このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
うん? 穴???
[散策とか小旅行みたいなもの。]
2010年3月18日 21時47分の記事



少しばかり早く家を出て、いつもと違う道で駅まで歩いてみました。


【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


住宅の造成地に不自然な穴を発見。


『なんだこれ???』


と思って中を覗いてみたら



犬をお散歩している方がいて

「なんでしょうねぇ〜。これって・・・。」
と聞いてみたら
「あぁぁ、遺構みたいですよ。いつの時代の物かは、まだ特定でないみたいですけれど」とのこと。

なんでも、遺構だけでは年代の特定は難しくて、なにか遺物がでてこないとできないんだそうです。

「この溝のような後が掘りの後で、ほら、そこに柱が立っていた後の穴がありますよ」
「ほぉぉ〜〜〜。確かに・・・」





その後に色々とお話を聞いて、出勤前の楽しい時間となりました。

川越という町は、古くからある町なので、新しく造成をするとこういう風に遺構が発見されやすい土地でもあるようです。

古い物は、縄文、弥生から新しい物は江戸時代の物まで色々とあるそうですが、今日見た遺構は、掘りの後があるところから、比較的新しい物のようでした。





このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント(投稿順)
1. うり坊 2010年3月22日 14時28分 [返信する]
ウチの近くも古墳が点々とあります(^-^)

農地の区画整理をしたときはいたるところから、土器やマガタマとかが、出土していましたよ(^-^)

そこは、元ウチの田んぼだったんですけど(^^;)
もしかして、罰当たり(>_<)

 ■このコメントへの返信■
1. 夢卯民 2010年3月22日 21時8分
そうですねぇ〜。
日本はご存じの通り、山がちの国ですから人が住める場所が限定されますし、ましてや農作地として使用できる場所はさらに限定されますから、どうしてもそう言う場所には遺構があるんですよねぇ〜。
今は使われていない道が昔の重要な街道だったりもしたりするんですよね。
石の鏃は、ヨーロッパでは『エルフの矢』とも言われたりもしますけど、縄文土器は世界的に見ても形状がかなり特種なので、面白いですよねぇ〜。


 


◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/syowosutete/112107
くる天
プロフィール
書を捨てて・・・-ブロくる
夢卯民 さん
書を捨てて・・・
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:スポーツ 自転車
ブログの説明:
おやじのダラダラした日常とメタボ対策で始めたアウトドアー・・・。
どちらかというとインドアー的な内容の方が多くなりがちなブログですが、これからの季節、アウトドアーも取り上げていきたいと思っています。(初めはアウトドア中心のはずだったのにぃ〜〜。爆)
カテゴリ
全て (131)
日々の自転車ライフ。 (44)
ちょっと出かけた山歩き。 (1)
散策とか小旅行みたいなもの。 (15)
出かけたときに出会ったお店。 (1)
自転車はメタボ対策になるのか? (2)
やっぱり欲しいよね。こんな物。 (2)
インドア的生活(ブログ内の検索) (6)
インドア的生活(独身男の雑な手料理) (16)
インドア的生活(映画&DVD) (23)
インドア的生活(音楽&CD) (2)
インドア的生活(読書) (9)
独り言 (6)
アクセス数
総アクセス数: 188848
今日のアクセス: 28
昨日のアクセス: 80
RSS
ブログ内検索

ランキングバナー
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved