このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
TALES OF  NIGHTINGALE-ブロくる
CANAL さん
TALES OF  NIGHTINGALE
地域:指定なし
性別:女性
ジャンル:ニュース マスコミ
ブログの説明:
〜〜真実が浮かび上がるのは、夜。見つめるのは、ナイチンゲールの瞳。〜〜
「TALES OF NIGHTINGALE」にお立ち寄りくださいましてありがとうございます。当ブログでは、真実を見つめ続けるナイチンゲールの視点を借りて時事政治経済、フィギュアスケートなど関心のありますことについて硬軟問わずネットの森の片隅で語っております。
カテゴリ
全て (2171)
最初にお読みください。 (4)
”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア (809)
アクセス数
総アクセス数: 739839
今日のアクセス: 363
昨日のアクセス: 460
最近の記事
07/22 20:24 【借金大国】血税海外バラマキとサーカスの国・ジャップランド
07/21 18:58 東芝さんのちょっといい話…
07/18 20:27 政治が異常なのは投票行動が異常だから
07/15 18:58 政治が異常なのは投票行動が異常だから
07/14 18:59 妄想膨らむテアトロン
07/11 20:48 【解説!】2024東京都知事選【惨敗以下の褌担ぎ国賊自民不戦敗便乗商法】
07/08 20:42 【解説!】2024東京都知事選【惨敗以下の褌担ぎ国賊自民不戦敗便乗商法】
07/07 18:17 歌う幻魔大戦・美空
07/06 15:28 都知事選は「誰のための政治か」を選ぶ選挙
07/04 20:52 やるべきは総裁選ではなく解党断罪【誰がなっても元の木阿弥】
カレンダー
<<2024年07月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
歌う幻魔大戦・美空
 
2024年7月7日 18時17分の記事

…いや、幻魔大戦は怖そうなんで見た事ないんだけど(笑)、

先週五嶋の記事書いて、はた!と考えた、

『テアトロン×CCB』にも書いたように、テアトロンで見たいアーチストとして速攻浮かんだのが、

五嶋とCCB

実際、未だにテアトロンで聞きたい音として浮かぶのは私的にその二組あるのみ、なんだけど、なんでそこに

美空の名前が出て来ないのか…、

あれほどの歌い手なら如何にもテアトロンに打ってつけ、いの一番に名前が上がりそうなものなのに…、

…でも、「テアトロンに美空」はなんかやっぱり違う…、う〜ん、

考える事しばし、そして理解した、そもそも美空には、

【PR】電話相談システム開発ならイーステム


夕陽とかそういう"舞台装置"" 演出"自体が 不要

だって事を、

美空の場合、もうそこにいて歌うだけで、歌の情景を幻視出来るんだよ、だから場所とか演出とかが意味を持たない、

何もないガランとした薄暗がりや何なら物置でも耐えられる、

要するに

環境(舞台設定)を選ばない

…う〜む、そうだったのか…なるほど…、

はじき出された回答に思わずひとり納得、そういうレベルの存在ってのも有るんだな…、

確かにスマップみたいなド下手の場合は、それをごまかすために過剰な演出必須不可欠、だが、美空の場合、逆に演出を絞れば絞るほど、歌が染み込み、イマジネーション刺激される、みたいなところ、あるな…、

それにしても…、

『歌の上手さと勘違いしやすいポイント』にも書いたように、居ながらにしてほかの歌手を殺してしまう美空、しかし歌手だけでなく演出家も同様に軒並み商売あがったりにしてしまう美空ってば、やっぱりちょっと只者ではないかも…、

「絶対王者」

って言葉が有るけど、この称号を受けられるのは余程の逸材であるべきだと思ってるし、その称号に匹敵する人間ってこれまでどの分野でも思い当たらないんで、今まで使ったことないし、探せば日本の外にも美空に匹敵する歌い手はもしかしたらいるかもしれないけど、少なくとも現時点で私の知りうる限りにおいては、美空は、

比類なき" 絶対女王"

のその可能性はあるかも、

少なくとも、"なんちゃってもどき"が蔓延るこの国にあっては珍しく"本物"かもな、



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved