意志を与えられていることを認識しています。

親愛なる皆さん、あなた方が選択した進化の機会を奪うことになるので、このことが、私たちが飛び込んでいって事態を掌握することができない理由なのです。

私たちはしかし、あなた方の文明を観察し、神のプランを確実に実行する神に対する責任がある高次元の存在に対して答えを出さなければなりません。

このプランは、言うまでもなく、この二元性のサイクルを次元上昇で締めくくるというあなた方の運命です。
私たちはここにいて、イルミナティーの活動を通じての外部からの干渉でこれを否定されないことが確実になるようにしています。

あなた方の目の先で起き、あなた方を支配下におくように意図されている多くの事項 がありますが、これらは実際には、起こらないでしょう。
従って、どうか、あなた方の自由に対するこのような脅威にエネルギーを費やさないようにしてください。

闇の者たちも真実を知っていますが、彼らのプランを推進しようとし、あなた方の進歩を遅らせるためにこのような恐怖を作りだそうと思っているのです。
あなた方の道はこのような可能性から遠ざかるように導かれていて、あなた方が地球上の光を強化すればするほど、あなた方はよりうまく保護されるのです。

闇の者たちは、生命について近視眼的な見方をしていて、狂気の目的の向こう側が見られないのです。
彼らには自分たちの穴を掘らせ続けましょう。
なぜなら、彼らは自分でこの穴に落ち込むからであり、彼らの光への復帰にはきわめて長い時間がかかるからです。

これは彼ら自身の経験なのですから、私たちは彼らの審判はしませんが、彼らの犯罪行動がほかの人たちにとっての害になることについては言い訳の余地はありません。

生命と法は、神が書いたものであり、誰も自分のカルマを作りだすことなしに、それに逆らうことはできません。
それにもかかわらず、他人に敵対する行動は、あなた方の次元の低い振動のレベルによって行われ、これは非常に低いところに落ち込んだあるソウルたちの光の欠乏のために行われます。

これが二元性での挑戦であり、あなた方はそこからはい出せるように助けられることを知っているので、きわめて意図的にそれに挑むのです。

今は終末が視野に入ってきていて、まもなく、あなた方が長い間待っていたことが起きるので、祝賀の時がくるでしょう。
あなた方は、自由意志を行使した結果の経験を得る機会を得たことを喜び、後悔することはないでしょう。
あなた方に対する報酬は、高次元への回帰の道への大きな跳躍です。
従って、闇の者たちには、あなた方の旅の完了への進歩を止められはしないのですから、闇の者たちと遭遇しても、しっかりとした見通しを持つようにどうかお願いします。

あなた方のために真実にスポットライトを当てるために勇敢に活動している人たちを支えてください。
もしも彼らの生涯プランがまだ続くのであれば、私たちには保護が許されていますが、彼らは生命のリスクを冒しています。

しかし、人間の進化を助けるために究極の犠牲を払う偉大なソウルもいます。
生涯プランにこのようなことを組み込んでいるソウルはほとんどおらず、あなた方はただジョン・F・ケネディーのような例で、その衝撃の大きさを見ているだけです。

彼らはすばらしい光の存在であり、生命は無限で、死は終わりではないことを知っているのでそうするのです。
彼らは大きい愛を創造し、地球の振動を向上させています。

あなた方は自分のやり方でおなじようなことをすることができ、多くのソウルは、すべての人たちの上昇のための全体プランに貢献するために転生してきています。


私はシリウスのサルーサで、しばしば更新された、地球上での出来事に従うプランの推進の呼びかけを待っています。

この全体シナリオは迅速に変更できますので、いつも見直しが必要です。
現在では、闇の者たちとの戦いを実行していて勝利を収めているので、満足しています。
以上がお願いしたいことのすべてであり、時間が急速にすぎてゆきますので、私たちがもっと深く関係する時がまもなくやってきます。

ありがとうサルーサ、マイク・クインシー。

Mike Quinsey.
Website: Tree of the Golden Light
Translation: Taki


親愛なる世界の市民よ・・・私たち GalacticChannelings.com の日本語ウエブサイトに投稿し、翻訳し、協力してくれる人を必要としています。
あなたのハートでそうしたいと感じたら、できるだけ早く、私たちにEメールを送ってください。あなたが他の英語から他の言語への翻訳ができるのなら、あるいはウエブマスターとしての技能をお持ちなら、助かります。
この様な技能をお持ちでなくても、私たちを支援していただけるのなら、歓迎です。Eメールを日本語で、 info@galacticchannelings.comに送ってください。
ありがとうございます。
愛をもって、
チーム、 GalacticChannelings.com

転載終了

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント(新着順)
1. ちじみ 2012年7月27日 3時33分 [返信する]
いつも読ませていただいています、有意義な情報をありがとうございます。
私がアッセションに対し関心を持ち始めたのはわずか数ヶ月前です
しかし、現在進行中の周りの状況と自分の変化を考慮すると、もはや否定できなくなってしまいました。おそらく今まで50年以上持っていた価値観は幻だったのでしょう。
おっしゃるように悪いカルマを背負ったカバル(?)の下層グループがより人々のカルマを背負っていただいているような状態と思われます。これは一般のカルマを背負った人々にはラッキーなことかもしれませんが、そのような状況に追い詰められた人々にこそ許しと光のエネルギーが必要なのではないかと考え方が変化した自分に驚いている現状です。
いままで、(このような考え方は今までの人生でまったく思いにもよらない考え方です)
現在の状況は、これまでマスコミ統制のため見えなかったことが、少しづつ表面に出てくるようになる状態だと思われます。アイルランドで発生したような大きな変革がこの日本でもこれから色々な形でおきてくることでしょう。
今は静かにこれからの変化を見守りたいと思います。


 ■このコメントへの返信■
1. 勝寛舟 2012年7月27日 21時18分
「ちじみ」さん、コメントありがとうございます。
「ちじみ」さんが世界の状況をおだやかに冷静に見守っていることがコメントから伝わってきます。今はある意味大変な時代でもあるのですが、このように穏やかな意識で見守ることは、すばらしいことだと思います。他の多くの方々の参考になることだと思います。
ありがとうございました。


 

2. レイ 2012年7月26日 22時38分 [返信する]
野村が辞任したニュースが入りました。とうとうこれがどういう影響が出るか見ものですね。

 ■このコメントへの返信■
1. 勝寛舟 2012年7月26日 23時2分
「レイ」さん、コメントありがとうございます。日経など一般紙で報じられていますね。
表向きはインサイダー取引の引責辞任とのことですが、LIBORに絡んでいるのではと思われます。そうすると、三菱UFJ、りそなのトップがどうなるのでしょうか、注目しましょう!、さらに、日銀は?


 


◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:


くる天
最近の記事
01/28 16:26 貴方の意識が覚醒してゆくと、それと同じように五感も敏感に覚醒してゆくようになります!
01/19 12:06 超感覚的能力を高めるには、瞑想したり沈思黙考するだけでなく、沈黙することが極めて大切です!
01/01 22:53 ”無条件の愛”の波動は、しっかりと貴方の”中”に流れているという事を感じ取って下さい!
12/29 22:51 高波動の愛の波動に”気がつく心”を育ててゆきましょう;そして、高みへ向けて一緒に歩んでゆきましょう!
12/16 22:25 2016年のエネルギーは、社会のあらゆるレベルで大きな転換が起こるエネルギーになります!
12/12 01:15 悩める人達は皆、自分を愛せてはいません信頼もしていません;それはつまり、宇宙と繋がってない事になります!
11/30 22:04 多くの人達は2015年12月21日〜12月26日の間のいつの日にかに、自分の中で光の爆発を経験するでしょう!
11/25 22:34 シフトの時期に生まれでた私達は、この古いサイクルを壊して新しいサイクルを創る目的を持っています!
11/22 23:49 私たちのこの意識が自ら気づき、その制限を取り払い解放すると、何故?波動が上がるのでしょうか?
11/21 22:08 私たちのこの意識の素晴らしさ、その現実と真実を知り日々「感謝」しながら暮らして行きましょう!
最近のコメント
自己実現から自己超越へ!;「和の成功法則」;五次元へワープしよう!(川原光#57917)
背中から強烈なエネルギーが入ってきました!:「瞑想」の勧め!(あかね)
”無条件の愛”の波動は、しっかりと貴方の”中”に流れているという事を感じ取って下さい!(ニジノヒト)
”無条件の愛”の波動は、しっかりと貴方の”中”に流れているという事を感じ取って下さい!(yuji-t)
私たちの大半はアセンション(次元上昇)するのではなく、この意識が高次元意識と繋がり「地上で暮らす神」となるようです!(mannma)
世界のカバールメンバー1万人の逮捕?:本当に実現するのか?:しかし、時期は熟しているかも(中山城治)
間もなく、あなたはハイアーセルフと一緒になります、そして創造主と繋がり始めます!(9月28日ですって!)
現在もアメリカの所有者はヴァチカン?:アメリカ各州の独立はヴァチカンから?(美しい私の記憶)
真の多次元自己の形成には、まず「ハイアーセルフ」に繋がることです(hamagong)
自己疑念、それはあなたが体験しているこの変化しつつある世界においては、極めて危険なものです!(nyan)
カレンダー
<<2012年07月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
カテゴリ
全て (1354)
人間の本質 (501)
宇宙 (201)
アセンション・テレポテーション (429)
未来 (69)
世界情勢 (92)
日本 (28)
金融経済 (11)
その他 (6)
ブログ内検索

携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
RSS
プロフィール
勝寛舟 さん
ピュア・インスピレーション
地域:徳島県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
人類の新しい旅立ちを目指して、洗脳の殻を破り、宇宙の法則に近づくため純粋な直感を育てましょう!
アクセス数
総アクセス数: 2476860
今日のアクセス: 96
昨日のアクセス: 112

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved