このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
定期購読(有料)に設定された記事です。
1度申し込むと、申し込んだ日から1ヶ月間は購読ができます。
【福祉】日本型福祉社会の失敗?
2008年9月16日 15時56分の記事

 社会福祉を学んだ人なら聞いたことあるだろう「孝橋」理論。

 14日に、世界自殺予防デーシンポジウム(主催、NPO法人自殺対策支援センター・ライフリンク)で、姜尚中氏(東大教授)と宮台真司氏(首都大学東京教授)のトークを聞いていて、思い出してしまった。

 姜氏は、「もともと日本は福祉はなかったんじゃないか。それが90年代で明らかになった」と話していた。宮台氏は「日本は、地域と企業に福祉を押し付けてきた。企業がだめになると、地域もだめになる」などと話していた。

 これを聞いて思い出した。

 孝橋正一氏の編著「現代『社会福祉』政策論 『日本型福祉社会』論批判」(ミネルヴァ書房)を久しぶりに読んでみた。

 大平内閣のとき、「新経済社会7カ年計画」が発表される。そのとき、1)経済各部門の不均衡の是正、2)産業構造の転換とエネルギー制約の克服、3)新しい日本型福祉社会の実現─をうたっている。

 その「新しい日本型福祉社会」というのは、
定期購読記事
[1000ptでこのブログを定期購読する(確認画面へ)]
 
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]




くる天
プロフィール
生きづらさメディア-ブロくる
渋井哲也 さん
生きづらさメディア
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース 社会
ブログの説明:
  フリーライターの渋井哲也が、ライフワークとして取材をしている「生きづらさ」を中心とした記事を配信していきます。たとえば、インターネット関連事件、援助交際、家出、虐待、自傷、自殺などといった内容を書いていきます。
カテゴリ
全て (9)
アクセス数
総アクセス数: 5135
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 1
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved