このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
リチャード3世をさがして(Looking for Richard)
[インドア的生活(映画&DVD)]
2010年3月5日 23時22分の記事

自転車・アウトドアーのネタからドンドン離れていっていますが、『映画』とかも好きなんですよね。
と言うわけで、気が向くままに映画の紹介なぞもしてしまいます。
今回は、ちょいとばかり、傾向が変わった作品の紹介です。
渋めというかなんというか・・・。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


ロードショウを映画館で見ることも結構あるんですが、気に入った作品は DVDを買ってそろえてしまいます。
傾向的には、全く無秩序と言っていい感じで、アニメからシリアスものまで 気に入ったらなんでも良しっていう感じでそろえています。
あぁぁ、ホラーは少ないかな・・・。
と言うわけで、今回はドキュメンタリータッチ?の作品の紹介になります。

ようするに、シェイクスピアの史劇の中の

『リチャード三世』

を捜そう。
っていう主幸の映画なんですが・・・。

とっくの昔に亡くなった(っていうか、殺された)人でありますし、お墓を捜したところでどうしようもないわけで、

彼(リチャード三世)は

・どういう人物であったのか
・どのように考え生きていた人物なのか

ってことを映画の中で見つけ出そうって言う作品な訳です。

リチャード三世の史劇を演じながら、色々な人から彼の存在や立場、生き方なんかをインタビューして、作品の中に盛り込まれているもんで、ちょっと普通の映画とは違った感じさえします。

私は面白かったです。

だけど、賛否は分かれるでしょうねぇ〜。

ご存じの通り、シェイクスピアは、多くの戯曲を残しています。
良く映画化をされた作品としては

『ロミオとジュリエット』

『恋に落ちたシェイクスピア』の中でも演じられていますよね。この作品での『ロミオとジュリエット』は、どちらかというとどうして作られたのかっていう感じでしたけど。
『ロミオとジュリエット』にでた女優は大成するって、昔は言われていたみたいですけれど(日本の『野菊の墓』と同じ意味合いだと思う)、あまり当たっていない気がします。

『真夏の夜の夢』

これも映画化されていますけれど、やっぱり演劇としてのほうが、有名なのは致し方ないのかも知れませんね。

シェイクスピアは 現代英語の基礎を作った作家とも言われていますし、彼がでる前までの英語はボギャブラリーも少なかったとも言われていますね。(中世英語史をやったわけではないので、あくまでも私の知り合いから聞いた話です)

I love you.

なんて言葉も彼が作ったと言われていますし・・・。
(ガセの可能性も高いけど。w)

リチャード三世が生きていた時代は結構面白い時代で、英国史の中でも、有名な『薔薇戦争』があった時代で、このあたりをテーマとして作られたこの作品(シェイクスピアの「リチャード三世」などの史劇)は、かなり面白い物なんですね。
ただ、彼(リチャード三世)という人物が余りよく思われていないと言うこともあって、演じる人間もかなり苦労をする作品らしいんですよね。
演劇には、人物の掘り下げという作業が必要だし、そのためには どのような人物であったのか ということを捜す必要がある訳なんですね。
それで、この作品「リチャードをさがして」は、その辺にスポットを当てて作られているわけです。

西洋史の中で、英国史が好きな人やシェイクスピアの演劇が好きな人にとっては、かなり面白い作品だとは思いますが、興味がない人にとっては、苦痛なだけな作品かも知れません。

盛り上がりにも欠けるし・・・。(爆

ってことで、だれかさん(アル・パチーノ)が演じるリチャード三世。w



どうです? かなり癖のある人物像でしょ?

Since I cannot prove a lover,
To enterlain these fair,well spoken days
I am determined to prove a villain,
And hate the idle plesurea of these days.

俺には恋人の役は務まらぬ
このお上品な巧言令色の時代には合わせることなどできぬ。
だから悪党になってやろうと決めたのだ。
そして今の世の愚にもつかぬ快楽を憎んでやるのだ。

シェイクスピアの「リチャード三世」の中の台詞ですが、
どうです? 如何にもって言う感じじゃありませんか?

そういうリチャード三世の本質を見抜いている人物。







狂気の中で、城の中をさまよい歩いている姿は、不気味です。
正直、こわいです。

リチャード3世はマキャベリズム的な生き方によって、自分の求めているものを手に入れていきます。
戦場で自分が殺した男の恋人さえも手に入れようとします。






だが、これはこの女性が美しいからでも、この女性の地位や財産を狙っているわけでもなく、ただそうすることによって自分が満足できるからなんですね。(少なくとも、この映画のリチャード3世は、そう解釈されて演技されている)

手に入れた後のこの勝ち誇ったような顔・・・。



見ておいて損はない作品だと思います。

私的には、かなりお薦めなんですけどねぇ〜。この作品。



邦題      リチャードを探して(1996)
原題      LOOKING FOR RICHARD

メディア 映画
上映時間 112分
製作国     アメリカ
公開情報 劇場公開(FOX)
初公開年月 1996/12/
ジャンル ドラマ

監督: アル・パチーノ
製作: アル・パチーノ
マイケル・ハッジ
製作総指揮: ウィリアム・ティートラー
原作: ウィリアム・シェイクスピア
脚本: アル・パチーノ
フレデリック・キンボール
撮影: ロバート・リーコック
音楽: ハワード・ショア

出演: アル・パチーノ
アレック・ボールドウィン
エステル・パーソンズ
エイダン・クイン
ウィノナ・ライダー
ケヴィン・スペイシー
ペネロープ・アレン
ケヴィン・コンウェイ
ハリス・ユーリン
ラリー・ブリッグマン
ブルース・マックヴィッティ
ポール・ギルフォイル
リチャード・コックス
ダニエル・フォン・バーゲン
ジェームズ・コルビー
ニール・ジョーンズ
F・マーレイ・エイブラハム
ギル・ベローズ
ケイト・バートン
ドミニク・チアニーズ
ポール・グリーソン
ケネス・ブラナー
ケヴィン・クライン
ジェームズ・アール・ジョーンズ
ローズマリー・ハリス
デレク・ジャコビ
ジョン・ギールグッド
ヴァネッサ・レッドグレーヴ
ヴィンセント

※ アル・パチーノの初監督作品です。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/syowosutete/110277
くる天
プロフィール
書を捨てて・・・-ブロくる
夢卯民 さん
書を捨てて・・・
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:スポーツ 自転車
ブログの説明:
おやじのダラダラした日常とメタボ対策で始めたアウトドアー・・・。
どちらかというとインドアー的な内容の方が多くなりがちなブログですが、これからの季節、アウトドアーも取り上げていきたいと思っています。(初めはアウトドア中心のはずだったのにぃ〜〜。爆)
カテゴリ
全て (131)
日々の自転車ライフ。 (44)
ちょっと出かけた山歩き。 (1)
散策とか小旅行みたいなもの。 (15)
出かけたときに出会ったお店。 (1)
自転車はメタボ対策になるのか? (2)
やっぱり欲しいよね。こんな物。 (2)
インドア的生活(ブログ内の検索) (6)
インドア的生活(独身男の雑な手料理) (16)
インドア的生活(映画&DVD) (23)
インドア的生活(音楽&CD) (2)
インドア的生活(読書) (9)
独り言 (6)
アクセス数
総アクセス数: 183648
今日のアクセス: 36
昨日のアクセス: 36
RSS
ブログ内検索

ランキングバナー
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved