このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
切手買取事情-ブロくる
ji-ta さん
切手買取事情
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:趣味 コレクター
ブログの説明:
最近、流行の切手の買取について書いていきます・・・
カテゴリ
全て (973)
アクセス数
総アクセス数: 16405
今日のアクセス: 33
昨日のアクセス: 76
RSS
切手は昔からメジャーな趣味の一つで、増えはしても減
 
2018年12月6日 12時36分の記事

切手は昔からメジャーな趣味の一つで、増えはしても減ることなく、買取市場では、意外なものが額面には関係なく高価な買取金額もしばしば見られます。


どんな買取でもそうですが、価格は業者によって変わるので手間を惜しまず高値で手持ちの切手を売ろうとすれば、できる限りたくさんの買取業者に持ち込んでその切手の買取相場を調べましょう。


普通は、切手は郵便に使うもので、消印が押されて使用後は特に要らなくなるものです。


そうは言ってももしも、そんな使った後の切手でも、デザインが認められたり、珍しいものであると認定された場合は、買取価格が高い値段になることもあります。


もしも手元にある古切手の価値が自分では分かりかねるというのなら買取の業者に古い切手の価値を見てもらいましょう。


郵便局で、書き損じた葉書を交換してくれます。


その際、切手に交換できるのをご存じですか。


金券ショップよりも、専門業者で売れるようにするためシートになる枚数をためてから郵便局に行きましょう。


同じ切手の査定でも、買い取り店によっては買取価格が異なることに注意してください。


面倒でも、何軒かに持ち込んで買取価格が最高だったお店に買い取ってもらうことを心がけましょう。


周知のとおり、本来、切手は通常郵便物に貼り付けるような形状にバラされて一枚ごとになってはいないのです。


元は何枚かの切手がまとまった状態の切手シートという状態で出来上がります。


切手買取においてはもちろん切手シートの形でも買い取ってもらえ、一枚ずつの切手での買取と比べ買取価格が高くなることがよくあります。


保存状態が良好な古い記念切手等の場合、予想できない様な値段で買取が成立することもあります。


そんな貴重な切手の時には、まず第一に鑑定をしてもらえる鑑定買取がいいでしょう。


店舗だけではなく、インターネットを使って行うことも可能で、価格が分かった上で、売ろうか売るまいか決断を下すということが可能です。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved